【インタビュー】
脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
片づけられないのにはワケがあった!

脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」

「片づけが苦手」「捨てるものを選べない」。その原因は、「脳のクセ」にあるそうです。片づけが得意な「片づけ脳」になるための脳番地トレーニングを解説したのが、『片づけ脳 部屋も頭もスッキリする!』(自由国民社)。著者である加藤俊徳さんは、1万人以上を脳画像診断し、診断・治療してきた経験から、『脳の強化書』などのベストセラーを生み出してきた脳内科医です。実は「片づけ」には思わぬ効用があるといいます。その効用とは? 「片づけ脳」を身につけて、高い生産性と創造性を発揮できる人になるための秘訣をお聞きしました。

脱・片づけベタのカギは「弱い脳番地」を知ることにアリ

── 『片づけ脳 部屋も頭もスッキリする!』は、片づけ×脳科学という着眼点が斬新だと感じました。加藤さんがこの本で一番伝えたかったメッセージは何ですか。

1つは、片づけられないと悩む人には、まずは自分の脳の個性を知ってほしいということです。これまで1万人以上の脳画像診断を行うなかで、脳にはさまざまな役割が与えられた、1000億個以上の神経細胞などで構成され、日々の刺激で成長していくことがわかりました。これらの細胞が集まった場所を、「脳番地」と名づけ、機能別に8つの区分に分類しています。具体的には、視覚系、理解系、運動系、思考系、記憶系、感情系、聴覚系、伝達系です。

脳を鍛えるというと、1つの脳トレをこなせば脳全体が強化されるイメージがありませんか? 実は、これまでの脳トレは一人ひとりの脳の個性に対応していなかったのです。
本来なら、脳番地のどこが強いか、弱いかは人によってさまざま。なぜなら人間は、過去の記憶という名の経験によってつくられたネットワークを脳内に張り巡らしており、脳とは、その人の人生経験や記憶の集大成だからです。たとえば、「小さい頃から運動が好きで運動系脳番地は鍛えられている。けれども、人に何かを伝えるのは苦手で伝達系脳番地は成長の余地がある」といったことが当然あるわけです。



大事なのは、「自分の脳に合った方法で、脳の強みを伸ばし、弱みを補強する」という発想です。本書では、脳番地のどこが弱いのかを知るチェックリストもあります。視覚系脳番地が弱い人は、散らかっていても気にならず、放置してしまう。記憶系脳番地が弱い人は、置いた場所を覚えていない。このように、片づけが上手くいかない理由に応じたアプローチが必要です。 自分の脳番地の傾向に応じたトレーニングを続けると、片づけが得意になります。

片づけ脳
片づけ脳
加藤俊徳
自由国民社
本の購入はこちら
片づけ脳
片づけ脳
著者
加藤俊徳
出版社
自由国民社
本の購入はこちら

片づけは、内省を深める絶好のチャンス

── 片づけ脳が身につくと、片づけが得意になる以外にもメリットがあると聞きました。詳しくお聞きしたいです。

片づけ脳がもたらしてくれるメリットは、会話が上手になる、観察力が身につく、集中力が上がるなど、多岐にわたります。なぜそんなにいいことづくめかというと、片づけを通じて内省を深められるからなんです。これが本書で伝えたかったもう1つのメッセージです。

── 内省を深められるのはなぜなのでしょう?

片づけの最中は、目の前にあるモノを捨てるかどうか判断したり、手を動かして整理したりしますよね。このとき、普段意識していない自分の判断基準が明らかになります。見ないふりをして机の上に積み上げてきたものや、棚や箱にしまってきたもの。これらは、自分がたどってきた軌跡そのものといっていい。整理整頓をするときには、それを客観視することになります。

私も片づけを通じて自己理解が進んだ経験があります。片づけの本を書いておきながら、昔は片づけが大の苦手で……。思い入れがあるものをとにかくため込んでいました。しかし、内省するうちに、ものを捨てられないのは、「自分の経験や成果がなくなるのではないかという恐怖があったから」だと気づいたのです。

内省は自分の理想に近づくための大事な時間でもあります。片づかないものを見ながら、「これからどんな未来にしていきたいのか?」と自問する。そして、自分が望む未来と現状にギャップがあると感じたら、それを埋めるために「何をなすべきか」を選択していくのです。片づけというのはこのように、内省を深めて、自分の価値判断を効率よく磨く絶好のチャンスなんですよ。



── 片づけの見方が変わりました! 理想に近づけるという意味では、日本だけでなく欧米でも話題になっている『人生がときめく片づけの魔法』(著者:近藤麻理恵さん)と共通点があるように感じました。「こんまりブーム」については、片づけ脳の知見から、どうお考えですか。

あくまで私の見解ですが、『人生がときめく片づけの魔法』では、「こうだといいな」という自分の憧れにたどり着くために、そこから逆算して持ち物を取捨選択していく。「ときめき」を基準に選ぶというのはこういう発想で、これに共感した人たちが、『人生がときめく片づけの魔法』の本のファンになったのでしょう。

「心がときめくかどうか」を取捨選択の基準にするというのは、脳番地の観点に立つと、喜怒哀楽といった感情を表現する「感情系脳番地」での判断を意味します。ただし、自分自身の感情って、自分ではなかなかわかりにくくありませんか?

── たしかにそうですね。

感情系脳番地は脳番地のなかでも鍛えることが難しい部分です。難しいという意味は、いろいろなきっかけや人との出逢いなどで、感情系が刺激される体験が必要になるということ。ですから、時間がかなりかかるケースもあるわけです。「この先、いつときめくのだろう? ときめくのは3年後、いや5年後か?」と考えていると、ときめくまで片づけられない日々を過ごすことになる。そんな一種の矛盾をはらんでいるのです。

だからまずは、自分を理解するためにも、「片づけ脳」のトレーニングで自己認知力を高めておくといいですね。そうすれば自分の感情系がおのずと刺激され、「ときめき」がやってくる頻度とその「ときめき」の精度も上がっていくはずです。

片づけ脳になる一歩は、朝の散歩に出かけること

── 脳番地ごとの具体的なトレーニング方法はご著書に譲るとして、片づけ脳を定着させるためにおすすめの方法を教えていただけますか。

朝起きたら散歩に出かけてから、片づけに取り掛かることです。体を動かすとアイディアが浮かびやすいという経験はありませんか? これは、企画を立てるときに活性化する「思考系脳番地」が刺激されるから。思考系脳番地は、運動系脳番地と一緒に動かすと、よく働く性質があります。


加藤さんは脳の模型を使って各脳番地の特徴をわかりやすく解説してくださった。

だから散歩や軽い運動をすると、頭が整理され、アイドリング状態になるのです。だからキッチンやリビングが散らかっていても、悩む前に動くことをおすすめします。

── とはいえ、いらないものが机の上に積み上がっていたら、片づけ始めるのが億劫になりそうです。

不要だと思うものが積み上がっていたら、ゴミだととらえがち。ですが、あえて「宝の山」だととらえてみてはどうでしょうか。自分を変えられる素材が山ほどあると考え、先入観にとらわれず、新たに興味がもてそうなものを発掘してみる。そして、「実はこんな意味づけができるんじゃないか」と発想する。こんな風にすれば、一見面倒なルーティンである片づけが、実はクリエイティブに考えるための時間になるのです。

脳には、普段、使っている脳番地ばかりに依存しやすく、知らず知らず固定的なパターンをつくり出す性質がある。そのパターンから離れるためには、普段使わない脳の使い方を、片づけで試してみればいい。まさに「自分を変えるための片づけ」は思考のマンネリ化を予防してくれます。

意思決定力を高めたいなら、判断基準の「テンプレ」を用意しよう

── 片づけでは、「捨てるかどうか決められない」という意志決定の問題にぶつかる人も多いと思います。かくいう私も大事な意思決定で悩むクセがあります。「そもそも判断軸はこれでいいのか?」などと考え、心が疲れてしまって……。悩みグセを直す方法はありますか。

悩みグセを解消するには、「思考系脳番地」を鍛えるのが一番です。この脳番地は、思考や判断を担う司令塔のような存在。思考系脳番地のパワーを発揮させるには、脳のワーキングメモリの容量を一定量確保することが大事です。自分の判断だけで進められる仕事を、締切がいつかに関係なく、サクサク片づけていく。そうすればTo Doリストが減っていくため、メモリがパンクせず、意思決定疲れを防げますよ。



── ぜひそうしてみます! 一人で完結せず、他者が関係する意思決定のときこそ「間違っていると非難されるのでは」などと不安になりがちなのですが、どう対処すればいいでしょう?

そうしたネガティブな感情に振り回されているときは、思考から感情を切り離さないといけません。おすすめは、事前に判断基準の「テンプレ」をつくっておくこと。たとえば1日のTo Doリストをこなす際、自分で都度判断しようとすると、感情が動いてしまう。だから、「1分以内に返せそうな内容のメールはその場で返事する」などと、機械的にテンプレにあてはめて判断するのが効率的です。

もう1つおすすめの方法があります。何かプロジェクトを進める際、ゴールまでの工程を俯瞰して、できるだけ小さなタスクに分解する。そして、自分の判断だけで進められるタスクはまとめてサクサク進める。一方、他人が絡む案件など、ボトルネックになりそうなところは、少し時間をあけて対応するのです。たとえば、いつも説得に時間がかかる上司への相談やレスポンスの遅い同僚への対応は、最初から時間がかかると想定しておく。それだけで相手のことで悩む時間を圧縮することができます。

── 自分だけで進められるタスクと、他者が関係するタスクを区別しておくのですね。ぜひ試してみます! 意志決定力を磨くために普段から取り組むとよいことはありますか。

1つは、意思決定に必要な情報が集まっているかどうかを確認すること。足りない情報を見つけるには、「マインドマップ」を書くとよいでしょう。意思決定したいテーマを真ん中に書いて、そこから連想したワードを書いていく。いったん書き出したら散歩に出かけてみましょう。場所を変えると、人の思考回路も変わります。その後マインドマップを見直すと、足りていない情報に気づきやすくなるのです。

あとは、意思決定がうまいと思う上司や先輩っていますよね。その人たちが決断を下す場面を観察しておくのも効果的です。即決しているように見えて、必ず事前に確認している点があるな、などと気づいたことを真似するとよいでしょう。


人生100年時代は、「脳とのつきあい方」を根本から変える必要がある

── 加藤さんの今後のビジョンをお聞かせください。

世の中に根づいている「能力観」を変えていくことです。人生100年時代といわれるいま、認知症への恐怖は高まる一方。それに対処することが、世界的に重要な課題とされています。現実に目を向けると、いまだに「一定の年齢を越えると、脳を成長させることは難しい」という能力観が残っています。ですが、研究を通じて、脳は一生を通じて変化し、成長する可能性を秘めていることは明らかになっているのです。

認知症の予防や改善を促すうえで求められるのは、「自分の行動を変えていくことで脳番地が鍛えられ、脳自体が成長する」という能力観です。この考え方がもっと普及すれば、自分自身の脳を健康に保とうという人が増えていく。さらには、そうした能力観に基づいた「人生のつくり直し」「社会の仕組みのつくり直し」が進むでしょう。一人ひとりの能力に対する見方も変わり、その人がいま表現している能力だけでなく、今後の能力の伸びしろという視点でも捉えられるのではないでしょうか。

私は14歳のときに「脳を鍛える方法を知りたい」と医師をめざし、30年以上、研究とともに講演や書籍執筆などを続けてきました。一貫してあるのは、脳を知りたいという探究心ですが、講演などを聞かれた方から反響があるのを見て、「自分が研究してきたことを、社会をよくするために活かしたい」と思い至ったのです。 個人の脳の平和なくして世界の平和は存在しません。その実現に少しでも寄与することが私の願いです。

片づけ脳
片づけ脳
加藤俊徳
自由国民社
本の購入はこちら
片づけ脳
片づけ脳
著者
加藤俊徳
出版社
自由国民社
本の購入はこちら

プロフィール:

加藤 俊徳 (かとう としのり)

新潟県生まれ。脳内科医、医学博士。加藤プラチナクリニック院長。株式会社「脳の学校」代表。昭和大学客員教授。発達脳科学・MRI脳画像診断の専門家。脳番地トレーニングの提唱者。

14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意。1991年、現在、世界700カ所以上の施設で使われる脳活動計測「fNIRS(エフニルス)」法を発見。1995年から2001年まで米ミネソタ大学放射線科でアルツハイマー病やMRI脳画像の研究に従事。ADHD、コミュニケーション障害など発達障害と関係する「海馬回旋遅滞症」を発見。帰国後、慶應義塾大学、東京大学などで脳研究に従事し、「脳の学校」を創業、「加藤プラチナクリニック」を開設し、MRI脳画像診断から、小児から超高齢者まで1万人以上を診断・治療。現在、加藤プラチナクリニックでは、独自開発した加藤式脳画像診断法を用いて、脳の成長段階、得意な脳番地、不得意な脳番地を診断し、薬だけに頼らない脳トレ処方を行う。

著書には、『アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書』 (あさ出版)、『発達障害の子どもを伸ばす 脳番地トレーニング』 (秀和システム)、『50歳を超えても脳が若返る生き方』 (講談社)、『「めんどくさい」がなくなる脳』 (SBクリエイティブ), 『片づけ脳 部屋も頭もスッキリする!』(自由国民社)など多数。

このインタビューを友達にオススメする
文責:松尾美里 (2019/08/21)

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
人は話し方が9割
人は話し方が9割
永松茂久
未 読
リンク
2
哲学の世界へようこそ。
哲学の世界へようこそ。
岡本裕一朗
未 読
リンク
3
新規事業の実践論
新規事業の実践論
麻生要一
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

出版社のイチオシ#029
出版社のイチオシ#029
2020.03.27 update
リンク
出版社のイチオシ#028
出版社のイチオシ#028
2020.03.13 update
リンク
リモートワークを始める際に読んでおきたい本5冊
リモートワークを始める際に読んでおきたい本5冊
2020.03.11 update
リンク
人類の起源を読み解く『オリジン・ストーリー』
人類の起源を読み解く『オリジン・ストーリー』
2020.03.09 update
リンク

Interview
インタビュー

なぜ、いま「アート思考」がビジネスパーソンに必要なのか?
なぜ、いま「アート思考」がビジネスパーソンに必要なのか?
2020.03.26 update
リンク
超ホワイト企業「佰食屋」が生んだ「奇跡のビジネスモデル」とは?
超ホワイト企業「佰食屋」が生んだ「奇跡のビジネスモデル」とは?
2020.03.05 update
リンク
【対談】世界の見方が変わる名著、『FACTFULNESS』大ヒットの舞台裏に迫る
【対談】世界の見方が変わる名著、『FACTFULNESS』大ヒットの舞台裏に迫る
2020.02.25 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
1
人は話し方が9割
人は話し方が9割
永松茂久
未 読
リンク
2
哲学の世界へようこそ。
哲学の世界へようこそ。
岡本裕一朗
未 読
リンク
3
新規事業の実践論
新規事業の実践論
麻生要一
未 読
リンク
要約の達人が選ぶ、1月のイチオシ!
要約の達人が選ぶ、1月のイチオシ!
2018.01.31 update
リンク
激変するバンガロールの最前線に迫る
激変するバンガロールの最前線に迫る
2018.07.09 update
リンク