2021年、flierで最も読まれたのは??

2021年、flierで最も読まれたのは??

2021年、フライヤー(flier)で最も読まれたのは、上半期の結果を覆すことなく、『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 』でした!

上半期ランキングに引き続き、トップ3は2017~18年刊行の書籍ですし、トップ10全体を見ても既刊のロングセラーが上位を占めています。このトレンドは、2020年と共通している現象ですね。『アウトプット大全』に至っては3年連続のランクインです。

一般的なビジネス書の読者層は40〜50代と言われており、これらの本の中心的な読者層もそこに重なっているはずです。ただ、フライヤーで核となるユーザー層は30代の若手であることを考えると、そうしたロングセラーが、フライヤーを通してきちんと若い世代にも届けられていることがわかります。年代別でどのような要約がよく読まれているかを見てみると、過去の名著をリアルタイムでは知らない世代であっても、きちんとリーチしているのです。flierでは引き続き、若い世代に向けて既刊本を届けていくことも、しっかり意識して参ります。

新型コロナウイルスへの対応に人々は慣れて、ワクチン接種も広まり、段々と「日常」を取り戻していった今年。終わらない不安はどこかに残るものの、仕事にも人生にも前向きに取り組みたい思いが、ランキングに現れているように感じます。特に、「すぐに実行する」「結果を出す」「伝える」というアウトプット、外に向かって表現、表明することが重視されているようです。それを人生を変えることにもつなげていきたい。その思いは、閉じこもっていた一年から抜け出し、「自分の殻を破りたい」ということなのかもしれません。

第1位『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 』は、「やれない人」である自分の殻を破り、実行の人になるためにうってつけの本です。この場合の自分の殻とは「環境」だったり「目的意識」だったりとさまざまです。何を変えていけば変われるのか。自分を箱の内側に閉じ込めたままにしているものは何なのか、この本から探っていきましょう。

第2位『学びを結果に変える アウトプット大全』は、2019年にはフライヤー年間ランキング1位、2020年もトップ10にランクインしていましたが、今回2位と順位を戻してきました。内にこもるとついインプットばかりになってしまうからこそ、外に表出していくことの大切さがずっと注目されているのでしょう。この本は「行動する」こともアウトプットの一環として大事にしていることが特徴です。

第3位の『人生を変えるモーニングメソッド』は、毎日向き合うことになる自分の朝の過ごし方を変えていくためのノウハウ集。多くの著名人がYouTubeなどで「モーニングメソッド」を公開して話題になっていますが、成功した習慣を真似することは、自分を変えるきっかけをつかむのにちょうどよい方法です。朝から自分の殻を破っていきましょう。

そのほかにも、年間通して注目されていた『本当の自由を手に入れる お金の大学』など、話題書も多数入っています。

気になる書籍がございましたら、まずは要約からチェックいただけますと幸いです。

2020年の年間ランキングはこちらから。

※ランキングはflier有料会員の閲覧にもとづいて作成されています。

1位 『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣
「すぐやる人」と「やれない人」の習慣
塚本亮
明日香出版社
本の購入はこちら
「すぐやる人」と「やれない人」の習慣
「すぐやる人」と「やれない人」の習慣
著者
塚本亮
出版社
明日香出版社
本の購入はこちら

「パッと動けばいいことはわかっているのにできない」「すぐやれる人が羨ましい」――そんなあなたは、ぜひ本書を読んでみてください。「やれない」のはあなたの性質のせいではないこと、ルーティン(習慣)次第で人生が変えられることがわかるはずです。

本書によると、モチベーションには鮮度があり、「やりたい!」と思ったときが実行すべきタイミングです。「すぐやる人」になりたいなら、まずは今すぐ要約を読んでみましょう!それだけでも、「すぐやる人」に大きく近づけるはずです。

2位 『学びを結果に変える アウトプット大全』

学びを結果に変える アウトプット大全
学びを結果に変える アウトプット大全
樺沢紫苑
サンクチュアリ出版
本の購入はこちら
学びを結果に変える アウトプット大全
学びを結果に変える アウトプット大全
著者
樺沢紫苑
出版社
サンクチュアリ出版
本の購入はこちら

『学びを結果に変える アウトプット大全』が今年もランクイン!

本書は、たくさんインプットしているのに結果につながらないと悩む人におすすめしたい一冊です。本書によると、インプットとアウトプットの黄金比は3:7。もし思うように成長しないことに悩んでいるなら、本書のメソッドを参考に、アウトプットを増やしてみてはいかがでしょうか? ぜひ、本書の後に出版された『学び効率が最大化する インプット大全』とあわせてチェックしてみてください!

3位 『人生を変えるモーニングメソッド』

人生を変えるモーニングメソッド
人生を変えるモーニングメソッド
ハル・エルロッド,鹿田昌美(訳)
大和書房
本の購入はこちら
人生を変えるモーニングメソッド
人生を変えるモーニングメソッド
著者
ハル・エルロッド 鹿田昌美(訳)
出版社
大和書房
本の購入はこちら

リモートワークの機会が増え、通勤がなくなった時間を朝活に充てている人も多いでしょう。一方で、始業ギリギリまで寝ている人もいるかもしれません。もし朝の過ごし方に課題意識があるなら、本書がおすすめです。

本書で提案される「モーニングメソッド」とは、瞑想やアファメーションなどといった6つの習慣を毎朝行うもの。誰でもすぐにできるものばかりですが、この習慣によって著者の人生は一変したのだそう。

早起きを習慣化するコツについても詳しく解説されているので、早起きが苦手な方もご安心を。明日から早起きしたくなること請け合いの一冊です!

