【flier×日経ビジネス 現代をより深く知るための3冊】
拡大する脱炭素市場、日本復活のシナリオは?

拡大する脱炭素市場、日本復活のシナリオは?

要約を通してビジネストレンドに気軽に触れることができる、flier×日経ビジネスの「現代をより深く知るための3冊」。今回のテーマは、日経ビジネス読者の注目を集めた特集「グリーン敗戦 450兆円市場を奪い返せ」です。脱炭素の動きが加速するなか、関連製品の市場規模は拡大しているにもかかわらず、日本企業の存在感は薄れるばかり。企業が生き残るために必要な視点とは——? flierの要約からは、企業活動と環境の関係について考えさせてくれる3冊をピックアップしました。

太陽光パネル、車載用リチウムイオン電池、電気自動車(EV)。これらはいずれも、世界で脱炭素に向けた動きが活発になる中で、需要が拡大している製品です。そして、少し前までは日本企業が高い世界シェアを誇っていた製品でもあります。

しかし、いずれの製品についても、直近の世界市場で日本企業の存在感は薄れています。日経ビジネスは特集「グリーン敗戦 450兆円市場を奪い返せ」(雑誌版では11月1日号特集として掲載)で、拡大する脱炭素市場と歩調を合わせて成長する欧米企業と、乗り遅れている日本企業について取り上げました。

世界各国が温暖化ガスの排出量削減に真剣に取り組む今、脱炭素市場は確実に成長する市場となっています。欧州の企業の一部はこの変化を先取りし、「脱炭素の巨人」へと変貌しています。

一方、日本企業は冒頭でも触れた通り、「環境先進国」としてかつては脱炭素に欠かせない製品で高いシェアを持っていたにもかかわらず、現在はほとんどの企業がシェア上位から姿を消してしまいました。

例えば太陽光パネル。2004年には、3割弱のシェアを握っていたシャープを筆頭に京セラや三菱電機も高いシェアを確保していました。ところが2020年の世界シェアは中国勢が上位を占めています。市場規模はこの間に100倍以上になりましたが、日本企業は市場の成長を取り込むことができませんでした。日本政府と電力会社が再エネ普及に対して消極的な姿勢を取り続け、日本メーカーも事業構造改革や投資をためらった結果と言えるでしょう。

併せて読みたい『超入門カーボンニュートラル』

脱炭素による産業の大転換と、新たに生まれた市場を巡る覇権争いについては、以下で紹介する『超入門カーボンニュートラル』でも詳しく触れられています。

超入門カーボンニュートラル
超入門カーボンニュートラル
夫馬賢治
講談社
本の購入はこちら
超入門カーボンニュートラル
超入門カーボンニュートラル
著者
夫馬賢治
出版社
講談社
本の購入はこちら
併せて読みたい『脱プラスチックへの挑戦』

世界が大きく動いているのは代表的な再生エネルギーである太陽光発電やEVの分野だけではありません。石油由来のプラスチックの使用を控える「脱プラスチック」も広がっています。ここでも日本は、かつての「環境先進国」の地位から転落し、世界に後れを取っているようです。今回2冊目に紹介する『脱プラスチックへの挑戦 持続可能な地球と世界ビジネスの潮流』には脱プラスチックに動き出した世界の現状と日本がすべきことが書かれています。

脱プラスチックへの挑戦
脱プラスチックへの挑戦
堅達京子+NHK BS1スペシャル取材班
山と溪谷社
本の購入はこちら
脱プラスチックへの挑戦
脱プラスチックへの挑戦
著者
堅達京子+NHK BS1スペシャル取材班
出版社
山と溪谷社
本の購入はこちら

日本の社会や企業の中には、まだどこかに「環境にまつわる活動は通常の活動とは別に行う」との意識があるのかもしれません。しかし、通常の活動に影響を与えない範囲で環境活動を行うという考え方では、急速に変化している世界に追いつくことはできず、結果的に企業の存続そのものを危うくしかねません。

そして、それは地球環境保護や脱炭素に限ったことではありません。すでに多くの企業がSDGs(持続可能な開発目標)を意識した経営をするようになっていますが、なぜSDGsが必要で、どうして企業経営に組み込まなければならないかを根底から理解しなければ、日本企業は世界からますます後れを取ってしまうかもしれません。

併せて読みたい『SDGs思考』

3冊目として紹介する『SDGs思考 2030年のその先へ 17の目標を超えて目指す世界』は、企業が生き残っていくためにはSDGsの考え方が不可欠であることを説いています。

SDGs思考
SDGs思考
田瀬和夫
インプレス
本の購入はこちら
SDGs思考
SDGs思考
著者
田瀬和夫
出版社
インプレス
本の購入はこちら

日本企業が脱炭素などを含むSDGsを意識した経営に本当の意味で取り組むことができるか。それは日本の経済や社会の今後にも大きな影響を与える可能性が高いだけに、自分が働いている会社やよく利用する製品・サービスを提供する企業の活動なども注視していく必要がありそうです。

このコラムを友達にオススメする
文責:フライヤー編集部 (2022/01/11)
今週の要約ランキング
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
「働き方本」のテッパン3冊
「働き方本」のテッパン3冊
2022.11.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
2022.11.26 update
リンク
出版社のイチオシ#085
出版社のイチオシ#085
2022.11.18 update
リンク
「習慣術本」のテッパン3冊
「習慣術本」のテッパン3冊
2022.11.15 update
リンク
インタビュー
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
2022.11.28 update
リンク
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
2022.10.18 update
リンク
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
2022.10.31 update
リンク
「習慣術本」のテッパン3冊
「習慣術本」のテッパン3冊
2022.11.15 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク