あなたが選ばれないのは〇〇が足りないから――「選ばれる人」の条件とは?
Brew株式会社代表取締役 原 佳弘

フライヤー×サーキュレーションの「知見と経験の循環」企画第8弾。

経営者や有識者の方々がどのような「本」、どのような「人物」から影響を受けたのか「書籍」や「人」を介した知見・経験の循環についてのインタビューです。

今回登場するのは、Brew株式会社代表取締役の原 佳弘さん。

「業界の当たり前」の変革に挑戦し、新規事業開発やマーケティング、営業、販売促進など、幅広いテーマのセミナーや研修の企画、開発を行い、講師のプロデュースを手掛けてこられました。

新卒の会社に在籍中に中小企業診断士取得し、大企業向けの公開セミナー、企業研修、コンサルを行う株式会社マーケティング研究協会に転職。講師とクライエント企業とのマッチングを行う研修エージェントにて、10年間で200人以上の講師・コンサルタントと出会ってこられました。ご自身も研修講師として活動するも、セミナーや研修の企画設計の奥深さと面白さに気付き、裏方としてセミナーや研修プログラムの企画開発と販促マーケティングを専門にしておられます。

2015年9月には、講師の「市場価値のある魅力」を引き出し、売れる講師に変える戦略を立てるプロデューサーとしての知見・経験をもとに、『研修・セミナー講師が企業・研修会社から“選ばれる力”』(同文舘出版)を出版されました。

原さんの執筆の動機は何だったのでしょうか。ご自身の生き方、価値観に大きな影響を与えた本、そして『選ばれる人』になるための秘訣も伝授していただきました。

自分独自のウリは何? 「選ばれる人」を目指すには

ご著書『選ばれる力』を執筆しようと思ったきっかけは何でしたか。

原 佳弘さん(以下、原):これまで培ってきたスキルやノウハウを伝えたいと講師を目指す方が増えています。彼らは第一線で活躍したビジネスパーソンや経営コンサルタントなどが多く、社内講師からは学べないような知見を得ることは非常に価値があります。

ただし、研修講師を選ぶ企業側にとっては、こうした講師やコンサルタントをどうやって選んだらいいかというのが大きな課題でした。経歴だけを見てもその講師が本当に自社の社員にとって役立つ研修やコンサルティングを提供してくれるのかを見分けることは容易ではありません。

そこで、「講師のコンシェルジュ、目利き」の端くれとして企業が講師やコンサルタントを選ぶうえでの指針を本にしたいと思うようになりました。一方、講師やコンサルタントに向けては、講師を目指す人が増えている中で、どう競争力を確保するかというヒントをお伝えしたいと考えました。

講師向けのプレゼンやファシリテーションスキルに関する本はありましたが、マーケティングや営業活動に関する戦略を体系化した類書がなかったため、そのニーズを満たせる本を書きたいという思いに駆られました。

また、本を書いているうちに、競争力を確保することはセミナーを手掛ける講師だけでなく、全てのビジネスパーソンにとっても重要であることに気が付きました。すなわち、自分ならではの提供価値や市場環境を分析し、USP(※1)やセルフブランディングを常に考えていかないといけないというメッセージをこめています。前職時代、クライエント企業の研修受講生で、成長意欲を失ってきてしまった人を見ていました。サラリーマンにしろ、起業をするにかかわらず、自分を磨くことを忘れて受け身で働くスタンスでは、今後はなかなか生き残れないのかもしれません。

社内で新規プロジェクトメンバーに抜擢される、昇進するというのは、何らかの基準で選ばれている証拠。誰にも負けない強みを磨いて「選ばれる」ことは、今後ますます重要になると考えています。

(※1) Unique Selling Propositionのこと。「独自のウリ」という意味。

「選ばれる」ためには何を心掛ければよいのでしょうか。

原:本書『選ばれる力』が特徴的なのは、実践を主眼とするビジネス書において、「選ばれるためには愛や人間性が必要」という抽象的なテーマをあえて盛り込んでいる点です。

クライエント企業や受講生、講師とタッグを組むプロデューサーへの配慮や情熱、人間性がなければ、いくら華々しい経歴や高い能力がある講師でも選ばれることはありません。例えば、クライエント企業に出向くときに、その企業の最近の動向についてきちんと調べているかどうか。相手の言葉ではなく、実際の行動を見れば、その人が信頼できる講師かどうかは一目瞭然です。

ビジネスパーソンも同様に、どんなに優れた経歴や実績があっても、目の前のお客さんや上司から「この人は信頼できる」「細かいところにもよく気が付く」という人間性に対する評価が得られなければ、契約を取れたり重要なポジションを任せられたりすることはないでしょう。

原さんがセミナーや研修プロデューサーの道を極めようと思った理由は何でしたか。

原:根底には、講師の潜在的な魅力を発掘し、市場価値のあるテーマと掛け合わせることで、その方を売れる講師にプロデュースするのが好きという思いがあります。

また、マーケティング的な発想で世の中を捉えてみると、「ワインが売れるときにはワインセラーを売れ」という考え方があるように、講師やコンサルタントを目指す人が増えるならば、その目利きとして、「選ばれる講師」を生み出し、企業の課題解決を図るサービスは、ますます価値が高まると感じたのです。

私はこれまで、講師を選ぶ経験も、クライエント企業に研修を売り込んでいく経験も積んできました。売り込まれる側と売り込む側の双方の気持ちがわかるというのは、自分独自の強みであり、活かさない手はないと考えたのです。

ご自身のキャリアを考えるうえでも、マーケティング的な発想を活かしておられるのですね。

笑わせる技術を体系化した本が、講演や執筆のバイブルに

原さんがこれまで読まれてきた本の中で、人生や価値観に大きな影響を与えた本は何ですか。

原:1つ目は『ウケる技術』(オーエス出版)です。「コミュニケーションはサービスである」というコンセプトのもと、相手を笑わせる話や文脈をどう生み出すかについて体系的かつ構造的に解説してくれています。プレゼンの技術を体系化した本は多数ありますが、ウケるための鉄則をここまで描き出した本はないなと衝撃を受けましたね。人前で話すときや文章を書くときに非常に役立っています。
ウケる技術
ウケる技術
著者
水野 敬也 小林 昌平 山本 周嗣 著
出版社
オーエス出版
本の購入はこちら
2つ目は『なぜあの人だと話がまとまるのか?』(明日香出版社)。組織の中で、メンバーのモチベーションが下がり、部門のパフォーマンスも業績も悪化していくという負のスパイラルをどう食い止めるのか。こうした組織開発の手法が論理的に解説されており、組織やプロジェクトの運営に行き詰まった人にぜひおすすめしたい一冊です。
なぜあの人だと話がまとまるのか? (アスカビジネス)
なぜあの人だと話がまとまるのか? (アスカビジネス)
著者
田村 洋一 著
出版社
明日香出版社
本の購入はこちら
3つ目は、『学習する組織』(英治出版)です。個人の学習ではなく、組織・集団としての学習(ラーニング)のポイントが体系化されていて、目から鱗の連続でした。ダニエル・ピンクの『モチベーション3.0』(講談社)とともに、組織開発に携わる人の必読書だといえます。
学習する組織――システム思考で未来を創造する
学習する組織――システム思考で未来を創造する
著者
ピーター M センゲ Peter M. Senge 著 枝廣 淳子 翻訳 小田 理一郎 翻訳 中小路 佳代子 翻訳
出版社
英治出版
本の購入はこちら

相手を笑わせる技術、ぜひ身につけたいです! 原さんは、本の内容を血肉にするために工夫されている点や、おすすめの読書法はありますか。

原:本での学びを、パワーポイントや白紙に自分なりに図式化するようにしています。そして書き出したものを、企画を立てるときに引っ張り出してくるんです。学んだものは営業やコンサルティングの現場で、後々何かに活用できることが多いのです。

あと、何かのテーマについて勉強したいときは、同じカテゴリーで二冊の本を買って読むことをおすすめしています。わかりやすくて図解や漫画が盛り込まれた基礎的な本と、その道の大家が書いた著名な古典の両方を併読します。そうすれば複眼的に学べるし、難解な内容も途中で投げ出さずに読み進めやすくなります。

女性誌はアイデアの宝庫?!

原さんは研修の企画や、講師の見せ方など、常に新たなアイデアを生み出しておられますが、企画力を磨き、アイデアを実現させるために取り入れている習慣は何ですか。

原:いつ、どこにいても、身の回りのものすべてから学ぶ意識を持つことが大事だと思っています。本や広告、人の会話からも新しい情報やトレンドが見えてきます。起業前にやっていたのは、休日に書店やデパートを歩き回ったり、映画を観たり、普段行かない飲み屋に行ったりすること。書店では、美術や小説など普段あまり見ないコーナーにも目を通し、常に新しいものが目に入る状況をつくっていました。

あと、普段から女性誌にも目を通すようにしています。『CanCam』や『JJ』といったOL向けの雑誌から、森ガール向けの雑誌、主婦向けの雑誌まで幅広く読むことで、女性目線でのササるコピーやデザインを学べます。

あとは、アイデアというか人生のビジョンを実現しやすくするために、「フランクリンプランナー」という手帳を使っています。大事にしたい価値観やミッションステートメント、ビジョンを記入し、折にふれて見返すことで、実現可能性が高まっている気がします。

女性誌から学ぶって斬新です! 手帳でミッションやビジョンを振り返る効果って絶大なのですね。 最後に、原さんが今後挑戦したいことや、執筆の構想があれば教えてください。

原:挑戦したいのは、高校生や大学生にスポットライトを当てたTEDのような研修講師オーディションです。ビジネスパーソンの講師オーディションはたくさんありますが、高校生や大学生が自分の強みや想いをプレゼンすることで、自分のやりたいことを再発見する機会をつくりたいですね。今後は著名人でなくても、誰もが専門家=講師として伝える側にまわる時代になっていきますから。

また、体験と学習を組み合わせて、意欲のある人たちが自ら参加する「インバウンド型研修ツアー」、「世界一周の研修旅行」を企画、実施できないか検討中です。飛行機の移動時間が飛躍的に短縮できれば、各国を巡りながら学ぶ道も開けるんじゃないかと思って。

本の構想としては、先ほど紹介した『ウケる技術』のように、受講生の高い満足度を得られるセミナーの技術を体系化、具体化した『ウケるセミナー解説書』みたいな本を書いてみたいですね。

研修や書籍の構想も広がっているのですね! その解説書、ぜひ読んでみたいです。貴重なお話をありがとうございました。

★原さんのご著書の要約はこちら★
研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」
研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」
著者
原佳弘
出版社
同文舘出版
10年間で200人以上の講師・コンサルタントと出会ってきたビジネスノマド原さん 講師の二極化が起こり、大競争が起きている「講師3.0」の時代で必要なセルフブランディングとは何でしょうか? 切り口を変えることで市場価値を引き出す、 プロデューサー活動について伺ったビジネスノマドジャーナル記事はこちらから
business_nomad_journal
このインタビューを友達にオススメする
文責:松尾 美里 (2015/11/19)
1
RPAの威力
RPAの威力
安部慶喜 金弘潤一郎
未 読
リンク
2
勉強法
勉強法
佐藤優
未 読
リンク
3
残念な職場
残念な職場
河合薫
未 読
リンク
人はなぜ自分を紹介するとき「あ、~です」と言うのか。『不明解日本語辞典』
人はなぜ自分を紹介するとき「あ、~です」と言うのか。『不明解日本語辞典』
2018.07.13 update
リンク
デザイン思考は組織変革の救世主になりうるか? 【前編】
デザイン思考は組織変革の救世主になりうるか? 【前編】
2016.04.21 update
リンク