【週間ランキング】
やる気も根性もなくても、成果を出せます
2022/1/24 〜 1/30

やる気も根性もなくても、成果を出せます

いつもやる気にあふれていて、いつだって全力投球。成果を出す人にはそんなイメージがあるかもしれません。でも、実際のところ、四六時中メラメラと働き続けられる人はそう多くはないはずです。

今週の第1位、『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ』は、やる気がなくても「すぐやる人」になるためのコツを教えてくれます。第2位の『エフォートレス思考』がテーマにするのは、少ない努力で最大の成果を出す方法です。「努力を効率化」というと、なんだかズルをしているような気になってしまいますが、楽をしてちゃんと成果が出るのであれば、その方が良いはずです。今の働き方につらさを感じたら、今週のランキングを要チェックです。

第5位から第1位まで順番に、要約者レビューを交えてご紹介していきます。

第5位『セールスコピー大全』

セールスコピー大全
セールスコピー大全
大橋一慶
ぱる出版
本の購入はこちら
セールスコピー大全
セールスコピー大全
著者
大橋一慶
出版社
ぱる出版
本の購入はこちら
要約者( 大賀祐樹)レビューの抜粋

これまで売れなかったものが、あるときから一気にヒット商品になる。それを可能にする「コピー」の力を知りたくはないだろうか。

本書で紹介されているセールスコピーライティングは、アイデアの力でたちまち売上アップにつなげる技術だ。しかしそれは、本書でも述べられているように、ウソをついて商品を売りつける技術ではなく、欲しい人に欲しいものを届ける技術である。

第4位『なぜかうまくいく人の気遣い 100の習慣』

なぜかうまくいく人の気遣い 100の習慣
なぜかうまくいく人の気遣い 100の習慣
藤本梨恵子
明日香出版社
本の購入はこちら
なぜかうまくいく人の気遣い 100の習慣
なぜかうまくいく人の気遣い 100の習慣
著者
藤本梨恵子
出版社
明日香出版社
本の購入はこちら
要約者(中山寒稀)レビューの抜粋

本書で提案する「気遣い100の習慣」は、相手に積極的に働きかけるのではなく、自分の在り方を変えるというスタンスだ。言葉遣い、身だしなみ、相手の様子を察するなど、ちょっとしたポイントに気をつける。自分から働きかけることが苦手だという人でも、実行しやすいだろう。

「頑張っているのに、なぜかうまくいかない」と嘆く人にとっては、本書で紹介している気遣いが、その謎を解き明かすヒントになるかもしれない。一緒にいて気分が良くなる人と、そうでない人。どちらの人と会いたいと思うかは明白だ。ささやかな気遣いから生まれる好循環を、実感できる一冊だ。

第3位『Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)』

Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)
Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)
谷敏行
日経BP
本の購入はこちら
Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)
Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)
著者
谷敏行
出版社
日経BP
本の購入はこちら
要約者(小林悠樹)レビューの抜粋

本書では、約6年間アマゾンジャパンに在籍し、新規事業の立ち上げに従事していた著者の視点から「アマゾンがイノベーションを起こすメカニズム」が体系的にまとめられている。このメカニズムは、日本の企業においても十分応用可能だという。「社内から独創的なアイデアが出てこない」と悩む経営層から、「新規事業のアイデアを上層部に提案しても、なかなか実現できない」というマネージャー層、さらには「社内は閉塞的で、イノベーションなんてもってのほか」と感じる若手社員まで、イノベーションに課題意識を持つすべてのビジネスパーソンに役立つ一冊だ。

第2位『エフォートレス思考』

エフォートレス思考
エフォートレス思考
グレッグ・マキューン,高橋璃子(訳)
かんき出版
本の購入はこちら
エフォートレス思考
エフォートレス思考
著者
グレッグ・マキューン 高橋璃子(訳)
出版社
かんき出版
本の購入はこちら
要約者(千葉佳奈美)レビューの抜粋

誰よりも長く働いている人がえらい。睡眠時間も、自分や大切な人のための時間も、すべてなげうって仕事に打ち込むべきだ。楽をすることは悪であり、誰しも常に、できるかぎりの努力をするべきだ――。このような価値観は、いまだに日本社会に深く根づいている。

だが、すべてのタスクに全力を注いでいたら、時間がいくらあっても足りない。私たちはすでに毎日へとへとになるまで頑張っているのに、これ以上どう頑張れと言うのだろう?

(中略)

本書は、少ない努力で最大の成果を出す方法を教えてくれる。あらゆる分野で効率化が進んでいるのに、私たちはなぜ、人の「頑張り」を効率化してはいけないような気持ちになるのだろうか。楽をすることにうしろめたさを感じる人にとって、本書は生き方を180度変えてくれる一冊となるだろう。

第1位『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ』

やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ
やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ
大平信孝
かんき出版
本の購入はこちら
やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ
やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ
著者
大平信孝
出版社
かんき出版
本の購入はこちら
要約者( 藤平泰徳)レビューの抜粋

今すぐやったほうがいいのはわかっているけれど、なんだかやる気が起きない……このような葛藤は、誰しも一度は経験したことがあるだろう。

本書の著者も、「こうなりたいな」という希望があるのに行動に移すことができず、自己嫌悪の日々を送っていたという。そんな著者を変えたのは、脳科学・心理学との出合いだ。

(中略)

本書で紹介されるコツは、「結局、最後は本人のやる気次第」という根性論的なものでも、「本当にそんなにうまくいくの?」と疑ってしまうような理想論的なものでもない。どれも科学的で、「きっとうまくいく」という確信がもて、しかも今日から試せるものばかりだ。「すぐやる人」になりたい人は、ぜひ本書でヒントを得てほしい。



いかがでしたか? なお、今週のベスト10は以下の通りです。

第1位~第10位

第1位『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ

第2位『エフォートレス思考

第3位『Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)

第4位『なぜかうまくいく人の気遣い 100の習慣

第5位『セールスコピー大全

第6位『1万人の脳を見た名医が教える すごい左利き

第7位『いつも「ダメなほうへいってしまう」クセを治す方法

第8位『すごい「数値化」仕事術

第9位『Z世代マーケティング

第10位『サクッとわかる ビジネス教養 マネジメント


以上、2022年1月24日~1月30日 のランキングベスト10を紹介しました。

先週のランキング記事はこちらです。次回もお楽しみに!

このコラムを友達にオススメする
文責:池田友美 (2022/02/01)
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
出版社のイチオシ#076
出版社のイチオシ#076
2022.08.05 update
リンク
オンライン商談を成功させるためにおさえておきたい3つのポイント
オンライン商談を成功させるためにおさえておきたい3つのポイント
2022.04.18 update
リンク