AI書店員「ミームさん」がブックファースト新宿店でデビュー!
【お客様と本の新たな出会いの場】

株式会社トーハンの「ほんをうえるプロジェクト」が、書店店頭にIoTやAIなどの最新技術を導入して、お客様と本の新たな出会いの場を創出する企画を次々に展開している。

この11月からは、店頭でAI書店員がオススメの本を教えてくれるというプロジェクトがスタート。その名も「ミームさん」。ブックファースト新宿店にて11月6日に華々しくデビューした。我々も初日に早速体験してきたのでレポートしていきたい。

「ミームさん」のモニターの前でスタートボタンを押すと、すぐさまお客様の顔を読み取り、表情を「うれしい」「普通」「悲しい」の3パターンに振り分ける。
その結果に基づき、オススメの本をモニターに表示してくれるというものだ。

表情の判定結果を確認中の様子
AI書店員ミームさんによるオススメ書籍の画面表示

今回は早川書房のアガサ・クリスティーフェアと連動。51作品の中から1冊をオススメしてくれる。

この企画の発起人は、「書店員のイチオシ」コーナーでもおなじみ、株式会社トーハン「ほんをうえるプロジェクト」の吉村博光氏。店頭での新たなエンタテインメント体験を目的として企画したという。 「ミームさん」はリチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』に出てくる「ミーム」という概念から来ている。

利己的な遺伝子
利己的な遺伝子
著者
リチャード・ドーキンス 日高敏隆(訳) 岸由二(訳) 羽田節子(訳) 垂水雄二(訳)
出版社
紀伊國屋書店
AIに関する本はたくさん出ているが、実際に書店現場での活用についてはなかなか議論されてこなかった。新たな販売手法としてこれからも試していくという。 AIなので商品知識はいくらでも増やしていけるし、音声のやり取りも技術的には可能なので、今後も進化していくそうだ。

開発に携わったのは株式会社sMedio。このシステムは、デジタルサイネージの広告測定用のシステムを応用し、開発したそうだ。本来は広告をどんな層が見ているかを分析するためのツールだという。年代、性別、表情を瞬時に分析し、本の情報と紐づけていく。ただ本を陳列しておくのとは違って、「あなたのために選んだ本です」というエンタテインメント感が高まる仕組みだ。

実際にどれぐらいの年代の方が使ったかを分析することで、今後どんなフェアに繋げていくかをまた練っていくという。「若い皆さんの読書のきっかけが一つ作れれば嬉しい」と吉村氏。 ブックファースト新宿店では来年1月9日まで展開。年内にも展開店が増える見込みだ。

「ほんをうえるプロジェクト」とは?

植物に水をやってゆっくりと育てるように、本ももっとていねいに売っていこうと、出版総合商社トーハンがはじめたプロジェクトです。新刊やベストセラーに限らず、独自の手法で良書を発掘し、本屋さんにご提案しています。同じ趣味をもった方同士がつながれる、「 #好きな本を語ろう 」というコミュニティを運営中です。ぜひご参加ください!

ほんをうえるプロジェクト公式Facebook

新入社員のうえだくん@ほんをうえるTwitter

#好きな本を語ろう Twitter

このコラムを友達にオススメする
文責:井手 琢人 (2017/11/14)
1
朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる
朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる
馬渕知子
未 読
リンク
2
未来の年表
未来の年表
河合雅司
未 読
リンク
3
世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ
世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ
仲野広倫
未 読
リンク
U理論の日本第一人者が語る、成功する組織のつくり方
U理論の日本第一人者が語る、成功する組織のつくり方
2017.01.04 update
リンク
会社で戦うか独立して戦うか これからのキャリアを描くための5冊
会社で戦うか独立して戦うか これからのキャリアを描くための5冊
2017.04.06 update
リンク