【flier人気ランキングベスト10】
2017年上半期、flierで最も読まれたのは『最強の働き方』!
『サピエンス全史』『ライフ・シフト』もランク入り

2017年上半期、flier(フライヤー)で読まれた要約ランキングトップ10を発表いたします。

注目すべきは、やはり2位『サピエンス全史(上)』と9位『ライフ・シフト』でしょう。『サピエンス全史』は「読者が選ぶビジネス書グランプリ2017」で総合3位、リベラルアーツ部門賞で1位を獲得しました。現代人が読むべき教養書として、今後も読み継がれていく書籍になるかと思われます。同グランプリで総合1位、政治経済部門賞1位のダブル受賞となった『ライフ・シフト』も、昨年の公開ながら、依然としてベスト10に入り続けています。

また、6月に公開されたばかりにもかかわらず、3位を獲得した『多動力』の勢いが凄まじいです。著者の堀江貴文氏はこれまでいくつも著作を発表されておりますが、本書は”堀江哲学”の集大成ともいえる内容になっています。

その他、いまのビジネスパーソンが注目している書籍が目白押しです。気になる書籍がありましたら、まずは要約をご覧くださいませ。

※ランキングはflier有料会員の閲覧にもとづいて作成されています。

最強の働き方
最強の働き方
著者
ムーギー・キム
出版社
東洋経済新報社

1位 最強の働き方
世界のエリートを見てきたムーギー・キム氏、入魂の一冊です。一流の話し方や書き方、健康・メンタル管理、企業家精神の発揮方法など、重要な基本が77カ条も紹介されているという充実ぶり。読んで実践すれば納得の、働き方の教科書決定版です。上司から部下へのプレゼントにもおすすめ! 

サピエンス全史(上)
サピエンス全史(上)
著者
ユヴァル・ノア・ハラリ 柴田裕之(訳)
出版社
河出書房新社

2位 サピエンス全史(上)
この本は100年先も読み継がれるでしょう。私たちがどのように文明を築き、食物連鎖の頂点に立ったのかを明らかにした傑作です。 本書の内容は、「歴史の道筋は、3つの重要な革命が決めた」というひと言に集約できます。しかし、それは中身が薄いことを意味しません。本書を船頭として、歴史という冒険の海を渡ってみてはいかがでしょうか。

多動力
多動力
著者
堀江貴文
出版社
幻冬舎

3位 多動力
あらゆる産業のタテの壁が消失する時代に求められるのは、各業界の垣根を軽やかに越えていく「越境者」。越境者には、次から次に好きなことをハシゴしまくる「多動力」が欠かせないといいます。本書は「あれもこれも試す生き方だってアリ」と、背中を強烈に押してくれる、新しい生き方・働き方の決定版。読めば、人生を1秒残らずワクワクで埋め尽くしたくなるはず!

スタンフォード式 最高の睡眠
スタンフォード式 最高の睡眠
著者
西野精治
出版社
サンマーク出版

4位 スタンフォード式 最高の睡眠
睡眠が大事なのは誰もが認めるところ。ですが、なかなか睡眠時間が確保できないことも少なくないはずです。本書がすばらしいのは、限られた時間のなかで「いかに睡眠の質を高めるか」にフォーカスを当てている点です。多忙な方にこそぜひ読んでほしい、睡眠本の決定版!

超ノート術
超ノート術
著者
佐藤ねじ
出版社
日経BP社

5位 超ノート術
優れたアイデアは天才にのみ降ってくると思っていませんか? 答えはNo。クリエイターの佐藤 ねじ氏によると、ヒットを連発できるようになった秘訣は「1軍ノート」をフル活用したことにあるそう。「1軍ノートって何?」と思ったらこの本を開いてみてください。あなたの企画が劇的に変わります!

直観力
直観力
著者
メンタリストDaiGo
出版社
リベラル社

6位 直観力
メンタリストDaiGoが放つ、直観力の手なずけ方、決定版! イスラエルのある大学の研究によると、直観の的中率は90%というから、直観の力を侮ることなかれ。直観は記憶という根拠に基づいた、れっきとした脳の論理思考の一種なのです。スピーディーに決断を下し、後悔なく生きるための強力な武器となってくれることでしょう! 直観力を磨き、日常生活に活かす方法を学んでみませんか?

Google流 資料作成術
Google流 資料作成術
著者
コール・ヌッスバウマー・ナフリック 村井瑞枝(訳)
出版社
日本実業出版社
7位 Google流 資料作成術

パワー(権力)は堕落するものですが、それはパワーポイントも同じこと。テクノロジーがますます発展しているにもかかわらず、世の中はひどい表やグラフであふれかえってます。自己満足で終わらない、真に「伝わる」資料をつくれるようになりたいなら、本書が断然オススメです。

ビジネスと人を動かす 驚異のストーリープレゼン
ビジネスと人を動かす 驚異のストーリープレゼン
著者
カーマイン・ガロ 井口耕二(訳)
出版社
日経BP社

8位 ビジネスと人を動かす 驚異のストーリープレゼン
人がのめりこむのは、いつだって心を動かすストーリーです。無味乾燥なデータをいくら並べても、人を惹きつけることはできません。なぜなら人間はストーリーの生き物なのですから。プレゼンにかぎらず、生活のあらゆる場面で生かせる智慧がいっぱいに詰まった一冊です。

ライフ・シフト
ライフ・シフト
著者
リンダ・グラットン アンドリュー・スコット 池村千秋(訳)
出版社
東洋経済新報社

9位 ライフ・シフト
長寿化が進み、100年以上生きる時代が到来。これからどんな生き方を模索すればいいのか? この本に登場する「3つの無形資産」と「新しい3つのステージ」、そして豊富な「人生のケーススタディー」がヒントを与えてくれます。自分らしい人生の道筋を描くためのガイドブックをあなたに。

人事の超プロが明かす評価基準
人事の超プロが明かす評価基準
著者
西尾太
出版社
三笠書房

10位 人事の超プロが明かす評価基準
会社が社員に求める評価基準って実は普遍的だそうです。その評価基準を、新人~役員の6段階に分けて45のコンピテンシーとしてご紹介。各段階でハイパフォーマーのとる考え方と行動が一目瞭然です! この本で自己分析をすれば、より「評価される人」に近づくための戦略が立てられるはず。

このコラムを友達にオススメする
文責:石渡 翔 (2017/07/26)
1
新装版現代訳 職業としての学問
新装版現代訳 職業としての学問
マックス・ウェーバー 三浦展(訳)
未 読
無 料
リンク
2
残り97%の脳の使い方
残り97%の脳の使い方
苫米地英人
未 読
リンク
3
京都の壁
京都の壁
養老孟司
未 読
リンク
「目的地までボタン一つ」自動運転までの現在地
「目的地までボタン一つ」自動運転までの現在地
2017.05.19 update
リンク
うっかり昇進してしまった!?そんな悩める管理職に届けたい、リーダーシップの本 5冊!
うっかり昇進してしまった!?そんな悩める管理職に届けたい、リーダーシップの本 5冊!
2015.06.05 update
リンク