ワーケーションも転職も。これからは「越境」が武器になる
『新時代を生き抜く越境思考』著者・沢渡あまねさん

ワーケーションも転職も。これからは「越境」が武器になる

2022年4月に刊行された『新時代を生き抜く越境思考』(技術評論社)の著者、沢渡あまねさんは、本書で「越境思考」の重要性を説きました。

本書によると、越境とは「組織や地域をこえて人と人とがつながり、既存の問題や課題を解決する、あるいは新たな価値を生む」こと。その例として、異動や複業、外部講座受講、ワーケーションなどが挙げられています。

フライヤーの読書コミュニティ、flier book laboのパーソナリティであり、働き方に関するベストセラーを多数出版している沢渡さん。今回テーマに選んだ「越境」とは何か、沢渡さんの「越境」の原体験はどんなものか。インタビューでお聞きしました。

沢渡さんの価値観をガラリと変えた「3つの越境」

── 今回は、普段と異なる環境に身を置く「越境」がテーマでした。執筆の背景をお聞かせください。

これまでのやり方が通用しないことにモヤモヤしている人が増えつつある――。そう感じたことが、執筆のきっかけです。 私たちは今、大きな変化の時代を生きています。きっと誰もが「今までの常識はもはや通用しない」とうすうす感じていることでしょう。同時に、暮らし方や働き方を柔軟に変えていける人とそうでない人の経験格差・適応力格差が広がりつつあります。 そうした状況を目にする中で、従来のやり方、つまり見る景色やともに仕事をする仲間などを変えることによって新たな勝ちパターンやイノベーションを生み出す「越境」の考え方に注目するに至ったのです。この考え方を「自分経営の武器」としてインストールし、強く生き延びていく人が増えてほしい。そう願って執筆しました。

新時代を生き抜く越境思考
新時代を生き抜く越境思考
沢渡あまね
技術評論社
本の購入はこちら
新時代を生き抜く越境思考
新時代を生き抜く越境思考
著者
沢渡あまね
出版社
技術評論社
本の購入はこちら

── 本書には、越境による気づきを促進する重要な要素として「価値観の揺らぎ」が挙げられていました。沢渡さんはこれまで、どのような「価値観の揺らぎ」を経験されたのでしょうか。

3つの越境が「価値観の揺らぎ」をもたらしてくれました。日本と海外の越境、事務職と技術職の越境、大企業とベンチャー企業の越境です。

1つ目の「日本と海外の越境」は、社会人になったばかりのころ、スウェーデンとデンマークの企業を行き来したことです。

現地の人たちは、男性も女性も専門性の高い仕事をこなし、好きな服装で働き、毎日定時に退社。金曜日には定時前に退社したり、オフィスでバーベキューを楽しんだりすることさえありました。一方、私は出張中もスーツにネクタイで、夜遅くまで働くのが当たり前。

その比較を通して「私は自分で人生のハンドルを握れていない」「日本的な働き方をしているのは損だ」と感じたのです。帰国時、飛行機が成田空港に近づくにつれ、「また「つき合い残業」「サービス残業」「上や周りへの忖度」だらけの、元の働き方に戻るのか……」とゆううつになってしまったほどでした。

── 文化が違うとはいえ、大きな衝撃を受けそうな経験ですね。2つ目の「事務職と技術職の越境」はどのようなご経験でしたか。

新卒で事務職に就いたのですが、事務作業が壊滅的に苦手で「こんなこともできないの?」とダメ出しされてばかりでした。ところが企画職に異動した途端、力を発揮できるようになり、自己肯定感が上がっていきいきと働けるようになったのです。

その後は転職し、NTTデータでは最初は事務職であったものの、後に技術職に転向しました。今から10年以上前のことですが、私が異動したその部署では既にフリーアドレス、チャットでのコミュニケーション、テレワークなどを取り入れていました。IT技術者が働きやすい職場環境が整っていて、仕事にもコミュニケーションにも集中でき、私はそれまでの「事務所然」「事務職然」とした働き方に違和感を持ち始めました。

