“今日から試せる”「話し方」3つのコツ
『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』『「スルーされない人」の言葉力』著者・ひきたよしあきさん

“今日から試せる”「話し方」3つのコツ

ここ数年、「話し方」の本が大変よく売れています。

新型コロナウイルス流行の影響でリアルからオンラインへと移行し、さらにハイブリッドワークの導入が進むことで、リアルとオンラインの両方に対応することが求められるようになりました。従来のコミュニケーション法だけでは対応しきれなくなり、「話し方」の本がよく手に取られているようです。

今回お話をうかがったのは、政治、行政、大手企業などのスピーチライターとして活躍中のひきたよしあきさんです。『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』『「スルーされない人」の言葉力』(大和出版)、『一瞬で心をつかみ意見を通す対話力』(三笠書房)など、「話し方」本で多数のヒットを飛ばしています。

そんなひきたさんに、“今日から試せる”「話し方」のコツを株式会社フライヤーの執行役員・井手琢人がうかがいました。

「カッコいい言葉」より「わかりやすい言葉」


井手琢人(以下、井手):

ひきたさんは「スピーチライター」という珍しい肩書きですね。

ひきたよしあきさん(以下、ひきた):

博報堂に長く勤めていて、初めの頃はCMプランナーをはじめとするクリエイティブの仕事をしていたんですが、ある時期からスピーチを書く仕事を任されるようになりました。会社の中でも極めて珍しい仕事ですね。

東日本大震災があったときに、さまざまな情報を一般の方にわかりやすく伝える必要性を感じました。その頃から、難しい話を優しく伝えていくことに興味を持ち始めたんです。

井手:

政治家や経営者のスピーチは固い印象があるんですが、今はそうではないということですか?

ひきた:

官僚答弁みたいなスピーチは一般的には通じないわけです。

例えば選挙があって、一般の方に向けて喋るときには、それ相応の言葉が必要になってきます。難しい言葉をどうわかりやすくするかが非常に大事です。

CMではいわゆる「カッコいい言葉」を作ってきましたが、スピーチライターは「わかりやすい言葉」を作る仕事なんです。

井手:

昔は「カッコいい言葉」の方が重宝されていたように思いますが、時代とともに変わったということなんでしょうか?

ひきた:

価値観が変わったということだと思います。

行政は行政の方言を、科学技術は科学技術の方言を持っている。若者は若者の方言を、ビジネスパーソンはビジネスパーソンの方言を持っている。

それぞれが専門用語という方言をただ喋るだけでは、通じているようで実は通じていない。そうした日本の現状に気づいたんだと思います。

方言で話していては伝わらないので、小学校4~5年生でもわかる言葉で表現することが大事です。調べてみると、トランプ大統領の英語は小学校4年生くらいの語彙で構成されていることがわかりました。難しい話題でも、わかりやすい言葉で話すことが重要になっています。

井手:

ひきたさんの思う「いいスピーチ」とはどんなものですか?

ひきた:

スピーチは、相手の頭にインプットするだけではダメだと思っています。内容を理解してもらうだけではなく、聞いた人がアウトプットすることが大事。聞いた人が他の場所で拡散してくれるようなスピーチが理想ですね。

中学・高校時代、人気のある先生は生徒にモノマネされていたと思います。まさにそれが理想です。

苦手意識の「レッテル貼り」に要注意


井手:

ここ数年、「話し方」の本で多数のベストセラーが出ていますが、コロナが関係しているんでしょうか?

ひきた:

『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』はコロナ前の2018年に発売した本ですが、コロナ禍になってから一気に火がつきました。

コロナ以前も話すのが苦手な人は多かったはずですが、テレワークが始まってから苦手意識を持つ人がますます増えたように思います。さらに今はリアルとテレワークが共存するようになって、コミュニケーションがいっそう難しくなっていますね。

5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
ひきたよしあき
大和出版
本の購入はこちら
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
著者
ひきたよしあき
出版社
大和出版
本の購入はこちら
井手:

話し方に苦手意識を持っている人は、根本的には何が原因なんでしょうか?

ひきた:

私は話し方に苦手意識のない人はほとんどいないと思っています。

今は昔と違って、炎上のリスクを考えなくてはいけなかったり、空気を読まなくてはいけなかったりと、好き勝手には喋れない時代です。自分の意見を言って絶賛されることは稀で、むしろ反対意見が拡散されてしまう。「本音を語ること」や「自分の意見を強く主張すること」が難しい時代になってきていますね。

そうした背景の中で、「自分は話すのが苦手だ」とレッテル貼りをしてしまうと、完全に苦手ゾーンに入ってしまうんです。そうなるとなかなか抜け出せません。100%うまく話せる人はそういないわけですから、苦手と決めつけず「まあ失敗することもあるさ」と思っておけばいいのです。

“今日から試せる”「話し方」の3つのコツ

井手:

そんなひきたさんに、“今日から試せる”「話し方」の3つのコツを教えていただけたらと思います。まずは1つ目をお願いします。

ひきた:

まずは「間(ま)を作ること」です。

リアルでのコミュニケーションに比べて、オンラインでは、聞くことに疲れやすくなります。そして、オンラインならではの微妙なタイミングのズレや、話が重なったときの気持ち悪さもあるでしょう。

そんな状況の中で、ブワーッとよどみなく喋ってしまうと伝わりにくいもの。いつもよりも「間」を意識しながら喋ることが大事です。

間を置くときに少し口角を上げると、笑顔に見えていいです。少しずつ笑顔を挟むことで、上機嫌であることがわかり、話も伝わりやすくなります。

井手:

