「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
『視点という教養』共著者・野村高文さん

「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた

各界のトップランナーに読書に関する取材を重ね、自身も書籍編集やラジオでの書評コンテンツに携わってきた、音声プロデューサーの野村高文さん。音声コンテンツのさらなる可能性を探求しようと、2022年にPodcastレーベル「Chronicle(クロニクル)」を立ち上げました。

そんな野村さんは、歴史を面白く学ぶCOTEN RADIO(コテンラジオ)でおなじみ、株式会社COTEN代表取締役・深井龍之介さんとの共著『視点という教養』を出版されました。本書にどんなメッセージをこめたのでしょうか? 野村さん自身がリベラルアーツを学ぶ面白さを実感した原体験にも迫ります。

なぜ、いま、多様な「視点」を得ることが大切なのか?

「a scope ~リベラルアーツで世界を視る目が変わる~」というPodcastを始めたきっかけは、深井龍之介さんが「歴史だけでなく、さまざまな学問を視野に入れたい」という構想を語ってくれたことです。私が当時ちょうどNewsPicksで音声事業をしていたこともあり、すぐに新しいPodcastをはじめよう、と意気投合しました。物理学、文化人類学、仏教学、歴史学、宗教学、教育学、脳科学。各界の専門家との対談は非常にワクワクするもので、それを書籍化したのが『視点という教養』です。

変化が激しい時代では、自分にとっての常識がいつのまにか世の中の常識とずれていってしまう。それによって、他者を傷つけるおそれもある。私にはそんな課題意識がありました。常識とのずれに気づくためには、自分の視点は、数ある中の一つであって絶対的なものではないと認識する必要があります。だからこそ、他者のもつ多様な視点を知ることが大切だと感じていました。

他者の視点を知るうえで、さまざまな学問にふれることは有用です。学問は人類が連綿と英知を受け継ぎ、セオリー化したものです。さまざまな学問にふれて、そのフィルターを通すことで、見える世界が変わる。それにより他者の視点を学びやすくなります。

視点という教養
視点という教養
深井龍之介,野村高文
イースト・プレス
本の購入はこちら
視点という教養
視点という教養
著者
深井龍之介 野村高文
出版社
イースト・プレス
本の購入はこちら

仏教はきわめてロジカルだった? 輪廻転生をゲーム理論で解説する

どの専門家との対談も非常に面白かったのですが、特に印象深かったものを1つあげるとしたら、実験寺院寳幢寺・僧院長の松波龍源さんに登場いただいた、仏教学です。反響も特に大きかったですね。

驚いたのは、仏教の思想体系が実にロジカルにできていること。しかも、社会科学が仏教の真理を裏づける状態になっています。

たとえば、ガウタマ・シッダールタはなぜ輪廻転生を説いたのか。これはゲーム理論の「囚人のジレンマ」で説明がつく、と龍源さんは説きます。

「囚人のジレンマ」とはこのようなものです。ある犯罪の容疑で捕まった容疑者2人が、別々の部屋で尋問を受けています。2人がとれる選択肢は「自白する」「自白しない」のいずれかで、自白の状況によって受ける刑罰の重さが異なります。2人とも自白したら懲役5年。一方が自白してもう一方が黙秘したら、自白したほうは即釈放、黙秘したほうは懲役10年。2人とも黙秘すれば両者とも懲役2年で済む。

一回きりのゲームとしての「囚人のジレンマ」なら、囚人は自分の利益を最大化するために自白するほうが有利。ところが、無限に繰り返すゲームだとしたら、相手を裏切ると仕返しされる可能性が高いため、囚人らは協力して互いに黙秘するほうが有利になる。前者を「ナッシュ均衡」、後者を「パレート最適」といいます。

輪廻転生をこの考え方にあてはめてみましょう。もしも輪廻がない世界だとしたら、人生は一回限り、目の前の人と再会する可能性も低い。だから、目の前の人から搾取しても逃げ切ればいいと考えてしまう。この世で「いい人」でいるためのインセンティブが少ないのです。ですが、人生というゲームが無限にくり返されるのなら、互いを思いやったほうが有利という論理的な結論を導けるのです。

つまり、現代の経済学における発見は、すべてガウタマ・シッダールタが2000年以上前に説いていたことと一致する。これは非常にワクワクするお話でした。人類が長い時間をかけて蓄積してきたものは、残るだけの理由があるのだなと感じます。

「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた

リベラルアーツを学んでいくと、物事の見え方が変わる。その面白さを明確に実感したきっかけは、大学時代にさかのぼります。野矢茂樹先生の哲学の授業を受け、 著書『哲学の謎』に出合いました。この本は、「私が死んでも世界は続くのか?」「時が流れるというのは本当か?」といった身近な切り口の問答形式で、実在や知覚行為、自由などの哲学の根本問題を考察していく名著です。

そこに登場する「哲学的ゾンビ」という思考実験が非常に面白かった。これは「ふつうの人間のように見えるけれど、実は内面的な感情を持たない存在」について考える思考実験です。もし目の前の人が私の話にうなずいてくれていても、実はそれは、ある刺激に特定の反応をするようプログラムされているだけかもしれない――。でもそれを判定するすべはなく、そこから「意識とは何なのか?」という問いが生まれました。

この本との出合いは、何か新たな理論を知ると世界が変わって見えることの面白さを感じた原体験です。こうした経験を積むにつれ、「この学問はどういう理論で世の中を説明しているのだろう?」というところに興味をもつようになりましたね。

音声コンテンツの可能性

Podcastレーベル「Chronicle」を立ち上げたのは、私が音声コンテンツの可能性を感じていたからです。音声は、その人の人間性や本心がもっともありのままに伝わるメディアです。もっと多くの専門家の方々がご自身の知見を、声を通じて届けていただけたら嬉しいですし、ご縁があれば、コンテンツプロデューサーとして、その声がより届きやすくなるような編集に携わっていきたいと考えています。

これまで情報のインプットといえば、活字がメインで、ゆっくり視覚情報にふれる余裕がある人に閉じている面がありました。ですが、音声なら、手を動かしながらでもインプットできます。育児中の方など、ゆっくりインプットする時間をとりにくい方でもコンテンツを味わえる。そんな社会をめざすためにも、音声コンテンツは今後もっと広まっていってほしい と思っています。

視点という教養
視点という教養
深井龍之介,野村高文
イースト・プレス
本の購入はこちら
視点という教養
視点という教養
著者
深井龍之介 野村高文
出版社
イースト・プレス
本の購入はこちら

野村高文(のむら たかふみ)

Podcast Studio Chronicle代表

音声プロデューサー・編集者。愛知県知立市出身。東京大学文学部卒。PHP研究所、ボストン・コンサルティング・グループを経て、2015年にNewsPicksに入社。NewsPicksアカデミアマネージャー、編集部デスク、音声事業プロデューサーなどを歴任。2022年に独立し、Podcastレーベル「Chronicle(クロニクル)」を立ち上げ。手掛けたPodcastに「News Connect あなたと経済をつなぐ5分間」「みんなのメンタールーム」「経営中毒 だれにも言えない社長の孤独」など。TBSラジオ「テンカイズ」に出演中。旅と柴犬とプロ野球が好き。

このインタビューを友達にオススメする
文責:松尾美里 (2022/09/08)
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年5月~6月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年5月~6月)
2022.06.26 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク