啓文堂書店ビジネス書大賞、結果発表!
栄えある1位に輝いたのは?

年に一度啓文堂書店で開催される啓文堂書店ビジネス書大賞。啓文堂書店全店における、4月1日から1ヶ月間の本の売れ行きにより「ビジネス書大賞」を決定します。通称、啓文堂ダービー。2018年度のベスト3に入ったご本、そしてフライヤーで要約を掲載しているご本の魅力を一気に紹介します! 

第1位

気のきいた短いメールが書ける本――そのまま使える!  短くても失礼のないメール術
気のきいた短いメールが書ける本――そのまま使える! 短くても失礼のないメール術
中川路 亜紀
ダイヤモンド社
本の購入はこちら
気のきいた短いメールが書ける本――そのまま使える!  短くても失礼のないメール術
気のきいた短いメールが書ける本――そのまま使える! 短くても失礼のないメール術
著者
中川路 亜紀
出版社
ダイヤモンド社
本の購入はこちら

仕事をしていると、どうしてもメールを書く機会が増えるものです。メールはある意味、社会人の基本中の基本といえますが、にもかかわらず体系的に学ぶことはそう多くありません。本書はメールを書く際に気をつけるべきことが、あますところなく網羅されています。通読するもよし、必要なところを都度読むもよし。ぜひパソコンの隣に忍ばせておいてください。もうこれでメールに悩むことはなくなるはず。

第2位

魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教えよう 起業家の父から愛する子へ33の教え
魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教えよう 起業家の父から愛する子へ33の教え
浦田 健
実業之日本社
本の購入はこちら
魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教えよう 起業家の父から愛する子へ33の教え
魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教えよう 起業家の父から愛する子へ33の教え
著者
浦田 健
出版社
実業之日本社
本の購入はこちら

サブタイトルに「起業家の父から愛する子へ33の教え」とあるように、優しい口調で、幸せに生きていくうえで大事な教えがつづられています。「コップの水は飲んではいけない。お金を自分のために働かせる方法を常に考える」「常に自分の器を広げ飢餓状態にせよ」。さまざまな人生の課題の乗り越え方は非常に本質的。ビジネスパーソンが読んでもはっとさせられるはず。勇気と知恵を与えてくれる一冊です。

第3位

敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法
敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法
根本裕幸
あさ出版
敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法
敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法
著者
根本裕幸
出版社
あさ出版

嫌われるのが怖いから、頼まれる仕事を断れない人。友達のSNSへの投稿を見て、自分と比べて落ち込んでしまう人。心当たりがある方は、つい周りの目を気にして、他人の軸で考えてしまう「敏感すぎる人」かもしれません。本書は、そんな方が自分の軸で生きて、幸せになれるよう導く、7日間の変革のプログラムを提案します。読みやすく、しかも得られる効果大の一冊です!

flier 注目! その1

2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート
2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート
長谷川和廣
かんき出版
2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート
2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート
著者
長谷川和廣
出版社
かんき出版

2000社を超える赤字会社を黒字化した著者が、仕事の中で得た気づきを書きためた「OYATTO NOTE」(おやっとノート)のエッセンスをまとめた一冊――そう聞くと、「エリートのノウハウなんて、自分には役立つはずがない」と思ってしまう方もいるかもしれません。でも、心配は無用です。確かに厳しい言葉もありますが、1冊を通して、著者の愛情深いまなざしを感じることができるはずです。社会人になったばかりの人や、自信をなくしてしまった人、次のステップに向けてジャンプしたい人にもぜひお読みいただきたいと思います。

flier 注目! その2

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?
世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?
戸塚隆将
朝日新聞出版
世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?
世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?
著者
戸塚隆将
出版社
朝日新聞出版

あっと驚くような裏ワザの数々が紹介されている本ではありません。むしろ、「時間厳守」「メールはすぐに返信せよ」「常に手元にメモを置け」など、拍子抜けするような、基本的な項目も多くあります。しかし、なぜそうした「基本」が重要なのか、どうすれば基本を確実に実行できるのかを丁寧に述べた本は、この本のほかにないでしょう。部下へのプレゼントとしても最適の一冊です。

flier 注目! その3

5W1H思考
5W1H思考
渡邉光太郎
すばる舎
5W1H思考
5W1H思考
著者
渡邉光太郎
出版社
すばる舎

SWOT、PEST、3C、4P……。こうしたフレームワークを使って仕事の効率や生産性が上がったかというと、必ずしもそうではないという方もいるのではないでしょうか。今回は、フレームワーク疲れのあなたに、とっておきの思考ツールを紹介しします。それは5W1H! 「今さら5W1Hか」と思ったあなた、しばしお待ちください。課題提起、問題発見・問題解決、創造的アイデア発想、説得力のあるコミュニケーション。応用できる場面は実に幅広いのです。その威力をぜひ本書で実感してみてください。

このコラムを友達にオススメする
文責:松尾 美里 (2018/05/29)

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
学び効率が最大化する インプット大全
学び効率が最大化する インプット大全
樺沢紫苑
未 読
リンク
2
Think clearly
Think clearly
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
3
共感SNS
共感SNS
ゆうこす
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

ビジネスの名著を読み直す
ビジネスの名著を読み直す
2019.08.19 update
リンク
『裏・読書 』
『裏・読書 』
2019.08.16 update
リンク
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【マーケティング関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【マーケティング関連企業編】
2019.08.13 update
リンク
『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』
『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』
2019.08.08 update
リンク

Interview
インタビュー

脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
【インタビュー】 脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
2019.08.21 update
リンク
24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
【これからの本屋さん】 24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
2019.08.09 update
リンク
「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
【これからの本屋さん】 「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
2019.07.26 update
リンク
無意識の偏見「アンコンシャス・バイアス」に気づくには?
【インタビュー】 無意識の偏見「アンコンシャス・バイアス」に気づくには?
2019.07.24 update
リンク
1
学び効率が最大化する インプット大全
学び効率が最大化する インプット大全
樺沢紫苑
未 読
リンク
2
Think clearly
Think clearly
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
3
共感SNS
共感SNS
ゆうこす
未 読
リンク
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【マーケティング関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【マーケティング関連企業編】
2019.08.13 update
リンク
リスナーと双方向でニュースを届ける The News Masters TOKYO
リスナーと双方向でニュースを届ける The News Masters TOKYO
2017.10.30 update
リンク