【週間ランキング】
やりたいことを見つけて来年に漕ぎ出すチャンス!
2020/12/07 〜 2020/12/13

新型コロナウイルスに始まり、新型コロナウイルスで幕を閉じようとしている本年。自分自身を見つめ直す機会になったこと、これまでの常識が覆ってさまざまな業界が揺らいだこと、そして自分らしく働けることの大事さに気づいたこと。大切なポイントの詰まったランキングになりました。

今年を振り返り、来年に漕ぎ出すためにも、ぜひ読んでおきたい3冊です!

第1位 『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方
世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方
八木仁平
KADOKAWA
本の購入はこちら
世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方
世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方
著者
八木仁平
出版社
KADOKAWA
本の購入はこちら

今回1位に輝いたのは、『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』です! 家にいて自分と向き合う時間が増えたからか、いまの仕事について振り返るにしても、このタイトルが刺さった人は多いのかもしれません。

やりたいことは、「一生続けられること」でなければならない、「人のためになること」でなければならない、「仕事」にならない、などとつい考えてしまいがち。それは誤解だ、と著者は語ります。「好きなこと」を「得意なやり方でやる」、それが「やりたいこと」なのだというメッセージは、とてもシンプル。

なんとなくあたためたままふやけさせていた「やりたいこと」、諦めずにもう一度形にしようと思わせてくれます。

naoyuki_iさん(@358e61c5340a164)の学びメモ

唯一のやりたいことを見つけようと力が入ってしまいがちだけれど、環境や自分自身は変化し続けるものなのだからまずは本書のメソッドで一度やりたいことを仮決めして没頭してみて、あってたらOK、あっていなかったらその周辺でピボットする、というような気楽さも持って行動していきたい。

tmt2さん(@toto02231127)の学びメモ

昨今、「やりたいこと」探しの呪縛に囚われている感覚がある。

まずやってみる、やってみて楽しければ続ける、やってみてちょっと違うなと思ったらやめてみる、もうくらい軽いノリでいい。

そのぐらいの感覚でも続いてることが、最終的にやりたいことに繋がる気がする。

第2位 『捨てられる銀行4 消えた銀行員』

捨てられる銀行4 消えた銀行員
捨てられる銀行4 消えた銀行員
橋本卓典
講談社
本の購入はこちら
捨てられる銀行4 消えた銀行員
捨てられる銀行4 消えた銀行員
著者
橋本卓典
出版社
講談社
本の購入はこちら

2位にランクインしたのは、人気シリーズ『捨てられる銀行』の最新作『消えた銀行員』です。サスペンス調のタイトルですが、地域の金融機関と、そこで働く銀行員の未来を守ろうとするたたかいを描いた、熱いノンフィクションです。

これまでの銀行のビジネスモデルでは、早晩立ちゆかなくなってしまう。その流れは、新型コロナウイルスの感染拡大によって加速化しています。持続可能な社会づくりに、銀行がどのように関わっていけるかが問われているのです。

地域金融の未来は、そこに住まう人びとの未来も左右します。だれもがともに考えていくべき課題でもあるのです。

namba.fuji252014さん(@2e26de99ff6315f8)の学びメモ

私、地銀と付き合い始めて、2年になる、財務責任者です。メガは、コロナの時には、全く頼りにはなりませんでしたし、こちらからアプローチしなければ、コミュニケーションも成り立ちませんでした。

地銀は、かなり悩んでいました。

少しずつ、この本の記述のように、変わりつつあるのですが、担当者は、従来の評価基準で人事評価されるらしく、この層が変わっていません。

信金は、ある意味能天気に貸し続けてくれます。

それぞれと如何に付き合うか? 借入金は膨らむ傾向ですので、いざという場面の為、悩むのが私の立場です。

OKYNさん(@okayan)の学びメモ

銀行の使命 = お金の流れを改善 × 徹底した管理知識の活用

預貯金や融資という身近な業務だけでは銀行として事業を継続できない事実を痛感しました。

銀行はお金の流れをよく熟知したプロフェッショナルなので、事業者にとって的確なアドバイスや改善支援をサポートすることが望まれる。

加えて、要約にもあるように、銀行というお堅いイメージを形成しているリスク管理や労務・法務対応が他の事業にとって学ぶべき知見となっている。

事業者や市民にとって、どのような存在となっていくのか、私たちも興味を持って見ていく必要があると思いました。

第3位 『心理的安全性のつくりかた』

心理的安全性のつくりかた
心理的安全性のつくりかた
石井遼介
日本能率協会マネジメントセンター
本の購入はこちら
心理的安全性のつくりかた
心理的安全性のつくりかた
著者
石井遼介
出版社
日本能率協会マネジメントセンター
本の購入はこちら

そして第3位は『心理的安全性のつくりかた』でした。「心理的安全性」という言葉の認知度の高まりを感じます。

効果的なチーム運営のひとつの解としてグーグルが示したことで有名になりましたが、心理的安全性は「自分らしくあること」の重要性に着目した大事な概念です。健全に意見をたたかわせられる職場では、メンバー一人ひとりが「学習して成長する」ことができます。

ではどのようにそれを実現すればよいのでしょうか? 本書では、具体的な行動、言葉によって、あなた自身から変えていくためのヒントが紹介されています。

てるこさん(@terukokkoppp)の学びメモ

flier book laboで度々話題になる「心理的安全性」。そのど真ん中の本が登場。心理的安全性は、元はハーバード大学の教授が提唱したもので、さらに著者が日本ならではの問題解決法を提示しているので、実践しやすそう。

私はlaboで心理的安全性の高さを実感したからこそ、そうでない場が気にかかるようになったけど、ずっと心理的安全性が高くない場所にいる人たちがその問題に気づくことはあるのだろうか? とは言え、「地位や役職にかかわらず、自分のチームや組織に心理的安全性をもたらそうという意思を持って行動すれば、あなたは心理的安全性をもたらすリーダーだ」ということなので、私ができることを一つずつやっていこう。まずは、感謝を言語化することから始めたい。そのためには、チームをよく観察することにもなると思う。



以上、2020年12月7日~12月13日のベスト3を紹介しました。次週もお楽しみに!
このコラムを友達にオススメする
文責:石田翼 (2020/12/17)

今週の要約ランキング

1
人生を変えるモーニングメソッド
人生を変えるモーニングメソッド
ハル・エルロッド 鹿田昌美(訳)
未 読
リンク
2
2025年を制覇する破壊的企業
2025年を制覇する破壊的企業
山本康正
未 読
リンク
3
アンガーマネジメント
アンガーマネジメント
戸田久実
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

だれかの「好き」をつくるためのビジネスモデルの3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第4回】 だれかの「好き」をつくるためのビジネスモデルの3冊
2021.01.26 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年12月~2021年1月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年12月~2021年1月)
2021.01.26 update
リンク
出版社のイチオシ#044
出版社のイチオシ#044
2021.01.22 update
リンク
ただのバカで終わらないための3冊!
【要約の達人が選ぶ、今月の編集部イチオシ!】 ただのバカで終わらないための3冊!
2021.01.19 update
リンク

インタビュー

1本1万円のネギに込めた「初代葱師」の挑戦
1本1万円のネギに込めた「初代葱師」の挑戦
2021.01.12 update
リンク
なぜ、世界最高峰の大学MITは「音楽」を重視するのか?
なぜ、世界最高峰の大学MITは「音楽」を重視するのか?
2020.12.28 update
リンク
共感を呼ぶことばはいかにして生まれるのか
【これからの本屋さん】 共感を呼ぶことばはいかにして生まれるのか
2020.12.21 update
リンク
なぜいま、「対話型マネジャー」が求められるのか?
なぜいま、「対話型マネジャー」が求められるのか?
2020.12.16 update
リンク
1
人生を変えるモーニングメソッド
人生を変えるモーニングメソッド
ハル・エルロッド 鹿田昌美(訳)
未 読
リンク
2
2025年を制覇する破壊的企業
2025年を制覇する破壊的企業
山本康正
未 読
リンク
3
アンガーマネジメント
アンガーマネジメント
戸田久実
未 読
リンク
アウトプット力を鍛えたいときに読む本
アウトプット力を鍛えたいときに読む本
2021.01.13 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年10月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年10月号)
2020.10.01 update
リンク
なぜいま、「対話型マネジャー」が求められるのか?
なぜいま、「対話型マネジャー」が求められるのか?
2020.12.16 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る