組織活性化にも役立つ「ゆるいコミュニケーション」
目指すのは「ソリューション」でなく「クエスチョン」

人と組織のコミュニケーションを扱う研究者・プロデューサーとして、多彩な活動をする若新 雄純さん。

株式会社NewYouthを運営するほか、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の特任助教、国立福井大学産学官連携本部の客員准教授を務めています。企業向けの人材・組織開発コンサルティングを行う一方で、多様な働き方や組織のあり方を研究・模索する実験的なプロジェクトを多数企画・実施中。

全員がニートで取締役の「NEET株式会社」や女子高生がまちづくりを担う公共事業「鯖江市役所JK課」、週休4日で月収15万円の「ゆるい就職」などをプロデュースされています。

採用や育成、マネジメントの既成概念を取っ払うかのような若新さんの心を突き動かすものは何なのでしょうか?

価値観のグラデーションが認められる社会へ

若新さんは、全員がニートで取締役の「NEET株式会社」や、女子高生がまちづくりを担う「鯖江市役所JK課」のプロデュースなど、多彩に活動されていますね。

若新 雄純さん(以下、若新):JK課は、市政と遠い存在だった女子高生に楽しいまちづくりを考えてもらうことで地域活性を目指すという福井県鯖江市の公共事業です。最初は、僕の所属する慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)との共同研究プロジェクトということで始まりました。あえて年間計画などを事前に設計せずに、いわば「ゆるい市民」と呼べる、普通の女子高生たちに、これまでの市政に変化を起こすための実証実験の真っ最中です。

面白いのは、「市政の現状を変化させること」自体が目的であって、成果や目標が数値化されていないところ。僕はいつも鯖江にいるわけではないのですが、1年やってみて、アプリやオリジナルスイーツの開発、ごみ拾い企画「ピカピカプラン」の実現などたくさん成果が出たのは、市役所職員の強いバックアップのおかげです。彼らはまさに裏方のプロ。特に役割分担を決めたわけではないのですが、僕は映画監督のように全体の構想を考える立場で、職員の方々は、スケジュール管理やメンバーのサポートなどを一手に引き受けてくださっています。みなさん、シナリオや演出を現実のものにしていく実行力に長けている方々ばかり。職員のみなさんのことを、本当に尊敬しています。

現状の変化そのものが目的なのですね。こうした活動のモチベーションはどこから湧いてくるのでしょうか。

若新:原動力は、自分が元々持っていた違和感だと思います。それが今はちょっとずつよい方向に活かせています。

僕は田舎の山奥で長男として生まれ育ち、両親が学校の先生で、「優等生とはこうあるべき」「長男とはこうあるべき」という画一的な価値観を強いられることに違和感を覚えていました。子どもの頃から自意識過剰で、大人になってからも「なぜ組織の中でうまくやれないんだろう」と悩むことも多々ありました。

本来、価値観なんて一つのわけがないし、白黒つけずにグラデーションが認められていいんじゃないかと。街の姿も働き方も、多種多様なマイノリティーが受け入れられる社会になったら面白いんじゃないかと思うようになりました。

もちろん全ての会社が多様な個性を尊重しなくてもいい。やるべきことを指示されるほうがよいと思う人もいますから。そして、個人の志向も、ライフステージに応じて変化していくのが普通だと思っています。働き方を例にとると、最初はフルタイムでバリバリ働き、「ちょっとゆるめたいな」と思ったときに週3日の勤務に切り替え、また仕事に注力したくなったらフルタイムに変えるというふうに。人生のタイミングに応じて、自分の気分が乗る方法をアレンジできればいいですね。

「周辺部」だからこそ、ダイナミックな変化を目指せる

たしかに今の日本では、ゆるキャリとバリキャリみたいに「どっち派」なのか白黒つけたがる風潮があると思います。グラデーションが認められる社会にするために、若新さんはどの分野からメスを入れていこうと考えているのでしょう。

若新:世の中の中核となる部分を変えるのはなかなか大変だし、時間もかかります。僕は全体の大きな方針を変えるよりも、個別に小さくても面白い現象を起こすことのほうが好きみたいです。JK課も、鯖江市政の根幹をいきなり大胆に変えるような施策ではありません。ですが、中核ではない「周辺部」だからこそ、思いっきりダイナミックな変化を目指すことができる。

