2020年上半期、flierで最も読まれたのは『人は話し方が9割』!
コミュニケーションに関する本が数多くランクイン

2020年上半期、flier(フライヤー)で最も読まれたのは『人は話し方が9割』でした!

今年の上半期ランキングは、「コミュニケーション」に関する書籍が数多くランクインしたと言えます。第1位『人は話し方が9割』もそのうちの一冊。うまく他人とコミュニケーションを取るための方法を説いた本書は、どのような立場の人にとっても参考になることが多く、自己肯定感を取り戻すうえでも大きく役に立つでしょう。

第2位『できるリーダーは、「これ」しかやらない』は、どうやって部下とコミュニケーションするべきかを説いた本です。働き方改革の影響で業務時間が短くなるなか、プレーヤーとしての業務に追われ、マネジメントに十分な時間を取れていないリーダーは少なくありません。リーダーとしてどう振る舞うべきか、部下のやる気をどうやって引き出すべきかが、わかりやすく紹介されています。

第3位『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』は主に働き方について書かれた本ですが、そこにはコミュニケーションに関する重要な指摘が含まれています。フィンランドの職場では、平等でオープンな関係性が築かれており、制度面で日本が学ぶべきことは少なくありません。またフィンランドといえばサウナのメッカ。日本でも最近注目を集め始めているサウナですが、フィンランドでは仲間との交流のための場にもなっているそうです。

その他、新型コロナウイルスの流行に関連した書籍も注目を集めています。第12位『新型コロナウイルスの真実』も第20位『ペスト』も、どちらもflierでの要約公開は4月ながら、多くの方に読まれました。

気になる書籍がございましたら、まずは要約からチェックいただければ幸いです。

2019年の年間ランキングはこちらから。

第1位『人は話し方が9割』

人は話し方が9割
人は話し方が9割
永松茂久
すばる舎
本の購入はこちら
人は話し方が9割
人は話し方が9割
著者
永松茂久
出版社
すばる舎
本の購入はこちら

もっと話し方がうまければ、仕事もプライベートももうまくいくのに――そう思ったことはありませんか? でも実は、人に好かれる人は、特別なことはほとんどやっていません。誰にでも身につけることが可能な「ほんのわずかな違い」が、コミュニケーションのうまさを決めるのです。

言葉だけのテクニックに頼らない、本質的な「話し方」がわかる一冊!

第2位『できるリーダーは、「これ」しかやらない』

できるリーダーは、「これ」しかやらない
できるリーダーは、「これ」しかやらない
伊庭正康
PHP研究所
本の購入はこちら
できるリーダーは、「これ」しかやらない
できるリーダーは、「これ」しかやらない
著者
伊庭正康
出版社
PHP研究所
本の購入はこちら

プレイングマネジャーは、自分の仕事に部下のマネジメントにと、本当に忙しいもの。全部自分がやらなければと、長時間残業をして仕事を片づけたり、部下にあれこれ指示出しをしたりしていませんか?

でも実は、業務に追われるリーダーが考えるべきは、「いかに速くやるか」ではなく、「いかに任せていくか」なのです。本書で紹介される具体的なアプローチを実践すれば、部下を覚醒させ、「この人と頑張りたい」と思わせることができるはず。

第3位『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』

フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
堀内都喜子
ポプラ社
本の購入はこちら
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
著者
堀内都喜子
出版社
ポプラ社
本の購入はこちら

職場で「働き方改革」といわれても、「家庭より仕事を優先しなければ」という価値観がまだまだ残っているという方もいるのではないでしょうか。「本当は生産性高く働いて、プライベートも大事にしたい」。そんな方への学びの宝庫が、3年連続幸福度1位の国・フィンランド。フィンランド人は、就業時間中に効率よく働き、退勤時間になったらすぐに帰宅するそうです。

「なぜそれが可能なの?」と気になった方は、ぜひフィンランド流の働き方の真髄を本書から学んでみてください。

第4位『ヤバい集中力』

ヤバい集中力
ヤバい集中力
鈴木祐
SBクリエイティブ
本の購入はこちら
ヤバい集中力
ヤバい集中力
著者
鈴木祐
出版社
SBクリエイティブ
本の購入はこちら

「もっと集中力があれば、残業を減らせるのに」「リモートワークだと効率が落ちてしまう」そう考えている方には、この一冊!

実は、人間の基本的システムである本能と理性の特性を理解すれば、誰でも「ヤバい集中力」を発揮することができるのです。本書ではその方法を「獣と調教師」というメタファーを使ってわかりやすく解説してくれます。

集中力は、あらゆるシーンに役立つもの。本書を読んで、「獣」を調教する方法を身につけてみてはいかがでしょうか?

第5位『Think Smart』

Think Smart
Think Smart
ロルフ・ドベリ,安原実津(訳)
サンマーク出版
本の購入はこちら
Think Smart
Think Smart
著者
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
出版社
サンマーク出版
本の購入はこちら

仕事や家庭、投資の決断ミスや失敗を避けるには? そのヒントが詰まっているのが、世界的ベストセラー『Think clearly』著者の最新刊、『Think Smart』。認知心理学や行動経済学などの学術研究から導き出した52の思考法が、知的好奇心をくすぐります。

思考の誤りのメカニズムを学び、スマートに人生を楽しみたい方にぜひ!

第6位『FACTFULNESS』

FACTFULNESS
FACTFULNESS
ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作(訳),関美和(訳)
日経BP
本の購入はこちら
FACTFULNESS
FACTFULNESS
著者
ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド 上杉周作(訳) 関美和(訳)
出版社
日経BP
本の購入はこちら

2019年の話題作が、今回もベスト10にランクインしました。世界はどんどん物騒になっている――多くの人はそう思い込んでいますが、統計によると世界はどんどん良くなっているそうです。人々が世界を誤って認識してしまう原因は、本能からくる思い込みにあります。

著者の提唱する「ファクトフルネス」の態度を日常に取り入れていけば、そうした思い込みから脱し、事実に基づいて判断できるようになるでしょう。何を恐れ、何に希望を持てばいいのかが見えてくる一冊です。

第7位『言語化力』

言語化力
言語化力
三浦崇宏
SBクリエイティブ
本の購入はこちら
言語化力
言語化力
著者
三浦崇宏
出版社
SBクリエイティブ
本の購入はこちら

言葉は武器であり、時には世界を変えることすらある――本書の著者は、そう言います。あなたはこの武器を、うまく使えているでしょうか?

著者によれば、印象に残る言葉を生み出すポイントはたった4つ。オンラインでもオフラインでも、また仕事でもプライベートでも誰もが使っている道具だからこそ、こうしたポイントを意識するだけでガラリと印象が変わるはずです。武器を磨いて、チャンスに備えませんか。

第8位『時間革命』

時間革命
時間革命
堀江貴文
朝日新聞出版
本の購入はこちら
時間革命
時間革命
著者
堀江貴文
出版社
朝日新聞出版
本の購入はこちら

「時は金なり」とはよく言われることですが、そのことを常に意識して生きている人はどれだけいるでしょうか。本書の著者である堀江貴文氏は、時間を「誰もが平等に手にできる、唯一の資産」だとし、「その価値を最大化することに、すべてを注がなければいけない」といいます。

堀江氏によると、時間には「自分時間」と「他人時間」の2種類があり、自分時間を増やして他人時間を減らせば人生の質がアップするとのこと。まずは、今その時間が「自分時間」なのか「他人時間」なのか考えることから始めてみませんか。

第9位『睡眠こそ最強の解決策である』

睡眠こそ最強の解決策である
睡眠こそ最強の解決策である
マシュー・ウォーカー,桜田直美(訳)
SBクリエイティブ
本の購入はこちら
睡眠こそ最強の解決策である
睡眠こそ最強の解決策である
著者
マシュー・ウォーカー 桜田直美(訳)
出版社
SBクリエイティブ
本の購入はこちら

睡眠との正しい向き合い方を知りたい方は、この本を手に取るべきでしょう。睡眠に関する基礎知識から、いま注目されている研究まで、これ一冊で理解できるようになります。睡眠を十分に取れば、肥満や病気になりにくくなるだけでなく、記憶力や運動スキルまで高まるといいます。

本書を読み、十分な睡眠を取る習慣が身に付けば、仕事や私生活がより豊かになるのは間違いありません。

第10位『10分読書』

10分読書
10分読書
吉田裕子
集英社
本の購入はこちら
10分読書
10分読書
著者
吉田裕子
出版社
集英社
本の購入はこちら

「忙しくて、読書の習慣がつかない」「もっといろんな本を読みたいのに、興味をもてる本が見つからない」そんな方は、ぜひ本書を!

本書の著者は、国語教師。そんな著者が提案するのは、1日に10分の読書を習慣づける「10分読書」。たった10分と思うかもしれませんが、意外とたくさん読めるものだといいます。

また、読書のメリットや、次に読むべき本の探し方など、読書をもっと楽しむ情報が満載なのもおすすめポイント。読書に挑戦したい方の背中を押してくれるだけでなく、本好きな方にとって大いに共感できる一冊となっています。

このコラムを友達にオススメする
文責:石渡翔 (2020/06/16)

今週の要約ランキング

1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
雑談の一流、二流、三流
雑談の一流、二流、三流
桐生稔
未 読
リンク
3
1日誰とも話さなくても大丈夫
1日誰とも話さなくても大丈夫
鹿目将至(著) 鳥居りんこ(取材・文)
未 読
リンク

イチオシの本

「歴史」から現在と未来を見通す3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第3回】 「歴史」から現在と未来を見通す3冊
2020.12.01 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年10~11月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年10~11月)
2020.11.30 update
リンク
読書の秋に読んでおきたい名著5選
読書の秋に読んでおきたい名著5選
2020.11.20 update
リンク
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
2020.11.18 update
リンク

インタビュー

人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
2020.11.24 update
リンク
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
2020.10.28 update
リンク
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
2020.10.21 update
リンク
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
2020.10.15 update
リンク
1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
雑談の一流、二流、三流
雑談の一流、二流、三流
桐生稔
未 読
リンク
3
1日誰とも話さなくても大丈夫
1日誰とも話さなくても大丈夫
鹿目将至(著) 鳥居りんこ(取材・文)
未 読
リンク
本質は相互の理解 『LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲』
本質は相互の理解 『LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲』
2017.08.25 update
リンク
「朝1時間」のモーニングルーティンで人生が変わる!
「朝1時間」のモーニングルーティンで人生が変わる!
2020.10.05 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る