2019年、flierで最も読まれたのは『学びを結果に変える アウトプット大全』!
あのロングセラーもランクイン!

2019年にflier(フライヤー)で最も読まれたのは、『学びを結果に変える アウトプット大全』でした!

今年も多くの注目作が出版されましたが、とりわけ話題を集めたのは『学びを結果に変える アウトプット大全』『メモの魔力』『FACTFULNESS』の3冊。結果として、上位3冊の顔ぶれは2019年上半期ランキングとまったく同じでした。

このランキング結果から読み解けるのは、知的生産(アウトプット/インプット)に対する関心の高まりです。第1位の『学びを結果に変える アウトプット大全』は、アウトプットのノウハウが数多く掲載されており、自分に合った方法を見つけやすい「大全」形式となっています。これも本書が多くの方に読まれた理由でしょう。

第2位にランクインした『メモの魔力』も、知的生産に関する一冊です。その内容の有効性は、SHOWROOM代表である前田裕二氏の行動力と実績に裏付けられています。また本書は、紀伊國屋書店でモレスキンとコラボレーションしたノートが販売されたことなどでも、広く注目を集めました。

第3位の『FACTFULNESS』は、言わずとしれた世界的ベストセラー。世界中の統計情報という「インプット」という部分に力点が置かれた一冊です。正しい入力なくして、正しい出力はありません。フェイクニュースが話題になる昨今だからこそ、読むべき一冊だと言えます。

その他ベストセラーも多数ランクインした、2019年の年間ランキング。気になる書籍がございましたら、まずは要約からチェックいただければ幸いです。いまならベスト3の書籍が無料公開中!

2019年の上半期ランキングはこちらから。

※ランキングはflier有料会員の閲覧にもとづいて作成されています。

1位『学びを結果に変える アウトプット大全』

学びを結果に変える アウトプット大全
学びを結果に変える アウトプット大全
樺沢紫苑
サンクチュアリ出版
本の購入はこちら
学びを結果に変える アウトプット大全
学びを結果に変える アウトプット大全
著者
樺沢紫苑
出版社
サンクチュアリ出版
本の購入はこちら

たくさんインプットしているのに結果につながらない……そんな人におすすめしたい一冊です。本書によると、インプットとアウトプットの黄金比は3:7。思うように成長しない原因は、アウトプットの少なさにありそうです。本書が指南する、精神科医流の「話す」「聞く」「行動する」を実践すれば、自ずと結果は変わってくるはず。老若男女問わず、成長をめざす全ての人に。

2位『メモの魔力』

メモの魔力
メモの魔力
前田裕二
幻冬舎
本の購入はこちら
メモの魔力
メモの魔力
著者
前田裕二
出版社
幻冬舎
本の購入はこちら

本書の著者であるSHOWROOM代表、前田裕二さんは「僕にとってメモは『生きること』である」と断言します。また著者によると、メモを通して「抽象化」することを習慣づければ、知的生産ができるだけでなく、メモを通して自分の軸を見つけることさえできるといいます。ビジネスパーソンはもちろんのこと、就職活動を控えた学生にもぜひお読みいただきたい一冊です。

3位『FACTFULNESS』

FACTFULNESS
FACTFULNESS
ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作(訳),関美和(訳)
日経BP
本の購入はこちら
FACTFULNESS
FACTFULNESS
著者
ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド 上杉周作(訳) 関美和(訳)
出版社
日経BP
本の購入はこちら

人類が克服するべき「10の思い込み」とは何でしょうか。本書では、 私たちがいかに「真実」を知らないのか、そしてなぜ「真実」から遠ざかっているのかが明らかにされます。データに頼り切ってしまうのは時として危険ですが、データを無視して判断するのはさらに危険です。「危機が差し迫っていると感じたら、最初にやるべきなのはオオカミが来たと叫ぶことではなく、データを整理することだ」。オオカミ少年になることなく、より鮮明に世の中を見通せるようになる一冊です。

4位『超効率勉強法』

超効率勉強法
超効率勉強法
メンタリストDaiGo
学研プラス
本の購入はこちら
超効率勉強法
超効率勉強法
著者
メンタリストDaiGo
出版社
学研プラス
本の購入はこちら

「語呂合わせで覚える」「重要箇所にハイライトをひく」「忘れる前に復習する」。こうした定番勉強法が、実は科学的には非効率ということをご存じでしょうか? 勉強法の常識をガラリと変えてくれるのが、メンタリストDaiGo氏による『超効率勉強法』です。禁断の学習メソッドを実践すれば、勉強の効率と効果が上がり、なりたい自分を現実化するための最短距離を見つけられるはずです。

5位『学び効率が最大化する インプット大全』

学び効率が最大化する インプット大全
学び効率が最大化する インプット大全
樺沢紫苑
サンクチュアリ出版
本の購入はこちら
学び効率が最大化する インプット大全
学び効率が最大化する インプット大全
著者
樺沢紫苑
出版社
サンクチュアリ出版
本の購入はこちら

『アウトプット大全』で日本中にアウトプットブームを巻き起こした「日本一アウトプットする精神科医」、樺沢紫苑氏。樺沢氏によると、アウトプットありきでインプットを行うことで、加速度的に自己成長することができるといいます。インプットしているはずなのに、なぜかうまくアウトプットできていない――そんな方に強くおすすめしたい一冊です!

6位『神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り』

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
星渉
KADOKAWA
本の購入はこちら
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
著者
星渉
出版社
KADOKAWA
本の購入はこちら

何をやってもうまくいく人とそうでない人、いったいどこが違うのでしょうか? 本書によると、それは「メンタルの差」。「神メンタル」を身につければ、人生は思い通りになるといいます。本書では、心理学・脳科学的に「神メンタル」を作る方法が指南されます。本書を読んで“神メンタル”を手に入れれば、もう怖いものなし! さあ、成功への一歩を踏み出しましょう。

7位『頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き』

頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き
頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き
塚本亮
すばる舎
本の購入はこちら
頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き
頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き
著者
塚本亮
出版社
すばる舎
本の購入はこちら

朝型生活は、朝集中して取り組んだことの成果だけでなく、自己効力感や自信ももたらしてくれるそうです。心理学を学んだ著者が、心の動きをコントロールしつつ楽しく早起きするコツを教授します。「つらい早起き」に苦しんできた方、必読です。

8位『0秒で動け』

0秒で動け
0秒で動け
伊藤羊一
SBクリエイティブ
本の購入はこちら
0秒で動け
0秒で動け
著者
伊藤羊一
出版社
SBクリエイティブ
本の購入はこちら

動ける人と動けない人の違いはどこにあるのでしょうか。本書によると、そのうちの一つは、「思い立ったらすぐ行動」→「行動したら振り返って気づきを得る」という形で常にサイクルを回せるか否か。また、自分の中で思考の「軸」を確立することも重要だといいます。なかなか「最初の一歩」が踏み出せない、すべての人に。

9位『1分で話せ』

1分で話せ
1分で話せ
伊藤羊一
SBクリエイティブ
本の購入はこちら
1分で話せ
1分で話せ
著者
伊藤羊一
出版社
SBクリエイティブ
本の購入はこちら

昨年のビジネス書グランプリで総合第2位を獲得するなど、各所で話題をさらった一冊。孫社長もお墨付きのプレゼン術がまとめられており、そのカバー範囲は、根回しからアフターフォローまで。プレゼンにおける「良い例」と「悪い例」が見開きで提示されており、直感的に理解しやすいように工夫されているのもうれしいポイントです。これ一冊であなたのプレゼンはみるみる変わる!

10位『プレゼンの語彙力』

プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
KADOKAWA
本の購入はこちら
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
著者
下地寛也
出版社
KADOKAWA
本の購入はこちら

ちょっとした言い回しを取り入れるだけで、あなたのプレゼンは整理され、魅力的なものになります。本書で紹介されているのは、たとえば、「グーグルを一緒にやっつけましょう!」と壮大な敵をライバル視して自信を示したり、聞き手の興味をひくためにランキングを使ってみたり、といったさまざまなTips。イラスト入りで読みやすく、使いやすい一冊です。

このコラムを友達にオススメする
文責:石渡翔 (2019/12/18)

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
人は話し方が9割
人は話し方が9割
永松茂久
未 読
リンク
2
世界一ワクワクするリーダーの教科書
世界一ワクワクするリーダーの教科書
大嶋啓介
未 読
リンク
3
SUPER MTG スーパー・ミーティング
SUPER MTG スーパー・ミーティング
スティーヴン・G・ロゲルバーグ 桜田直美(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年4月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年4月号)
2020.04.01 update
リンク
いかにアーティストの思考を得るのか『アート思考』
いかにアーティストの思考を得るのか『アート思考』
2020.03.30 update
リンク
出版社のイチオシ#029
出版社のイチオシ#029
2020.03.27 update
リンク
出版社のイチオシ#028
出版社のイチオシ#028
2020.03.13 update
リンク

Interview
インタビュー

仕事を面白くしたいなら「推論法」を身につけよう
仕事を面白くしたいなら「推論法」を身につけよう
2020.04.02 update
リンク
なぜ、いま「アート思考」がビジネスパーソンに必要なのか?
なぜ、いま「アート思考」がビジネスパーソンに必要なのか?
2020.03.26 update
リンク
超ホワイト企業「佰食屋」が生んだ「奇跡のビジネスモデル」とは?
超ホワイト企業「佰食屋」が生んだ「奇跡のビジネスモデル」とは?
2020.03.05 update
リンク
【対談】世界の見方が変わる名著、『FACTFULNESS』大ヒットの舞台裏に迫る
【対談】世界の見方が変わる名著、『FACTFULNESS』大ヒットの舞台裏に迫る
2020.02.25 update
リンク
1
人は話し方が9割
人は話し方が9割
永松茂久
未 読
リンク
2
世界一ワクワクするリーダーの教科書
世界一ワクワクするリーダーの教科書
大嶋啓介
未 読
リンク
3
SUPER MTG スーパー・ミーティング
SUPER MTG スーパー・ミーティング
スティーヴン・G・ロゲルバーグ 桜田直美(訳)
未 読
リンク
マーケティングのイロハも知らないのに、 マーケティング担当になった人が読む本 5選
マーケティングのイロハも知らないのに、 マーケティング担当になった人が読む本 5選
2015.06.28 update
リンク
事業成功の最強ツール、「KPIマネジメント」の極意とは?
事業成功の最強ツール、「KPIマネジメント」の極意とは?
2018.10.04 update
リンク