NEET株式会社も、世のすべてのニートを対象にしているではなく、共感や興味を持ったニートが参加すればよいと思っています。昨年は年商92万円で世界一しょぼい会社ですが、世間からダメとみなされてきた人が取締役になって、小さくても何か変化を起こし続けることに意味があるだろうと。彼らは外から何を言われようと、内発的動機付けがないと動きません。だからこそ、彼らが自ら面白いと思えるかどうかだけに、意義があるなと。

僕たちが目指すのは、問題解決のソリューションではなく「クエスチョン」そのもの。例えば、「ニートが取締役ってどういうこと?」、「そんなのやって意味あるの?」などと、活動に対して「問い」が生まれることを大事にしたいですね。

ソリューションではなくクエスチョンですか。 若新さんの活動からは一貫して、ニートや就活アウトローといったマイノリティーの成長や変化を強く信じておられるのを感じます。彼らと協働するうえで意識されていることってありますか。

若新:意識しているのは、一人一人のリアリティにあふれたコミュニケーション。複雑な感情が渦巻く生々しい集団なので、僕もよく傷つきます…。すぐケンカが勃発しますし(笑)

ですが、人の可能性を信じたいという気持ちがベースにあります。信じて裏切られるかもという恐怖より、信じるとどうなるのかという好奇心の方が上回っている感じですね。

JK課やゆるい就職などの斬新なアイデアを、コラボレーションの中で次々と生み出し、実現していく秘訣は何でしょうか。

若新:一緒に活動する人との温度をできるだけ近くすることですかね。最近は温度というより「湿度」のほうがしっくりきますかね。僕の心の中はジメジメしていて、物事の表側だけでなく、裏側も見たくなってしまう。そんな湿っている僕が、一見カラッとしたドライな人たちと一緒に何かをやる場合は、お互いの湿度が同じくらいになるよう、歩み寄ります。

一緒に相手のところへ「降りていく」というのは、単に「偉そうにしない」ということではなく、自分自身の不完全で湿ったところを開示するという意味です。人間としての葛藤や弱さそのものを体現するのは、しんどいときもありますが、続けるうちに相手との心の距離が縮まってくるような気がしています。

激しいぶつかり合いの末に立ち上がる「新しい関係性」

現在取り組まれている「ゆるいコミュニケーション」を軸にした研究について、お話を聞かせてください。

若新:これまでの企業組織などでは、指示する人と指示される人という役割が固定された「かたいコミュニケーション」が一般的でした。このスタイルは効率的ですが、変化に対応しづらかったり、多様性を排除してしまったりというデメリットもあります。そこで、その対極にある「ゆるいコミュニケーション」の可能性を探究するのが研究テーマになっています。

例えばJK課は、男性が多い市役所の世界に、女子高生という異質なものが入りこみます。従来のかたい主従関係にならないようにと、「挨拶や服装などの指導はしない、守るのは法律だけ」というルールにしました。

目指しているのは、親戚のおじさんと子どもみたいな関係性。タメ口で大人に話したとしても、人間としての敬意や信頼があることが大事。ある女の子が、挨拶や礼儀に厳しい職員のことをファーストネームで呼んだことがあったんですが、その職員は「仲間だと思ってもらえてうれしい」と感じたそうです。組織における当たり前の関係をリセットすることで生まれてきた変化だと思いましたね。

ゆるいコミュニケーションって必ずしもやさしいものではないんですよ。NEET株式会社では、色々な感情がストレートに表現されるので、衝突するたびに人格攻撃もかなりありました。その後、あるメンバーが「人格攻撃するのではなくて議論を戦わせないとね」と言い出して。当たり前のことなんですが、体験してみないと、そういうことは実感にならなんですよね。激しいぶつかり合いで傷ついた末に、ちょっとずつ新しい関係が立ち上がってくるのだと思います。

「ゆるいコミュニケーション」が生み出す新しい関係性、非常に興味深いですね! 読書についてもお話を伺いたいのですが、若新さんの価値観に影響を及ぼした本との出合いについて教えてください。

若新:一番面白かった本は、学生時代に読んだ、精神分析学者、エーリッヒ・フロムの『自由からの逃走』です。衝撃的だったのは、現象や考察が淡々と書かれていて、解釈が読み手に委ねられているところ。読者によって重要なところが変わってくるし、読むたびに新しい味わいがある本です。

