「現場力」の提唱者・遠藤功さんに聞く、これからのマネジメント
「経営コンサルタントだからこそ見える景色を文章で残したい」

「現場力」の提唱者・遠藤功さんに聞く、これからのマネジメント

急な仕事が舞い込み、本来やるべき仕事が進まない。リモートワークのもと目の届かないところにいるメンバーがパフォーマンスを発揮できるようにするにはどうしたらいいのか? こうした課題を解決したいときに必要になるのが、マネジメントのスキルです。

マネジメントの要点をフルカラーの図やイラストとともに楽しく学べるのが『サクッとわかる ビジネス教養 マネジメント』(新星出版社)です。本書の監修を手掛けたのは、『現場力を鍛える』などのロングセラーで知られ、経営コンサルタントとして長く活躍されている遠藤功さん。これからの時代に求められるマネジメント力とは何なのでしょうか?

マネジメントの本質は、思い通りにいかないものを「いい感じ」にすること

── 本書は、見るだけでマネジメントの課題と考え方が理解できる画期的な本だと思いました。本書を監修された背景を教えていただけますか。

もともと日本ではマネジメントの概念が正しく理解されていないという問題意識をもっていました。マネジメントというと日本ではドラッカーの印象が強く、「経営管理」と訳されることからも、経営者や上級管理職の仕事と思われがち。若手社員からすると縁遠いものと思われるかもしれません。ですが、マネジメントの本来の意味は、「管理」というより「最適化」。ごちゃごちゃしているものを「いい感じ」にすることというとイメージが湧くと思います。

そもそも仕事だけでなく人生は思い通りにいかないことの連続です。放っておくとうまくいかないものを、何とか「いい感じ」にして、成果を最大化すること。それがマネジメント(スキル)です。だから年齢や役職にかかわらず、あらゆる人にとって不可欠なスキルだといえます。このことを特に新入社員や若手社員に知ってもらいたい。そう考えていたとき、新星出版社さんから「マネジメントについてわかりやすい本を書いてほしい」と依頼があり、「マネジメントの本来の意味」を伝えたいと監修をすることを決めました。

サクッとわかる ビジネス教養 マネジメント
サクッとわかる ビジネス教養 マネジメント
遠藤功
新星出版社
本の購入はこちら
サクッとわかる ビジネス教養 マネジメント
サクッとわかる ビジネス教養 マネジメント
著者
遠藤功
出版社
新星出版社
本の購入はこちら
ISAO ENDO

── マネジメントと聞くとチームマネジメントのイメージでしたが、本書ではセルフマネジメントとチームマネジメントが俯瞰でき、マネジメントの捉え方が広がりました。

チームや組織のマネジメントはイメージしやすいですが、その前に自分自身をマネジメントできていないといけません。つまり、セルフマネジメント(自己管理)が出発点です。

セルフマネジメントで基本となるのが、「整理整頓(2S)」です。時間もお金もエネルギーもリソースが有限なので、結果を出している人は、どうでもよいことをどんどん捨てている。目標を達成するうえで重要なことにリソースを集中して使わないといけない。結果を出している人は必ずそれを認識しています。

たとえばもし「上司の方針がコロコロ変わって振り回され、結果が出せていない」と悩んでいるとしましょう。その場合、上司のせいにするのでなく、うまくいかないのが前提ととらえて自らコントロールできることに目を向けるのです。

ゴルフの場合、最小の打数でラウンドを終えるというゴールに向かって、風向きや強さ、バンカーの位置などを読み、その都度最適な手を打たないといけない。それと同様に、「上司にこまめに方針変更がないか確認する」とか「普段から上司に相談しやすい関係性を築いておく」などと、自ら手を打つことができますよね。このように、与えられた環境をどう最適化していくかという発想で動くことがマネジメントの要諦です。

