いま日本に必要なのは、「社会の変え方」のイノベーションだ
マネーフォワードが「社会実装」に成功したワケ

いま日本に必要なのは、「社会の変え方」のイノベーションだ

世の中に普及するテクノロジーとそうでないものは、何が違うのか? 新しい技術を世に広める「社会実装」の方法論を体系化したのが、『未来を実装する』(英治出版)です。

電子署名、遠隔医療、マネーフォワード、Airbnb。本書では、こうした社会実装の成功事例と、ソーシャルセクターの実践から見出した「社会実装」を成功させる4つの原則が紹介されています。その原則とはいったい何なのでしょうか。これからの時代に必要な「インパクト思考」とは? 著者であり東京大学産学協創推進本部 FoundXディレクターを務める馬田隆明さんにお聞きしました。

社会に受け入れられるデジタル技術の共通項とは?

── 馬田さんが『未来を実装する』を執筆された経緯は何でしたか。

2019年から非営利シンクタンクのアジア・パシフィック・イニシアティブと協力して、座長としてテクノロジーの社会実装に関する調査や研究のワーキンググループを行っており、その成果物がこの本です。もともとは、アジア・パシフィック・イニシアティブの船橋理事長から、「テクノロジーの社会実装について調査してほしい」と依頼があったのがきっかけでした。私は業務として東京大学関連のスタートアップを支援しており、今回依頼されたテーマが社会実装だったので、きっと本業にも役立つだろうということでその依頼を引き受けた、というのが経緯です。

社会実装ワーキンググループでは様々なバックグラウンドの方々にご参加いただき、調査の結果や社会の動向について毎月議論しました。その議論と国内外の事例を分析して見えてきたのが、成功している社会実装は、よりよい未来への大きなビジョンを掲げ、社会の仕組みに目を向け、ステークホルダーと協働しているという点でした。つまり、テクノロジーを社会に実装するというより、テクノロジーが生み出す新しい社会、つまり「未来を実装」しようと努めていたのです。

こうした方法論はこれからのスタートアップにもきっと役立つものであり、スタートアップに伝えるべき内容だと考えました。しかも、この方法論をまとめるには、アカデミックな知見を参照しつつ、ビジネス、エンジニア的な観点が必要になる。そうした横断的な領域なら、各領域のバックグラウンドを多少持つ私もそれなりに貢献できるかもしれない。そう考えて書籍化に向けて動き出すことになりました。こうして社会実装を成功させるために導き出したのが、インパクト、リスク、ガバナンス、センスメイキングという4つの原則です。

── 読者によって、4つの原則のうちどこに着目するかが異なると聞きました。どのような違いがありますか。

自分の見聞きしている範囲だと、たとえばスタートアップの方はインパクトに興味をもたれていることが多いですね。弁護士の方はリスクとガバナンス、官僚の方はガバナンスとインパクト、マーケティングの方はセンスメイキングなど、ご自身のバックグラウンドに近いところに興味を持たれているようです。また、読者の方々から「これまでやってきたことが言語化された」というコメントをいただくことも多く、嬉しく思っています。

とりわけスタートアップの方々がインパクトに興味をもつ背景には、スタートアップを取り巻く環境の変化があると考えています。

── どのような変化でしょうか。

この10数年はスマートフォンとインターネットによる地殻変動が起き、それをうまく利用したスタートアップが成長していきました。現在はSaaSのスタートアップが隆盛していますが、数年前と比べるとマーケットが狭まってきて、そこで勝つことは難しくなっています。そんななかでスタートアップが成功していくには、本丸の社会課題に取り組まなければなりません。

社会課題のなかでも極めて重要な一つのトピックが気候変動対策です。ビル・ゲイツは2016年の時点で、「ブレークスルー・エナジー・ベンチャーズ」というファンドを組成していました。そして2021年2月には、新著『How to Avoid a Climate Disaster』を出版し、個人・行政・企業それぞれが実行できるプランを提示しています。こうした背景もあって、気候変動の問題に取り組もうとする事業やスタートアップにお金がつきはじめているんです。

気候変動対策はほんの一例で、他にも様々な社会課題への取り組みにお金が集まる傾向が強まっています。ESG投資の流れなどもその一例だと思います。

未来を実装する
未来を実装する
馬田隆明
英治出版
本の購入はこちら
未来を実装する
未来を実装する
著者
馬田隆明
出版社
英治出版
本の購入はこちら

インパクト思考の真髄は「問題提起力」にあり

── 本書では「インパクトからはじめよ」という言葉とともに、社会実装に欠かせない「インパクト思考」が紹介されていました。このインパクト思考とは何か、お話いただけますか。この思考がビジネスの世界でも重要視されている背景とともにお聞きしたいです。

一言でいうと、問題発見を超えて、問題提起をする力だと思っています。インパクト思考がビジネスで重要視されるようになった背景の1つは、日本が成熟社会を迎えていることです。製造業の躍進によって日本人のデマンドの多くが満たされてきた。これは、解決すべき「問題」自体が少なくなってきている状況といえます。

問題とは理想(To Be)と現状(As Is)とのギャップです。辿り着きたい理想がなければ課題もありません。ビジネスの根本が課題解決だとすると、この満たされた社会では、課題を発見するだけではなく、理想を示して新たに「ここが課題だ」と示すことが重要なのではないでしょうか。だからめざすべき理想、つまり長期的で社会的なインパクトをどう提示するのか、まさに「インパクト思考」が問われているんです。

「意味のある課題」に取り組もうとしているか

── よいインパクトを見つけるための一歩は何でしょうか。

支援している起業家たちを見ていると、なにかしらの一歩を踏み出して、徐々によいインパクトを見つけていった人が多いようです。

よいインパクトに辿り着くまでの道筋を山登りに例えてみると、最初踏み出したときは自分が登っている山が、いったいどういう山なのかよく分からない人も多い。でも歩き続けていると、やがて見晴らしがよくなり、いろんなものが見えてくる。山頂らしきものが見えることもあれば、隣の山や遠くの山が見えることもあるかもしれません。だから重要なのは、まず一歩踏み出してみること、そして歩き続ける中で「意味のあるインパクト」に辿り着ける道を選ぼうという姿勢があるか否かではないでしょうか。

また、意味のあるインパクトに立ち向かう企業は、採用で大きなアドバンテージを得られる点も見逃せません。そのビジョンに共感して、優秀な人材が集まってくるからです。目指しているインパクトの良し悪しは、投資後の成長、ファイナンスのリターンにも影響する。こうした資本主義の論理からも、長期的な目線に立った意義あるインパクトが重要だといえます。

マネーフォワードが「社会実装」に成功したワケ

── 本書では社会実装の成功例が多数紹介されていました。馬田さんから見て、フライヤー読者にとって、センスメイキングの築き方で応用可能性が高い事例を教えていただけますか。

ビジネスパーソンに参考になるのは、家計簿アプリのマネーフォワードMEなどを提供しているFinTech企業、マネーフォワードさんの事例です。2012年設立のスタートアップで、「お金を前へ。人生をもっと前へ」をミッションに掲げており、業界団体や官庁からも厚い信頼を得ています。

同社が特に優れていたのが、センスメイキングにおける「パブリックアフェアーズ(公共戦略コミュニケーション)」です。パブリックアフェアーズとは、民間団体が政府や世論に対して行う、社会性や公共性が高い課題への世論の醸成やルール形成のための働きかけを意味します。PR(パブリック・リレーション)と比べて、政府やNPO、業界団体にも働きかけていくというのが特徴といえるでしょう。

お金を扱うとなると信用がカギとなります。そこで同社は信用を築くために、早期からFintech 研究所を立ち上げ、FinTech に関するニュートラルな情報発信を継続してきました。それを機に金融庁の勉強会に呼ばれるようになり、さまざまな政策へのアドバイスをするに至っています。そうしたことが、彼らのミッションへの共感の輪を広げていったのではないでしょうか。

組織の逆説を解き明かした『イノベーションのジレンマ』

── 馬田さんの人生観に影響を与えた本は何でしたか。

まず思い出すのは、高校時代に読んだ『勉強法が変わる本』です。人の認知や思考に関する学問へと誘ってくれました。

同時期に読んだクレイトン・クリステンセン氏の『イノベーションのジレンマ』も、ビジネスへの興味をかきたててくれた一冊です。理論が非常に洗練されていることに胸を打たれました。印象的だったのは、「偉大な企業は、すべてを正しく行うがゆえに失敗する」という内容です。こうした企業は、顧客の意見に耳を傾け、合理的な判断をくだそうとするために、破壊的イノベーションを見過ごしてしまう。こうした逆説的な真理にふれられるのが本書の醍醐味でもあります。

── フライヤーでは「ビジネスワークアウト」というコンセプトを提案しています。これは、筋トレのように「知的筋力」を鍛える時間をとり、学びを習慣化しようという提案です。馬田さんのビジネスワークアウトを教えていただけますか。

1つめは、「インプットのためのアウトプット」です。昔からインプットが大好きで、インプットを最も効率化させる方法がアウトプットだと考えています。本を執筆するともなれば、一文の内容が本当に正しいのか、知識を総動員するし、足りない点を調べることになります。つまりアウトプットは、かなり負荷をかけた脳の筋トレだといえます。

2つめは、長期休暇中にテーマを決めて、その関連書籍を「一気読み」することです。今年の年末年始は、オンライン化した授業の研究や設計をかねて、教育手法の本をかなり読み込みましたね。プログラミング言語やデザイン、神道、精神分析など、テーマはさまざまです。

── 最後に、馬田さんの今後のビジョンについて教えてください。

30代はスタートアップの支援に力を注いできました。いまは、40代という次の10年を賭けられるものを見つけている真っ最中です。本業であるスタートアップ支援のかたわら、色々探索したいと考えており、本書の執筆はその活動の1つ。「社会実装」の延長でいうと、気候変動対策に携わるという道もあります。

直近の目標は、アントレプレナーシップの教育理論・実践例を紹介した本を執筆中で、それを出版することです。起業家教育を体系化した本は日本ではまだ少ないので、特に小中高の先生方に読んでいただけたらと思います。

未来を実装する
未来を実装する
馬田隆明
英治出版
本の購入はこちら
未来を実装する
未来を実装する
著者
馬田隆明
出版社
英治出版
本の購入はこちら

『逆説のスタートアップ思考』に関する馬田さんのインタビューはこちら!

馬田隆明 (うまだ たかあき)

東京大学産学協創推進本部 FoundX および本郷テックガレージ ディレクター

University of Toronto 卒業後、日本マイクロソフトでの Visual Studio のプロダクトマネージャーを経て、テクニカルエバンジェリストとしてスタートアップ支援を行う。2016 年6月より現職。 スタートアップ向けのスライド、ブログなどの情報提供を行う。著書に『逆説のスタートアップ思考』(中央公論新社)、『成功する起業家は居場所を選ぶ』(日経BP)。

このインタビューを友達にオススメする
文責:松尾美里 (2021/03/22)
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
人生の目標を見つけたい! 必要なのはやっぱりお金?
人生の目標を見つけたい! 必要なのはやっぱりお金?
2022.08.23 update
リンク
「すぐやる本」のテッパン3冊
「すぐやる本」のテッパン3冊
2022.08.19 update
リンク
“今日から試せる”「話し方」3つのコツ
“今日から試せる”「話し方」3つのコツ
2022.08.10 update
リンク