ナチスのファシズムについて述べた政治的観点で読む人もいれば、家族関係や人間の発達の問題を扱っている本だと捉える人もいます。僕は、人が成長段階に応じて、どんな集団に所属しているのかが変わっていくという内容に面白さを感じました。

自分の葛藤を紐解いていくと、すべての問題は「僕」と「誰か」との関係性の問題に帰着する。人間は社会を知ってしまった以上、無人島ではもう生きていけないし、誰かと関わらないと孤独を感じてしまう。ニートが引きこもり生活に限界を感じるとしたら、収入の問題ではなく、社会とのアクセスを求めている証でもあると思います。

「関係性」がキーワードになっているのですね。2015年内の単著を出版されるとのことですが、どんなテーマの本なのでしょう。執筆中に感じておられることについてもお聞きしたいです。

若新:本のテーマは「コミュニケーションをゆるめるとどうなるのか」です。

実を言うと執筆中は葛藤だらけなんです。答えは一つでないとか言っておきながら、つい「答えらしきもの」を表現したくなってしまうので。疑問に対する唯一の解を出すのではなく、読者の中に「コミュニケーションって?」「関係性って?」といった疑問が深まり、フロムの本のように、新たな問いが生まれるような本を書きたいと思っています。

その点、岡本太郎さんの「太陽の塔」はすごいなと思います。日本が近代国家へと成長を遂げ、科学技術の進歩を礼賛していた時代に、彼は「科学技術が必ずしも人を幸せにするとは限らない」ことを表現していた。ただ、真っ向からアンチテーゼとして表現するのではなく、あえて「よくわからない形」のままそびえ立つことで、見た人に「なんだこれは?」という「問い」を与え、その後もずっと残り続けている。塔に込められた彼のメッセージに、長い時間の中で共感していった人はたくさんいるのではないでしょうか。

ナルシストはメタ認知力が高いグローバル人材予備軍

2014年には既存の前提を疑うグローバル人材予備軍と、企業をつなぐサービス「ナルシスト採用」を始められています。ナルシストがグローバル予備軍なのはどんな点においてでしょうか。

若新:本来のグローバル化に対応できる人とは、いかに学校のクラスで「少数いる変なやつ」を、排除せずに受け入れられるかだと思っています。

実際会ってみると、ナルシストを自覚する若者は、自分が社会の中で一般とされているものよりずれていることをメタ認知している人が多いんです。この世の中を「俯瞰できる力」や、各人の個性の違いを認められる姿勢は、グローバル人材の重要な要素なのではないかと考えています。日本の就職活動はドメスティックで、一つの社会的価値基準に物事を当てはめがちですが、こうした現状「ズレている人材」が入ることで何か変化を起こすきっかけになればと思いました。

最後に、若新さんがこれから挑戦したいこと、夢を教えてください。

若新:変化をつくる実験を、今後も続けていきたいですね。

メディアで発信すればするほど僕自身の成果が問われるし、僕もまだまだ心が弱いので、「◯◯の専門家です」などと、わかりやすく語ろうとしてしまう。でも、「2ちゃんねる」を開設したひろゆきさんのように、何者であるかを名乗らなくても、活動を目にした人が「どういうつもりなんだろう?」と興味をもってくれるような存在になれたらいいなと思います。

単一の価値観や決まった言葉にあてはまらないものを大事にしたいと私も思いました。貴重なお話をありがとうございました!

☆若新さんのおすすめのご本はこちら☆
自由からの逃走 新版
自由からの逃走 新版
著者
エーリッヒ・フロム 著 日高 六郎 翻訳
出版社
東京創元社
本の購入はこちら
このインタビューを友達にオススメする
文責:松尾 美里 (2015/10/22)
1
お金2.0
お金2.0
佐藤航陽
未 読
リンク
2
モチベーション革命
モチベーション革命
尾原和啓
未 読
リンク
3
99%の日本人がわかっていない国債の真実
99%の日本人がわかっていない国債の真実
高橋洋一
未 読
リンク
テクノロジーが変える「つながり」の未来図とは?
テクノロジーが変える「つながり」の未来図とは?
2017.02.03 update
リンク
ハーバードの叡智をアナタに!ハーバードの教えのエッセンスを届ける5冊!
ハーバードの叡智をアナタに!ハーバードの教えのエッセンスを届ける5冊!
2015.09.17 update
リンク