4位 『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』

5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
ひきたよしあき
大和出版
本の購入はこちら
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
著者
ひきたよしあき
出版社
大和出版
本の購入はこちら

ビジネスパーソンには、自分の考えを言葉にして伝えなければならない場面がたくさんあります。「言葉」にすることに苦手意識がある方には、本書がおすすめです。30年以上もの間、学生たちの「言葉にできないコンプレックス」に向き合ってきた著者は、本書を通じて5日間で実行できる言葉のトレーニングを提案しています。平日5日間でちょうど終わるトレーニングは、実践してみると想像しなかったほどの言葉の力が、自分の中から生まれるのを感じられるかもしれません。

5位 『本当の自由を手に入れる お金の大学』

本当の自由を手に入れる お金の大学
本当の自由を手に入れる お金の大学
両@リベ大学長
朝日新聞出版
本の購入はこちら
本当の自由を手に入れる お金の大学
本当の自由を手に入れる お金の大学
著者
両@リベ大学長
出版社
朝日新聞出版
本の購入はこちら

そろそろお金についてちゃんと考えなければと思ってはいても、毎日の忙しさについ後回しにしてばかり。そんな人には、圧倒的なわかりやすさで超王道な「お金にまつわる5つの力」を教えてくれる本書がおすすめです。「もっと早く知りたかった!」「これならできそう!」が満載の本書は、お金の勉強を始めたい人にぴったりの一冊です。

6位 『1分で話せ』

1分で話せ
1分で話せ
伊藤羊一
SBクリエイティブ
本の購入はこちら
1分で話せ
1分で話せ
著者
伊藤羊一
出版社
SBクリエイティブ
本の購入はこちら

本書は、2018年3月に刊行されて以来、多くの人から絶賛され、ベストセラーとしての地位を確立した一冊です。孫社長のお墨付きを受けた黄金のプレゼン術がまとめられており、そのカバー範囲は、根回しからアフターフォローまで。プレゼンにおける「良い例」と「悪い例」が見開きで提示されており、直感的に理解しやすいように工夫されているのもうれしいポイントです。

プレゼンの勝率を上げたい人はもちろん、報・連・相をコンパクトにできるようになりたい人も、まずこの本を!

7位 『科学がつきとめた「運のいい人」』

科学がつきとめた「運のいい人」
科学がつきとめた「運のいい人」
中野信子
サンマーク出版
本の購入はこちら
科学がつきとめた「運のいい人」
科学がつきとめた「運のいい人」
著者
中野信子
出版社
サンマーク出版
本の購入はこちら

「あの人はラッキーだな〜。それに引き換え自分は……」となんとなく思ってしまうことは、誰にでもあるでしょう。それに、運がいいかどうかなんて、自力でなんとかできると考えないのが人間。うらやましさだけが募ります。

しかしこの本は、科学的なアプローチで「幸運な人生を送れるかどうかは、自分の考え方次第!」と背中を押してくれるのです。いまをときめく脳科学者が、だれでも運がよくなれる方法を伝授してくれます。みんな、やっぱりラッキーパーソンになりたいものですよね。

8位 『人は話し方が9割』

人は話し方が9割
人は話し方が9割
永松茂久
すばる舎
本の購入はこちら
人は話し方が9割
人は話し方が9割
著者
永松茂久
出版社
すばる舎
本の購入はこちら

もっとうまく話せたら、仕事もプライベートもうまくいくのに――そう思ったことはありませんか? しかし著者によると、無理にうまく話そうとする必要はありません。まずは話していて楽しい人と積極的に話すようにしましょう。すると、自然とうまく話せて、自信がつくはずです。

2020年に続き、2021年のビジネス書ランキング(日販調べ)でも第1位に輝いた本書。すでに読んだ方も、読み直して復習しませんか?

9位 『やめる時間術』

やめる時間術
やめる時間術
尾石晴(ワーママはる)
実業之日本社
本の購入はこちら
やめる時間術
やめる時間術
著者
尾石晴(ワーママはる)
出版社
実業之日本社
本の購入はこちら

本書の著者は、2人の子育てをワンオペで行いながら外資系企業で管理職を務める、超多忙なワーキングマザー。自分の時間がまったくないほどの忙しさでしたが、使っている時間を「分解」して「やめる時間術」を実践してみることで、時間の使い方が改善できたのだといいます。

お金を増やしたいなら収支を見直すはず。それと同じように、時間をよりよく使いたいなら、まずは現状の時間の使い道を把握しましょう! 忙しくても豊かな人生を送りたい方に、本書をおすすめします。

10位 『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
ディスカヴァー・トゥエンティワン
本の購入はこちら
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
著者
越川慎司
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
本の購入はこちら

「仕事がデキる人」はどこが違うんだろう――本書はそんな疑問に答えてくれる一冊です。

著者は、クライアント企業25社の協力のもと、5%のデキる社員と95%の一般社員、合計約1万8,000人の働き方をリサーチし、収集したデータをAIと専門家で分析しました。その結果をもとに「5%社員」と「95%社員」の違いをまとめています。

「5%社員」の行動習慣は意外とシンプルで、すぐにマネできるものも多くあります。まずは要約をチェックして、今日からトップ社員の仲間入りをしましょう!

このコラムを友達にオススメする
文責:石田翼 (2021/12/17)
今週の要約ランキング
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
「働き方本」のテッパン3冊
「働き方本」のテッパン3冊
2022.11.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
2022.11.26 update
リンク
出版社のイチオシ#085
出版社のイチオシ#085
2022.11.18 update
リンク
「習慣術本」のテッパン3冊
「習慣術本」のテッパン3冊
2022.11.15 update
リンク
インタビュー
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
2022.11.28 update
リンク
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
2022.10.18 update
リンク
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
2022.10.31 update
リンク
出版社のイチオシ#074
出版社のイチオシ#074
2022.06.24 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク