妄想を形にするには「複数の居場所」をはしごせよ
【渡邉康太郎と読む一冊】『ひとりの妄想で未来は変わる』

フライヤーのコミュニティflier book laboの目玉は、オンライン上で書籍について語り合う読書ワークショップ「LIVE」です。第16弾のゲストスピーカーは、デザイン・イノベーション・ファームTakramでコンテクストデザイナーを務める渡邉康太郎さん。

渡邉さんがLIVEのために選んだ一冊は、『ひとりの妄想で未来は変わる』(日経BP)。戦略デザインファームBIOTOPE代表の佐宗邦威さんが企業内でイノベーションを起こすための道筋を描き出した一冊です。渡邉さんは本書にどんな魅力を感じているのでしょうか? 妄想を形にしていくための秘訣とともにお聞きしました。

「前提を疑う」ことの意味

『ひとりの妄想で未来は変わる』を取り上げたいと思った理由は、僕がflier book laboの音声コンテンツ「数字と物語がうつろう部屋」で扱ってきたテーマと共通するからです。「数字」はロジックや日々の数値目標、再現可能性の価値に相当するもの。これに対し「物語」はミッションやビジョン、一回性の価値に相当するものです。両者の間にある緊張や矛盾をいかにリバランスしていくかをテーマにしてきました。

この構造と同様に、本書では世の中で「常識とされているもの」と、数字では表せない一人の「妄想」の関係が表されているととらえました。いずれも大事だけれど、妄想のほうは統計のような数字で表せない「弱い文脈」だから、「強い文脈」である現在の常識に流されてしまう。でも歴史をたどると、世の中のあらゆる社会運動はもともとスタート時点では「弱い文脈」として生じています。だから、たとえ自分のもつ妄想がまだ大勢から認められないものだとしても、それはやりたいことをあきらめる理由にはなりません。まだ弱いからこそ、妄想を世に問うていくことに意味がある──。また、妄想をスタート地点に、その先に社会と接続していくプロセスを、「妄想」→「構想」→「企画」→「実装」→「経営」のように高い解像度で描き出しているのが、『ひとりの妄想で未来は変わる』の魅力です。

ひとりの妄想で未来は変わる
ひとりの妄想で未来は変わる
佐宗邦威
日経BP
本の購入はこちら
ひとりの妄想で未来は変わる
ひとりの妄想で未来は変わる
著者
佐宗邦威
出版社
日経BP
本の購入はこちら

「いまの常識は未来の常識ではないかもしれない」

そもそも、いまの社会における常識が、未来の社会でも通用するとは限りません。いまは相対的に弱い文脈が、後になって強い文脈に変わることがあります。例えば1970年代、環境問題を研究する理系学生は、企業側から「自分たちの事業の生産体制に疑義を呈するのではないか」と警戒されたのか、就職活動では苦戦を強いられていました。でも現代はSDGsの流れもあり、環境問題をないがしろにする企業は存続自体が難しくなりつつある。これほど常識はガラッと変わることがあります。

自分の考えが社会の常識と違っていてもいい。それは他者の目にふれることで、未来へ蒔かれる種になります。その意味で、一人一人の妄想は、一元的ではない、いまとは違う価値観に気づかせてくれるものだといえます。

僕が提唱している「コンテクストデザイン(共に編むデザイン)」とは、人々をいつのまにか縛っている「クリエイティビティの足枷」をはずし、自由に発想・行動できるよう支えるものです。そのモチベーションには、「いろいろな人の妄想を聞いてみたい」という感情があります。

あらゆる人の妄想が、もっと聞かれるようになればいいと思います。そして、人の妄想は応援ができる。方法はさまざまあります。あるミュージシャンを心底応援したいと思ってそのマネージャーになる道もあれば、Patreonのようなプラットフォームで応援する道もある。その人の配信した音楽に視聴回数で貢献してもいい。

妄想を形にするには「複数の居場所」をはしごせよ

自分の「妄想を聞いてくれる場」を見つけるには時間がかかるかもしれません。でも見つかったら楽しいですよね。そうした場を見つけていくために何ができるのか。

「意味のイノベーション」を提唱した、ストックホルム商科大学やミラノ工科大学で教えるロベルト・ベルガンティ教授は、意味のイノベーションは、一人の顕在化していない妄想から育まれるといいます。そこで大事なのが、批判的な対話相手、スパーリングパートナー(パンチの応酬をするトレーニングの相手)の存在です。あなたを倒すためではなく、あなたを強くするために批判してくれる人がいることで、アイディアがさらに磨かれていく。

また、自分なりの「ラディカルサークル」をあたためることも大事です。ラディカルサークルとは、異分野のプロフェッショナル同士が注目するトピックについて率直に意見交換をするグループのこと。芸術家や起業家や学者など、専門が異なる人が集うような場を複数もち、行き来することで、新たな視点が得られます。

Podcastの「超相対性理論」でも次のような話で盛り上がりました。「私たちはそれぞれの人生というパーティーに招待されている。そのパーティーを楽しむためには、楽しむための不断のスキル習得が必要になる」。同様に、妄想を形にする秘訣は、複数のパーティーを「はしごする」ことかもしれません。複数の居場所を行き来して、妄想を語り合う。そして自分の妄想を別の角度から見つめてもらうことで、時に異なる意味を獲得するのだと思います。そんな場のひとつがflier book laboかもしれませんね。

妄想といっても、世界を変えるほどの大がかりなものでなくてもかまいません。世の中には「はかない物語」で満ちていて、そこに耳を傾けることで、その物語がまた語り直されていく。コンテクストデザインを通して、そんなバトンを渡していく一人でいられたら嬉しいです。

ひとりの妄想で未来は変わる
ひとりの妄想で未来は変わる
佐宗邦威
日経BP
本の購入はこちら
ひとりの妄想で未来は変わる
ひとりの妄想で未来は変わる
著者
佐宗邦威
出版社
日経BP
本の購入はこちら


【編集後記】
渡邉さんは2021年1月から、TALK「数字と物語がうつろう部屋」を配信してくださっています。そこで展開される渡邉さんの語りと本書との深いリンクを感じ、「まずは周囲の人の妄想に耳を傾けたい」と思わずにいられませんでした。自分の妄想を語るにはその場の心理的安全性が問われます。心理的安全性が担保され、「いいね!」と応援し合える居場所を複数見つけていきたいですし、そんな場をつくる一助になりたいと思いました。

LIVE第17弾以降も、さまざまなゲストスピーカーがおすすめ本を紹介してくださいます。お楽しみに!

渡邉康太郎(わたなべ こうたろう)

Takram コンテクストデザイナー / 慶應義塾大学SFC特別招聘教授

使い手が作り手に、消費者が表現者に変化することを促す「コンテクストデザイン」に取り組む。サービス企画立案、企業ブランディング、UI/UXデザイン、企業研修など幅広いプロジェクトを牽引。J-WAVEのブランディングプロジェクトで、新ステートメントの言語化とロゴデザインを行い、2020年度グッドデザイン賞を受賞。ほか国内外で受賞や講演多数。 著書に『コンテクストデザイン』『ストーリー・ウィーヴィング』『デザイン・イノベーションの振り子』

このコラムを友達にオススメする
文責:松尾美里 (2021/09/08)

今週の要約ランキング

1
今日がもっと楽しくなる行動最適化大全
今日がもっと楽しくなる行動最適化大全
樺沢紫苑
未 読
リンク
2
ビジネス・ゲーム
ビジネス・ゲーム
ベティ・L・ハラガン 福沢恵子(訳) 水野谷悦子(訳)
未 読
無 料
リンク
3
スタンフォードの権力のレッスン
スタンフォードの権力のレッスン
デボラ・グルーンフェルド 御立英史(訳)
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

わたしだけの「ライフ」を探しにいこう!
【要約の達人が選ぶ、今月の編集部イチオシ!】 わたしだけの「ライフ」を探しにいこう!
2021.09.27 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2021年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2021年8月~9月)
2021.09.26 update
リンク
9月27日は「世界観光の日」
9月27日は「世界観光の日」
2021.09.25 update
リンク
出版社のイチオシ#061
出版社のイチオシ#061
2021.09.24 update
リンク

インタビュー

なぜ「絵」を描くとヒラメキ溢れる会議になるのか?
なぜ「絵」を描くとヒラメキ溢れる会議になるのか?
2021.09.01 update
リンク
「心のクセ」を知れば、もっと快適に生きられる
「心のクセ」を知れば、もっと快適に生きられる
2021.08.30 update
リンク
いまビジネスパーソンがデッサンを学ぶべき理由
いまビジネスパーソンがデッサンを学ぶべき理由
2021.08.25 update
リンク
福岡市市長が、「福岡市から日本を変える」ことにこだわるワケ
福岡市市長が、「福岡市から日本を変える」ことにこだわるワケ
2021.07.22 update
リンク
1
今日がもっと楽しくなる行動最適化大全
今日がもっと楽しくなる行動最適化大全
樺沢紫苑
未 読
リンク
2
ビジネス・ゲーム
ビジネス・ゲーム
ベティ・L・ハラガン 福沢恵子(訳) 水野谷悦子(訳)
未 読
無 料
リンク
3
スタンフォードの権力のレッスン
スタンフォードの権力のレッスン
デボラ・グルーンフェルド 御立英史(訳)
未 読
リンク
朝の時間をもっと楽しく! あなたの朝活を充実させる本
朝の時間をもっと楽しく! あなたの朝活を充実させる本
2021.09.21 update
リンク
脳をフル活用するために読んでおきたい5冊
脳をフル活用するために読んでおきたい5冊
2021.06.07 update
リンク
コロナ禍の今こそ響く成功者たちの苦節
コロナ禍の今こそ響く成功者たちの苦節
2021.06.29 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る