【週間ランキング】
生きがいを問う、問いを問う
2021/5/3 〜 5/9

連休明けの今週、各地で緊急事態宣言の延長などがあり、気の抜けない日々が続いています。「コロナさえなかったら……」。物事が思い通りにいかず、悶々とした日々を過ごされている方も多いのではないでしょうか。

何かと気がふさぎがちな今日この頃、今回は生きる意味や自分の内面と向き合うことに関する哲学的な書籍がランクイン。時代が移ろっても、人間の悩みや思考の本質はずっと変わっていない。そう考えさせられる結果となりました。

第1位 『生きがいについて』

生きがいについて
生きがいについて
神谷美恵子
みすず書房
本の購入はこちら
生きがいについて
生きがいについて
著者
神谷美恵子
出版社
みすず書房
本の購入はこちら

1位は『生きがいについて』でした。ハンセン病患者らの苦しみや悲しみに寄り添い続けた著者が見いだした、生きる意味が綴られています。

生きがいは生老病死によってもろく失われやすいもの。初版発行の1966年以来、半世紀を超えて読み継がれてきた名作は、そう優しく諭します。ともすれば生きがいを見失いそうになるコロナ禍を生きる不遇、そんな時代にも一条の光が雲間から差し込める――。読後、慈悲深い気持ちになる1冊です。

2jks8b8b6kさん(@f42d75ead782187c)の学びメモ

私も何故生きるのかというテーマについて深く考えたときがあった。結局見つかった答えは幸せのためというありきたりな言葉だった。仏教でいうところの空の思想、仮観、縁人などが大事だ。また、ニーチェの虚無に対する超人としての乗り越え方も興味深い。あまり考え込みすぎるとかなり精神的に疲労してしまうため、本書でもある通り好きなことを見つけるべきだ。その道筋が行動あるのみが否めないのだが。行動を促すシステムを作りたい。

第2位 『問いの立て方』

問いの立て方
問いの立て方
宮野公樹
筑摩書房
本の購入はこちら
問いの立て方
問いの立て方
著者
宮野公樹
出版社
筑摩書房
本の購入はこちら

2位の『問いの立て方』は、物事の大本に肉薄し、いい問いとは何かを突き詰める重要性が示されています。自分の内面と徹底的に向き合い、自己と世界の存在を内省することにより、自身の内にいい問いを見つけられると言います。

「問いを問う問い」といった哲学的思考を踏まえつつ、究極的に立ち返るのは「汝自身を知れ」とソクラテスが問うた古来の出発点だと説きます。

shominda0914さん(@921181fd316c132e)の学びメモ

こういう話を読むと、哲学を必修にする必要があるなぁと感じる。

極論を言えば、「問う」力と「答えを出す」力があれば、何でもできる。

自分の考え方は間違っていないか?も

この人は何を考えて行動しているんだろう?も

今月の営業ノルマを達成するには?も

ボトルネックを解消するには?も

子供の教育どうしよう?も

今日の夕飯何にしようかな?も

自分や他人に対して、問いかけている。

それに対して、「答えを出す」必要があるが、「正解を出す」必要はない。

答えを出したら、その答えに対して「可か不可か」、「不可ならばどこが悪かったか」、「悪かったところはどうすれば良くなるか」、「可ならば良にするにはどうすればいいのか」と、延々と問い続いていくからだ。

正解を出すと進歩が止まる。

今回正解だからと言って、次回も正解とは限らない。

「あー成功した。」と成果を投げ出すのは勿体ない。

成功の中からも、次のための問いかけをしなければならない。

第3位 『ファーウェイ 強さの秘密』

ファーウェイ 強さの秘密
ファーウェイ 強さの秘密
鄧斌,光吉さくら(訳),楠木建(監修)
日本実業出版社
本の購入はこちら
ファーウェイ 強さの秘密
ファーウェイ 強さの秘密
著者
鄧斌 光吉さくら(訳) 楠木建(監修)
出版社
日本実業出版社
本の購入はこちら

第3位は『ファーウェイ 強さの秘密』がランクイン。前2冊と雰囲気が変わり、一気に現代ビジネス書の要素が色濃い1冊ですが、奇しくもサブタイトルは「任正非の経営哲学36の言葉」。辣腕経営者が掲げるフィロソフィーのお話です。

「ファーウェイに歴史など必要ない。成長あるのみ、成功などない」。そうした力強い言葉の数々が列挙された本書には、激化する米中対立のあおりを受けるファーウェイがどう難局を切り抜けるかのヒントがうかがえ、確かな読み応えがあります。

フジさん(@tbnbnt)の学びメモ

本書を読んで、ファーウェイの強さの秘密は社員への浸透のさせ方だと思った。童話や逸話から着想を得て教訓を活かせるような仕組みを作ることが非常にうまくできている。これこそ、自分よりも優秀な人が自立的に動いてくれる環境作りなのだろうなと思う。



以上、2021年5月3日~5月9日のベスト3を紹介しました。来週もお楽しみに!
このコラムを友達にオススメする
文責:南龍太 (2021/05/13)

今週の要約ランキング

1
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
藤本梨恵子
未 読
リンク
2
超影響力
超影響力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
3
絶対忘れない勉強法
絶対忘れない勉強法
堀田秀吾
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

出版社のイチオシ#054
出版社のイチオシ#054
2021.06.11 update
リンク
その中毒性、知ってますか? 『スマホ脳』
【書店員のイチオシ】 その中毒性、知ってますか? 『スマホ脳』
2021.06.10 update
リンク
その「妄想」を「現実」にするには?
【要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ!】 その「妄想」を「現実」にするには?
2021.06.08 update
リンク
脳をフル活用するために読んでおきたい5冊
脳をフル活用するために読んでおきたい5冊
2021.06.07 update
リンク

インタビュー

あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
2021.06.09 update
リンク
「攻めのDX」とコストゼロ時代の生き残り戦略
「攻めのDX」とコストゼロ時代の生き残り戦略
2021.06.04 update
リンク
自分軸はブレていい。理想のキャリアを手にする「転職2.0」とは?
自分軸はブレていい。理想のキャリアを手にする「転職2.0」とは?
2021.06.01 update
リンク
『孫子』がバイブルのAI起業家、目指すはソフトバンク孫氏
『孫子』がバイブルのAI起業家、目指すはソフトバンク孫氏
2021.05.24 update
リンク
1
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
藤本梨恵子
未 読
リンク
2
超影響力
超影響力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
3
絶対忘れない勉強法
絶対忘れない勉強法
堀田秀吾
未 読
リンク
新米からベテランまで。リーダーになったら読みたい本
新米からベテランまで。リーダーになったら読みたい本
2021.05.21 update
リンク
出版社のイチオシ#054
出版社のイチオシ#054
2021.06.11 update
リンク
コロナ疲れのいま、「幸福学」を学ぶ意義とは?
コロナ疲れのいま、「幸福学」を学ぶ意義とは?
2021.02.11 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る