その後の、最後の転職で再び事務職に戻ったのですが、「もう、事務職然とした働き方は無理」と思ってしまったくらいです。そして今に至ります。

事務職と技術職を行き来したことで、「今までの働き方で本当にいいんだろうか?」「本当はもっと大きな成果が出せるはずなのに、皆で負けパターンに陥ってしまっていないか?」と考えるように。事務職と技術職の間に垣根をつくるのではなく、時にはお互いのカルチャーや考え方、スキルを「相互乗り入れ」させる=越境させることの大切さを学びました。

── 部署異動はネガティブに論じられることもありますが、「相互乗り入れ」のメリットは大きいですね。最後に「大企業とベンチャー企業の越境」についてもお聞かせください。

大企業でキャリアを積んだ後、フリーランスに転向するとともに、ベンチャー企業の顧問に着任しました。そこでもやはり、カルチャーショックがありましたね。「大企業のノウハウは成熟していて、ベンチャー企業に展開してもうまくいくはず」と大きな勘違いをしていました。

今思えばそんなことあるはずがないのですが、どこかで大企業のやり方は正しいと信じていたようですね。ところが、いざやってみると空回りするばかり。

結果として、大企業とベンチャー企業、両方のリアリティを知れたのは良い経験になりました。組織を越えたコラボレーションが求められる時代にあって、大企業とベンチャー企業の目線をあわせ持ち、双方をつなげられる人材は貴重だと考えます。

沢渡さんが「ダムのそば」でワーケーションするのはなぜ?

── 本書では、越境学習の手段として、ワーケーションや複業・パラレルキャリアなどが挙げられていました。沢渡さんは「#ダム際ワーキング」の推進者として、ダムのそばでワーケーションするのがお決まりなんですよね。

はい。今も実は、三ヶ日(みっかび)という浜名湖沿いののどなかエリアのオフィスにいます。

(なお、この原稿のチェックも愛知県豊田市の羽布(はぶ)ダムで #ダム際ワーキング しながら行いました)

── うらやましいです! まわりを見渡してみると、ワーケーションに興味があっても、会社や上司が許可してくれないと嘆く人も多いように思います。沢渡さんのご経験から、ワーケーション反対派の人にメリットを伝えるとしたらどんなことが挙げられますか?

個人ワークとグループワーク、それぞれにメリットがあると実感しています。

ワーケーションで個人ワークをするメリットは、何より作業がはかどること。ダム際のように、あえて「何もない」場所を選ぶことで、誘惑に負けることなく仕事に打ち込めます。一方、たとえば京都の観光地などでは、私の場合はお寺巡りに出かけたくなって気が散り、仕事が進まないかもしれませんね(笑)。

もう一つのメリットは、場所を変えることで気分が上がって、イヤな仕事や苦手な仕事に取り組みやすくなること。会社や上司に「誰もやりたがらない仕事なので、私が引き受けます。その代わりワーケーションでやらせてください!」とトレードオフを提案してみるのもありだと思います。私はこれを「その代わりワーケーション」「せめてワーケーション」と呼んでいます。

── その手がありましたね! 続いて、ワーケーションでグループワークをするメリットについてはいかがでしょうか。

やはり、チームビルディングに適していることでしょう。同じ景色を見て同じ釜の飯を食う経験ができるので、短期間でぐっと絆が深まります。オフィスに戻ってからも「あのとき、浜名湖近くのダムで話したことだけど……」などと言うだけで、そのときの雰囲気と記憶がよみがえるはずです。つまり、リマインド効果がある。

都市部のいつもの会議室ではそうはいかないですね。いつもの会議室で、単調な景色で、スーツ&ネクタイ姿の人たちと話した内容、議論した内容を私たちはどれだけ覚えていられるでしょうか?

都心の狭い会議室にいるよりアイデア出しやディスカッションが活発になりやすいことや、「マネジャー合宿」などとテーマを決めた越境学習・人材育成に適していることもメリットでしょう。

「社会の同調圧力に屈しない人」の時代がやってきた

── 「新時代を生き抜く越境学習」に関心のある読者に、メッセージをお願いします。

あらゆる分野で改革や変革が求められ、新たな発想が受け入れられやすくなっている今だからこそ、自分に素直になり、自身のビジョンを発信し、ファンや共感者、理解者を増やしていってほしいですね。

これまでは、社会の同調圧力に合わせられない人=ダメな人とみなされてきました。一方、現代においては、DXや働き方改革などの文脈の中で、常識にとらわれずに行動できる人も歓迎されるようになりつつあります。この環境を追い風として、世間の目を気にしすぎず、自分の欲望に素直になってみてはいかがでしょうか。

「越境」によって、あなたの熱い思いに共感してくれる人を見つけましょう。組織にいなければ他の会社の人と、業界内にいなければ他業界の人とつながる。そうしてまわりを巻き込みながら取り組んでいれば、自然とファンができてくるはずです。

── 思うままに行動を続けていけば、自然と共感してくれる人が集まってくるということですか。

そう思います。ITツールを上手に使えば、共感者はどんどん見つかります。実際、私は今、浜名湖畔にいながら東京にいるあなたと話し、共感し合っていますよね。 発信と受信をくり返して多くの人とつながり、自分のファンをつくって、ブランドを確立しましょう。あなたがあなたらしく生きられる世の中に近づいていくはずです。

沢渡さんのご著書の要約はこちら

新時代を生き抜く越境思考
新時代を生き抜く越境思考
沢渡あまね
技術評論社
本の購入はこちら
新時代を生き抜く越境思考
新時代を生き抜く越境思考
著者
沢渡あまね
出版社
技術評論社
本の購入はこちら
新しい働き方を教えてください!
新しい働き方を教えてください!
沢渡あまね(監修)
朝日新聞出版
本の購入はこちら
新しい働き方を教えてください!
新しい働き方を教えてください!
著者
沢渡あまね(監修)
出版社
朝日新聞出版
本の購入はこちら
どこでも成果を出す技術
どこでも成果を出す技術
沢渡あまね
技術評論社
本の購入はこちら
どこでも成果を出す技術
どこでも成果を出す技術
著者
沢渡あまね
出版社
技術評論社
本の購入はこちら
職場の問題地図
職場の問題地図
沢渡あまね
技術評論社
本の購入はこちら
職場の問題地図
職場の問題地図
著者
沢渡あまね
出版社
技術評論社
本の購入はこちら

沢渡あまね(さわたり あまね)

作家/ワークスタイル&組織開発専門家。

あまねキャリア株式会社CEO/株式会社なないろのはな 浜松ワークスタイルLab取締役/株式会社NOKIOO顧問/ワークフロー総研フェロー。

日産自動車、NTT データなど(情報システム・広報・ネットワークソリューション事業部門などを経験)を経て現職。350以上の企業・自治体・官公庁で、働き方改革、組織変革、マネジメント変革の支援・講演および執筆・メディア出演を行う。主な著書:『バリューサイクル・マネジメント』『新時代を生き抜く越境思考』『どこでも成果を出す技術』『職場の問題地図』『マネージャーの問題地図』『業務デザインの発想法』『仕事ごっこ』

趣味はダムめぐり。#ダム際ワーキング 推進者。

このインタビューを友達にオススメする
文責:庄子結 (2022/08/04)
今週の要約ランキング
1
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
今井孝
未 読
リンク
2
脳の名医が教える すごい自己肯定感
脳の名医が教える すごい自己肯定感
加藤俊徳
未 読
リンク
3
BATNA
BATNA
齋藤孝 射手矢好雄
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
今井孝
未 読
リンク
2
脳の名医が教える すごい自己肯定感
脳の名医が教える すごい自己肯定感
加藤俊徳
未 読
リンク
3
BATNA
BATNA
齋藤孝 射手矢好雄
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
夏休みまでもう少し! お疲れのあなたに効く本、集めました
夏休みまでもう少し! お疲れのあなたに効く本、集めました
2022.08.08 update
リンク
お通夜ミーティングはこれでなくなる
お通夜ミーティングはこれでなくなる
2022.07.08 update
リンク