リアルのコミュニケーションとは違うポイントで大変参考になります。では2つ目をお願いします。

ひきた:

2つ目は「相手の声を入れながら喋ること」です。

途中で「これはどうでしょうか?」とQ&Aを入れることで、相手に考えてもらう時間を作りましょう。大学でも、先生の声だけがする授業ではダメで、学生の声がする授業が理想と言われたりしますよね。

「立て板に水」で自分ばかりが喋っていても、実は伝わっていないことは多いものです。相手に考えてもらう時間を作るのは、緊張感を生むことにもなります。参加型にすることで、相手が単なる聞き手ではなくなるわけです。

オンラインのときはPowerPointをQ&A形式で作っておくと進めやすくなるでしょう。

井手:

参加型にすると、一体感だけでなく緊張感も生まれるんですね。確かに相手の達成感や充実度も変わってくると思います。では最後、3つ目をお願いします。

ひきた:

3つ目は「短く話すこと」です。

岡田斗司夫さんが言っていたんですが、TBSの「News23」は7秒ごとにカメラ割りを変えていたんだそうです。それは、7秒ぐらいで人は飽きてしまうから。

人が集中できる限界は、テレビの15秒CMくらいだというイメージでいていいのではないでしょうか。実はYouTubeのCMも7秒程度のものが増えています。

そんな中で、15秒で喋るクセをつけてみるといいと思います。15秒というと短く感じるかもしれませんが、3センテンスくらいは喋れるものです。

15秒をひとまとまりにして喋るクセをつけておくと、驚くほどわかりやすく人に伝わります。これを意識するだけでダラダラと冗長になることも防げます。

「書くように話す」「話すように書く」


井手:

「なるべく短く」という考え方は、ひきたさんが本を書くときにも大事にされているそうですね。

ひきた:

そうなんです。私は本の原稿もすべて音読して秒数を計って、何秒で読めるかを意識しています。

1章を4分で読み終わるように計算していまして、地下鉄の1駅の区間の時間で読めるのが理想。ちょっと物足りないなと思うくらいが、飽きられずに読んでもらう秘訣かなと思います。

井手:

リズムをもって読めて、短くまとまっているから頭に入ってきやすいわけですね。

そう考えると、話し方と書き方は、別なようで共通点も多いということなんですか?

ひきた:

「書くように話す」「話すように書く」訓練が必要だと思います。声が聞こえてくるような文章を書ければ、それがベストです。

本だからといって必ずしも書き言葉を使うべきではなくて、私は話し言葉で書くことを意識しています。

井手:

話し言葉と書き言葉は分けて考えがちですが、受け取る側は同じ人間ですからね。

ひきた:

昔の言文一致されていない時代の教育の名残だと思います。

書き言葉のあり方は、インターネットが普及して一番変わった部分かもしれません。SNSに書き込むことはトークに他ならないですからね。

井手:

伝えたいことを、受け手にどう伝えるか。これは、話す・書くにかかわらず同じことなんですね。大事な視点をいただきました。ありがとうございました!

5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
ひきたよしあき
大和出版
本の購入はこちら
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
著者
ひきたよしあき
出版社
大和出版
本の購入はこちら
「スルーされない人」の言葉力
「スルーされない人」の言葉力
ひきたよしあき
大和出版
本の購入はこちら
「スルーされない人」の言葉力
「スルーされない人」の言葉力
著者
ひきたよしあき
出版社
大和出版
本の購入はこちら
一瞬で心をつかみ意見を通す対話力
一瞬で心をつかみ意見を通す対話力
ひきたよしあき
三笠書房
本の購入はこちら
一瞬で心をつかみ意見を通す対話力
一瞬で心をつかみ意見を通す対話力
著者
ひきたよしあき
出版社
三笠書房
本の購入はこちら
インタビューの動画をYouTubeでご覧いただけます。
なぜ「話し方」の本が大ヒットしているのか? スピーチライター・ひきたよしあきさんゲスト(前編)
今日から試せる「話し方」のコツ3選 スピーチライター・ひきたよしあきさんゲスト(後編)

ひきた よしあき

大阪芸術大学客員教授 コラムニスト スピーチライター。

1984年早稲田大学法学部卒。学生時代より「早稲田文学」学生編集委員を務め、NHK「クイズ面白ゼミナール」のクイズ制作にも携わる。博報堂に入社後、クリエイティブディレクターとして数々のCM制作を手がける。政治、行政、大手企業のスピーチライターとしても活動。"人の心を動かす"原稿が評判を呼び、数多くのエグゼクティブから指名が殺到。また、大阪芸術大学、明治大学をはじめ、多くの大学の講義では「就職後まで役に立つ」「一生ものの考える力が身につく」と学生からも支持を集める。慶應MCC、NHK文化センターなどのカルチャースクール、企業、自治体、学校で講演活動を行うほか、社会人向けオンライン学習コミュニティ「Schoo」では、日本語の素晴らしさをわかりやすく伝える講義が大人気となっている。主な著書に『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』(大和出版)『人を追い詰める話し方 心をラクにする話し方』(日経BP)など多数。

このインタビューを友達にオススメする
文責:井手琢人 (2022/08/10)
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
「マーケティング本」のテッパン3冊
「マーケティング本」のテッパン3冊
2022.08.31 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク