『マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか』の著者が語る読書術
センジュヒューマンデザインワークス代表取締役 大嶋 祥誉

世界最強のコンサルティング・ファームと称されるマッキンゼー・アンド・カンパニーでの経験や学びをもとに、『マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか』をはじめ、数々のベストセラーを書かれている大嶋 祥誉(おおしま さちよ)さん。

経営戦略・組織改革・リーダー育成プログラム開発などのコンサルティングとベンチャー起業支援に従事され、センジュヒューマンデザインワークスを設立。人材開発コンサルタントとして多方面で活躍されています。

大嶋さんは読書家の一面を持ち、「感性」や「直感」、「ワクワクする気持ちに従うこと」を大事にされています。

彼女がマッキンゼーの「ノート術」に着目された理由は何だったのでしょうか。また、彼女の生き方や価値観に影響を与えてきた本についてもお話を伺いました。

「書く」という行為は創造の原点

『マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか』をはじめ、マッキンゼーでの経験をもとにした本を執筆されているモチベーションは何ですか。

マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか
マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか
著者
大嶋祥誉
出版社
SBクリエイティブ

大嶋 祥誉さん(以下、大嶋):マッキンゼーでの仕事や研修で学んだことが、その後の人生で非常に役立っているので、それを本にして多くの方に活用していただきたいという思いがあります。マッキンゼーでは自律的に動くことが当たり前でしたし、自分がどんな価値を提供できるのかを常に意識させられる日々でした。他の職場では、こうした目線を高く上げた働き方はあまり浸透しておらず、周囲から「その学びを本にしてほしい」というお声をいただいたのを機に、『マッキンゼー流 入社1年目 問題解決の教科書』を執筆することになりました。

マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書
マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書
著者
大嶋 祥誉 著
出版社
ソフトバンククリエイティブ
本の購入はこちら

ご著書の中で、ノート=「問題解決を図るための第2の頭脳」とされていますが、様々な仕事術があるなかで、なぜノート術に注目されたのでしょうか。

大嶋:何かをノートに書くのは、どんな仕事においても基本中の基本ですよね。いくらデジタルが普及しても、手を動かして「書く」というアナログな行為は、思考を深めるプロセスそのものであり、創造の原点だといえます。美術でもデザインでも必ずデッサンのように「書く(描く)」というプロセスを経るのは、そのほうが、アイデアが湧きやすいから。デジタルはあくまで最終アウトプットに向けて清書するツールなんです。 

私は仕事用に使うノート以外にも、心のモヤモヤを書きこむモヤモヤノートや、自分の目標や夢をつづったビジョンノートを持ち歩いています。ビジョンノートには、好きな色のノートに自分の目指す姿を表している写真を貼るなど、ビジュアルに訴えかけることで、そこに書いたことが実現しやすくなります。

大嶋さんは小さい頃から本や図書館が好きだったと伺いました。

大嶋:学生時代は図書館に入り浸りでしたね。推理小説やSF小説が好きで、小学校の頃は江戸川乱歩さんの小学生向けの本や、星新一さんの短編小説、赤毛のアンシリーズなどを読んでいました。中学生になってからは、三浦綾子さんの『塩狩峠』や遠藤周作さんの本、そしてフランスの歴史大河ロマン『アンジェリク』などに夢中でした。

好きなことをとことん極めたくなるオタク気質なところがあって、哲学の本も好きだったんです。探究心の強さは、今もノート術の研究などに活きている気がします。

塩狩峠 (新潮文庫)
塩狩峠 (新潮文庫)
著者
三浦 綾子 著
出版社
新潮社
本の購入はこちら
アンジェリク (1) はだしの女侯爵 (上) (講談社文庫)
アンジェリク (1) はだしの女侯爵 (上) (講談社文庫)
著者
S・ゴロン A・ゴロン 著 井上 一夫 翻訳
出版社
講談社
本の購入はこちら

これまで読まれた本の中で、価値観に大きな影響を及ぼした本や、キャリアの転機を支えた本は何でしたか。

大嶋:エーリッヒ・フロムの『愛するということ』です。これまで「愛する」って自然な行動だと思っていたら、実は「技術」であるという主張に大きな驚きを覚えました。同じくフロムの『生きるということ』は、原題が『To Have or To Be?』で、「何を所有するかよりも、どうありたいかが大事」ということを教わった本です。また、ジェームズ・レッドフィールドの『聖なる予言』という本からは、ブレずにクリアな状態、自然体でいることの大切さを学んだ気がします。

アートやデザインの世界も好きなので、『河北秀也のデザイン原論』からも大きな影響を受けていますね。アートやデザインへの興味を持つようになったのは、アート好きの祖父に、個展や美術館によく連れていってもらったことが影響しているかもしれません。マッキンゼーにいたときも、プレゼンの資料やチャートを書いたりしているとなおさら、仕事=アート(生み出すもの)という意識が強まりましたね。

愛するということ
愛するということ
著者
エーリッヒ・フロム 鈴木晶(訳)
出版社
紀伊國屋書店
生きるということ
生きるということ
著者
エーリッヒ・フロム 著 佐野 哲郎 翻訳
出版社
紀伊國屋書店
本の購入はこちら

ロジカルシンキングは、直感や感性を立証するツール

大嶋さんの本選びの軸を教えてください。

大嶋:スピーディーに多読する本と、じっくり読む本とを分けています。多読するためのスキル系の本は何冊も書店でまとめ買いすることが多いです。例えば、ロジカルシンキングの本を執筆するときは、書店でロジカルシンキングのコーナーに置かれている本を片っ端から開いてみます。