名マネージャーは、Z世代の考え方も柔軟に受け入れている

── 組織の形態や働き方、仕事観の変化に伴い、日本企業のマネジメントがどのように変化しているのか、お聞かせいただけますか。

これからのマネジメントは「統率型」から「コーチ型」へと変化していきます。これまでは上司が指示や命令で部下を動かす「統率型」が主流でした。ですが、このスタイルは、一人一人が自律的に働くことがいっそう大事になるリモートワークのもとでは非効率。部下が自ら考えて動けるよう、双方向のコミュニケーションを通じて解決策を探していくような「コーチ型」のマネジメントが求められます。

しかも、働き方の多様化やリモートワークの浸透により、一人一人の属性も状況も変わり、変数が増えています。まさに複雑性のマネジメントが求められています。一律の方法で人を動かせた時代と比べて、マネジメントの難易度が格段に上がっている。一人一人の価値観や個性を見ながら、個人のアウトプットを最大化することが必要ですから。マネジメントの巧拙が見えやすくなったともいえます。

── そうした変化のもと、マネージャーやリーダーはどう自分を磨き、企業や社会に貢献していくとよいのでしょうか。

さまざまな企業の現場を見てきていますが、有能なマネージャーは、Z世代の考え方も柔軟に受け入れています。Z世代は一般的にSNSを通じて頻繁にコミュニケーションをとることに慣れています。だからマネージャーは放っておくのではなく、コーチのように一人一人の話に耳を傾けて、こまめにフォローすることが求められているのです。

Z世代はコミュニケーションにおいても合理的なアプローチを好み、個人主義が強い傾向にあります。一方で、成果を出すと非常に熱くなります。そんな特性に寄り添いながら、チームでパフォーマンスを出すと仕事がますます楽しくなるのだと教えていくのが、マネージャーの役割でもあります。

本書で「チームを動かすのは熱・理・情である」と書きました。この熱とは目標達成のためのエネルギーの源泉です。同じ場所で一緒に働く機会が減ると、どうしても、その現場を共有するからこその連帯感を味わうことも、熱の伝染も難しくなってしまいます。SNSのようにオンラインでのやりとりで熱の伝染がどこまで可能なのか。この点は未知数ですが、まずは若手社員がのびのびと意見をいえるような、「言える化」が可能な環境をつくることが大事な一歩だと思います。

経営コンサルタントだからこそ見える景色を文章で残したい

── 遠藤さんは現場三部作をはじめ、経営や組織論、マネジメント、そして 『新幹線お掃除の天使たち』のように強い現場を紹介するご本を数多く執筆しています。こうした継続的な執筆の原動力は何でしょうか。

経営コンサルタントの仕事はやりがいはあるものの、表舞台に出る機会は少なく、いわば黒子の仕事です。それでも何かを残しておきたいという気持ちに駆られていました。経営コンサルタントの最大の価値は、さまざまな業種のさまざまなプロフェショナルたちと出会い、本質的に大事なことが見えること。自分にしか見えていない景色があるのです。その景色をなんとかして文章にして残しておきたい。それが私の使命感の一つでもあります。

30年もの間、一貫して大事にしてきたテーマは、「現場の力をいかに引き出すか」。数多くの現場を見てきて、強い現場には普遍的な真理があると確信しました。日本では、スティーブ・ジョブズのように突出して優秀なリーダーが現れることは少ないものの、平均的にまじめでコツコツ努力ができるという、他国に類のない強みをもっています。たとえばトヨタが世界から信頼される車をつくり、いまのポジションを築けたのは、そうした強みを磨き、「現場力」を大事にしてきたからこそ。こうした日本企業ならではの強みを活かしていけば、グローバル競争のなかでも、日本企業はGAFAとは違った形で存在感を放てるのではないでしょうか。

一冊の本との出会いで人生が変わった

── 遠藤さんはビジネス書や経営書だけでも月に15冊以上読まれているとお聞きしました。これまで読まれた本を振り返ってみて、ご自身の人生やキャリアに影響を与えた本を紹介していただけますか。

30歳を過ぎたばかりの頃に読み、コンサルタントに転身しようと決意するきっかけをつくってくれた『変われ日本人 甦れ企業』という本です。著者の堀紘一さんは、ボストン・コンサルティング・グループで代表を務め、ベンチャー企業支援を行うドリームインキュベータを立ち上げました。当時の私は三菱電機に勤めていました。その頃漠然と感じていた「日本企業の課題と解決の道筋」が本書に端的に書かれており、大いに共感したのです。

大企業にいると自社を大きく変えていくには昇進して、それなりのポストにつかないといけない。それには何十年もかかってしまう。けれども経営コンサルタントなら若くても外から企業の変革のお手伝いができる。そんな仕事がしてみたいと気づいたのです。まさに「本との出会いで人生が変わる」というのを私自身が経験しました。それくらい本のインパクトは大きいのです。

どの本に、どのタイミングで出会うのかというタイミングも大事ですね。問題意識は強くもっていたけれど実力はまだまだこれからという30代前半で読んだからこそ、これだけ心に響いたのでしょう。グッとくる本に出会ったら人生が変わってしまうのだと思います。

今後、生涯一コンサルタントとして、目の前のクライアントをどうよくするかというのに力を注ぎ続けたい。そのなかで得たものを書籍などの形で発信していきたいと考えています。

遠藤さんのご著書の要約はこちらから!
サクッとわかる ビジネス教養 マネジメント
サクッとわかる ビジネス教養 マネジメント
遠藤功
新星出版社
本の購入はこちら
サクッとわかる ビジネス教養 マネジメント
サクッとわかる ビジネス教養 マネジメント
著者
遠藤功
出版社
新星出版社
本の購入はこちら
現場論
現場論
遠藤功
東洋経済新報社
本の購入はこちら
現場論
現場論
著者
遠藤功
出版社
東洋経済新報社
本の購入はこちら
見える化
見える化
遠藤功
東洋経済新報社
本の購入はこちら
見える化
見える化
著者
遠藤功
出版社
東洋経済新報社
本の購入はこちら
生きている会社、死んでいる会社
生きている会社、死んでいる会社
遠藤 功
東洋経済新報社
本の購入はこちら
生きている会社、死んでいる会社
生きている会社、死んでいる会社
著者
遠藤 功
出版社
東洋経済新報社
本の購入はこちら
新幹線お掃除の天使たち
新幹線お掃除の天使たち
遠藤功
あさ出版
本の購入はこちら
新幹線お掃除の天使たち
新幹線お掃除の天使たち
著者
遠藤功
出版社
あさ出版
本の購入はこちら
【本の紹介】サクッとわかるビジネス教養 マネジメント
YouTubeリンク:https://youtu.be/EX9rzgjkmeY

遠藤功(えんどう いさお)

株式会社シナ・コーポレーション代表取締役

早稲田大学商学部卒業。米国ボストンカレッジ経営学修士(МBA)。三菱電機、複数の外資系戦略コンサルティング会社を経て、現職。2006年から2016年まで早稲田大学ビジネススクール教授を務めた。現在は「無所属」の独立コンサルタントとして活動している。多くの企業で社外取締役、経営顧問を務め、次世代リーダー育成の企業研修にも携わっている。

株式会社良品計画社外取締役。SOMPOホールディングス株式会社社外取締役。株式会社ネクステージ社外取締役。

15万部を超えるロングセラーである『現場力を鍛える』『見える化』(いずれも東洋経済新報社)をはじめ、『生きている会社 死んでいる会社』『現場論』(いずれも東洋経済新報社)、『新幹線お掃除の天使たち』(あさ出版)、『ガリガリ君の秘密』(日本経済新聞出版社)など、ベストセラー書籍多数。

このインタビューを友達にオススメする
文責:松尾美里 (2022/01/27)
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
ビジネスでも日常生活でも使える『サクッとわかる ビジネス教養 行動経済学』
ビジネスでも日常生活でも使える『サクッとわかる ビジネス教養 行動経済学』
2022.04.14 update
リンク
“今日から試せる”「話し方」3つのコツ
“今日から試せる”「話し方」3つのコツ
2022.08.10 update
リンク