買うかどうかの判断基準は、「直感に訴えかけてくるもの」があるかどうか。一方で、哲学やアートなど、じっくり読みたい本は、一度買ったものを何度も読んで味わいます。

私は直感や感性を大事にしていて、ロジカルシンキングは、直感で自分が「いいな」と思ったものを、ほかの人にも理解してもらえるようにわかりやすく説明、立証するためのツールだと捉えています。人に納得や共感を促し、人を動かすには、自分の主張を支える根拠がいりますよね。

   

コンサルタント出身ということで、直感よりも論理を重視していらっしゃるのかと思っていたので、それは意外ですね! 大嶋さんの感性が、自然と、あるいは意識的に磨かれていった経験や習慣は何でしょうか。

大嶋:瞑想で、五感を研ぎ澄ませるようになったことが大きいですね。20代の頃に瞑想を習い始めたきっかけは、マッキンゼー時代のパートナー(役員)が、瞑想で非常にすっきりされているのを見たこと。感性のセンサーが鋭敏になると、同じ物事を見ていても、自然とキャッチできるものが増えて、アイデアにつながります。今は情報があふれかえっている時代ですが、毎日、自分ひとりで静かに過ごす時間をとることで、自分にとって大事なものが見極めやすくなり、正しい判断につながるのだと思います。

今の世の中って選択肢が多すぎますよね。フロムも言うように、やりたいことが明確でない人は、自由すぎるとかえってストレスを抱えてしまいがち。

こんなキラークエスチョンがあります。「あなたが人生で最もフォーカスすべきだと考えていることは何ですか?」

多くの人は戸惑ってフリーズしてしまいますが、充実した人生を歩んでいる人は、迷いもなく明確に答えます。「人生で」と聞かれると難しいですが、期間を1年、1日などと区切ってもかまいません。こうした本質を探る問いを自分に投げかけることで、「本当にやりたいことは何なのか」が明確になり、最小の力で最大のパフォーマンスをあげられるようになります。

  

その行動は、不安や焦りから? それともワクワクする気持ちから?

フォーカスしたいものを見つけるにはどうしたらいいのでしょう?

大嶋:行動のきっかけが、世間の常識やまわりからの評価を気にして生じた不安や焦りからではなく、自分が純粋に楽しいと感じる気持ちからくるものかどうかを見定めることですね。不安や恐怖に突き動かされてやったことは、往々にしてマイナスの結果につながりやすい。一方、ワクワクする気持ちにしたがって行動したことは、経験上、結果的に喜びをもたらしてくれると感じています。例えば、『マッキンゼー流 入社1年目 問題解決の教科書』を出版する際には、編集者との最初の企画会議のときから非常にワクワクするものがありました。それが10万部突破という良い結果につながったのだと思っています。

  

「楽しいと感じるかどうか」が非常に大事な行動基準になるのですね! 

『マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣』で書かれていたメンターのお話が印象的でした。メンターに出会うために、若い人はどんなことを意識すればいいとお考えですか。
マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣
マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣
著者
大嶋祥誉 著
出版社
アスコム
本の購入はこちら

大嶋:「この人、素晴らしい」と思う先輩がいたら、ランチに誘うことです。ランチなら、飲み会とちがって1時間程度と時間も区切られていますし、相手も気軽に応じやすい。率直に「先輩の○○なところがすごいと思ったので、詳しく教えてほしい」といえば、相手も嬉しいですからね。ランチをきっかけに仲良くなっていくことは多かったです。これは若いときの特権ですから使わない手はありません。

   

女性の生き方のロールモデルとしても大嶋さんのことを尊敬しているのですが、自分らしいキャリアをどのように見つけていったらいいか迷っている方、特に女性に向けてのメッセージをいただけますか。

大嶋:どんなキャリアにおいても、女性特有の良さを活かすことを大事にするといいなと思います。あくまで一般的な傾向ではありますが、女性のほうが「人をはぐくむ力」や「共感する力」に長けていることが多いように感じます。

あとは、男女問わず「自分が本当に好きなのは何か」という根源を探ることをおすすめします。もし漠然と悩んでいるのなら、まずは目の前の仕事に真剣に打ち込むことが大事。100%のクオリティーで物事をやり遂げる経験によって、新たに見えてくるものがあるはずです。

最後に、大嶋さんの夢を教えてください。

大嶋:今後も本の執筆を通じて、読者を元気づけたい、インスパイアしたいと思っています。ただ個別のスキルを伝えるというよりは、本を通じて、読者のライフデザイン(人生のデザイン)をサポートしたいという思いが強くあります。それが自分を「ライフコンセプトデザイナー」と位置付けている理由でもあります。今後は小説という形で発信する可能性も探ってみたいですね。

ノートによって思考を深めつつ、自分の直感のセンサーを磨くこと、そして探究心や「ワクワクする気持ち」に従うことの大切さを改めて実感しました。ありがとうございました!

大嶋さんのご本の要約はこちらから!
マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか
マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか
著者
大嶋祥誉
出版社
SBクリエイティブ
このインタビューを友達にオススメする
文責:松尾 美里 (2015/11/24)
1
「かたづけ思考」こそ最強の問題解決
「かたづけ思考」こそ最強の問題解決
小松易
未 読
リンク
2
メルカリ
メルカリ
奥平和行
未 読
リンク
3
知的生活の設計
知的生活の設計
堀正岳
未 読
リンク
人生100年時代を生きる人のための健康寿命をのばす5冊
人生100年時代を生きる人のための健康寿命をのばす5冊
2017.08.23 update
リンク
世界水準の「伝える力」を身につけるには?
世界水準の「伝える力」を身につけるには?
2017.04.27 update
リンク