『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
いま世界が「Web3とDAO」に熱狂する理由

『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?

いま世界が注目するDAO(自律分散型組織)。ブロックチェーン上で成立する組織の新しい形であるDAOは、現時点で「中心のない、ミッションドリブンのコミュニティ」を意味するそうです。DAOに注目が集まっている理由は何なのか? 公平で民主的な組織構造といわれるDAOが広がることで、社会や意思決定のあり方はどのように変わっていくのでしょうか。

その概要と本質がつまった一冊が『Web3とDAO』です。著者の亀井聡彦さん、鈴木雄大さん、赤澤直樹さんに、DAOの可能性についてお聞きします。

Web3とDAOの源流はインターネット黎明期にある

── 『Web3とDAO』を執筆した背景は何でしたか。

亀井聡彦さん(以下、亀井):2021年になってNFTやメタバースといった言葉が、ビジネスの世界でもバズりはじめました。ただ、個々の用語が独り歩きする前に、NFTやメタバースはWeb3に包括されているものだという点を広く知らせることが大事だと考えました。Web3とは、ブロックチェーン技術をもとに構築される「次世代の分散型インターネット」のことで、社会的な大変化を引き起こす潮流です。

私たちFracton Venturesは2021年の創業時から、企業向けに教育・啓蒙活動をおこなっていました。そしてちょうど出版社から書籍化のお声がけをいただいたんです。

赤澤直樹さん(以下、赤澤):Web3は2022年にいきなり登場した概念に見えますが、実は1960年代後半にインターネットの原型が生まれたとき以来の思想が受け継がれてきた、歴史の一ページなんです。そうした文脈を知っていただけるよう、本書の最初でインターネットの歴史を振り返ったうえで、Web3とDAOの概要と本質を綴りました。

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」
Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」
亀井聡彦,鈴木雄大,赤澤直樹
かんき出版
本の購入はこちら
Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」
Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」
著者
亀井聡彦 鈴木雄大 赤澤直樹
出版社
かんき出版
本の購入はこちら
亀井聡彦さん

DAOとサロンとを分ける「決定的な違い」

── DAOはWeb3を語るうえで欠かせない概念だと聞きました。DAOはどのような世界観をめざすものでしょうか。

赤澤:DAOは発展途上の概念なので、人によって定義がさまざまです。その前提でわかりやすく説明すると、「中心のない、ミッションドリブンのコミュニティ」のようなもの。ブロックチェーン上で、参加者が協力して管理・運営する組織です。地理的・人種的な制約もなく、多様な個人がコミュニケーションして貢献できるフラットな組織です。

── ミッションドリブンということで、DAOという組織は「サロン」と感覚的に似ている気がしますが、どんな違いがあるのですか。

赤澤:サロンとの最大の違いは「中心に人がいるか」です。サロンだと、貢献してくれた人に報酬を与えるとして、その意思決定の中心人物である主催者や、報酬を口座に振り込む経理担当者がいます。そうした構造ゆえに、上下関係がどうしても生まれてしまう。

一方DAOでは、組織を統率するリーダーはおらず、メンバーみんなで意思決定を担います。コミュニティの資産をデジタル公共財として参加者で管理するのです。その意味では、DAOは地域の組合や寄合に近いですね。

ただ、土台にブロックチェーンがあることで、ネット上で数億円レベルのオペレーションが可能になっています。スマホの登場も画期的でしたが、あくまでPCなどを使ってインターネット上でできていたことが、身近なモバイル端末でも簡単にできるようになっただけともいえますよね。一方、DAOの仕組みはそれ以上のパラダイムシフト感があります。

赤澤直樹さん

意思決定をもっとオープンに、フェアに

── DAOが個人や社会に与えるプラスの影響について教えてください。

鈴木雄大さん(以下、鈴木):個人のメリットは普段得られない経験を積める点です。現時点ではDAOに参加している日本人が限られています。そのため、いま加入すれば、日本人代表として意見を求められることも多くなり、個人のネットワークを広げやすいでしょう。

社会に対するメリットは、意思決定をもっとオープンでフェアなものにできること。株式会社では、経営層が重要事項を会議室のなかで決議し、その結果だけがトップダウンでメンバーに共有されます。その点DAOなら、意思決定の「過程」を見える化できる。DAOでは、誰でも提案のドラフトを出せますし、みんなで議論ができます。そして方向性が固まると、代表者が提案を書き、トークン保持者が投票する仕組みです。つまり、メンバーの意見が尊重されやすいといえます。しかも、コミュニティに対する貢献度しだいで参加者一人ひとりに還元される度合いが決まるので、フェアな仕組みだといえます。

また、DAOは本名を出す必要がないので、国籍も年齢もジェンダーも問われません。若いときから活躍できるダイバーシティに富んだ世界で、同じミッションをめざす仲間に出会い、協働できるのは画期的だなと思います。

鈴木雄大さん

気候変動、ウクライナ支援。DAOの思わぬ可能性とは?

── 今後は株式会社とDAOが共存していくと思うのですが、DAOがより馴染む分野などはあるでしょうか。

赤澤:課題が解決するとその果実が広くいきわたるような領域です。たとえばSDGsで掲げられる気候変動、水不足の課題解決などと相性がいいですね。グローバルレベルで取り組むべき教育の改革といった領域も、ボトムアップであるDAOのほうが進めやすいといえます。

あとはエンタメ業界もDAOと相性がいい。推しのアーティストやクリエイターをみんなで盛り立てていくことができます。

亀井:地震や水害といった有事の際にも、DAOはすぐに世界中から支援金を集められます。具体例としては、ロシアによるウクライナへの侵攻を受けて発足した「ウクライナDAO」が、暗号通貨での資金調達に成功したケースがあります。そのほか、DAOの「中心がいない」という性質を利用して、国家的な不正を暴くといったジャーナリズムでも活用ができそうです。

どの技術も人間の倫理観が問われる

── 一方でDAOの抱える課題やリスクは何でしょうか。

鈴木:DAO内のルールで定義していないことが起きたときにどう対処するのかが不明瞭な点です。たとえば、DAOが解散する可能性があるのか、解散したら個人はどうやって資産を取り戻せるのか、その相談は誰にすればいいのか、といったことです。

自律分散の諸刃の剣といえますが、トラブルが起きた場合は個々人が対処しないといけません。自律的に考えて行動することに慣れている人はよいですが、大部分の人は何もかも自分で決めるよりも、ある程度指示がほしいと思うのではないでしょうか。この点はDAOが発展するなかで乗り越えるべき壁だと考えています。

赤澤:日本の法律上の課題として、現時点では換金性のあるトークンを用いる場合、DAOの立ち上げが難しい状況です。ですが、経済産業省が「Web3.0政策推進室」を設置しWeb3を推進すると表明しているので、DAOを設立・運営しやすい環境が整えられていくでしょう。

他の課題は、DAOのルールを実行するスマートコントラクト(取引における契約を自動化する仕組み)がオープン性を大事にしているために、どんな用途にも使える点です。たとえばテロリストがDAOを組織したら、武器や資金を世界中から集められてしまう。ブロックチェーンからお金の流れをたどれますが、中央集権的な存在が取り締まれるわけではないので、その流れを遮断できません。そうしたリスクを食い止める技術も必要かもしれません。いずれにせよ、技術を活用する人間の倫理観が問われます。

── Fracton Ventures として注目しているDAOの事例はありますか。

鈴木:注目しているのは、MetaCartel Ventures(メタカルテルベンチャーズ)。投資の意思決定がすべてイーサリアムのパブリックブロックチェーン上でおこなわれる、ベンチャーキャピタルのDAOです。スタートアップに資金を提供し、株式あるいはトークンを受け取るようになっています。

面白いのが、各業界における最前線のプレイヤーたちの知見が集約されていることです。これまでVCは出資者からお金を預かり、増やして返さないといけないので、投資効率のよいスタートアップに出資するようになっていました。ですが、本来VCがめざすのはイノベーションの加速です。MetaCartel Venturesでは、ステークホルダーを分散化させることで、投資対効果の重圧がある意味薄まります。エンジェル投資家がチームを組むように、面白いスタートアップに専門的な知見を注ぎこみ、その成功確率を高めていきます。VCに個人主権の考え方を組み込むという、Web3の世界観にマッチしたDAOではないでしょうか。

民主主義、望むコミュニティのあり方が問われる

── DAOは参加者みんなで意思決定するという性質をもつため、直接民主主義がどこまで機能するかが問われるように思いました。DAOが普及することで社会や民主主義にどんな価値をもたらすのでしょうか。

赤澤:そうですね。直接民主主義的な意思決定がどれくらい機能するかは大きなチャレンジだととらえています。技術には鏡のような側面があります。たとえば人工知能(AI)が広がったことで、人の知能や学習のプロセスについて問い直すことになりました。

同様に、Web3やDAOの概念が登場したことで、民主主義とはいったい何なのかという問いが自分たちに向けられています。DAOが自由につくれるようになると、何をすれば儲かるかを自分でデザインできるようになる。すると、そもそもどういった経済やコミュニティのもとで生きていきたいのかと問いを向けられることになります。DAOの価値は、こういった今まで考えてなかった問いが広がることです。

国の統治や企業の統治とハレーションが起きることもありますが、自分はどう生きたいのかというディスカッションが起きることこそが価値だととらえています。投票制度についても一人一票以外のあり方も検討するチャンスが生まれるかもしれない。一番大切なのは対話が生まれること。そのなかで、市場経済とDAOがそれぞれうまくはまるところを見つけてカバーしていくと見ています。

『攻殻機動隊』はDAOの未来を予言していた?

── これまで読まれた本のなかで、未来を見通すうえで参考になった本や、価値観に大きな影響を与えた本はありますか。

鈴木:士郎正宗さんのマンガが原作になっているSF小説版『攻殻機動隊』です。90年代初期に生まれたSFって、巨大な統治者が現れたり、アイデンティティは身体それとも電脳に宿るのかと問いかけたり、現在議論されている課題を描いていることが多い。『攻殻機動隊』では未来の予言書的な世界観が広がっていて、読み直すたびに新たな発見があります。DAOの概念がなかった時代に、DAOが広がった社会で起きうる問題を描いていて、どうやってそんな着想ができたのだろうと思わずにいられません。

亀井:価値観に影響を及ぼした本といえば、大前研一さんと柳井正さんの共著『この国を出よ』です。大学4年生のときにこの本を読んで、海外に出て挑戦をしようと背中を押されました。その後2011年にサンフランシスコへ行き、スタートアップコミュニティに出合ったので、人生を変えた本といえるかもしれません。著者おふたりは、海外で学んだあと、日本に戻って還元することの大切さも説いています。その考えに私も影響を受けました。今後は世界中のメンバーが参加するDAOに参加することも、「この国を出る」ための1つの選択肢だと伝えたいですね。

赤澤:価値観に影響を与えたのは、『置かれた場所で咲きなさい』です。ノートルダム清心女子大学の学長も務めた渡辺和子さんが書いたミリオンセラーです。Web3やDAOなど色々なトレンドが生まれてくるなかで、自分はどう生きたいのかと振り返るきっかけをくれました。自分にないものばかり追っても、人と比べてもしょうがない。いま置かれた場所でどう自分の花を咲かせるか。根っこにある自分の軸と向き合うように促してくれた大事な一冊です。

── 素敵な本の紹介をありがとうございます。最後にFracton Venturesのビジョンを教えてください。

鈴木:Web3やDAOは私たちの価値観や社会のあり方を本質的に変えていく潮流です。Fracton Venturesは投資組織ではなくインキュベーターとして、こうした潮流をベースにしたスタートアップやプロジェクトを育てていくことに貢献していきたいと考えています。色々なチャレンジを考えているDAOに対し、多様な専門家のアイディアを持ち込んでいきたいですね。世界的にもレアなチャレンジですが、一緒に挑戦していきたいという仲間を増やしていけたらと願っています。

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」
Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」
亀井聡彦,鈴木雄大,赤澤直樹
かんき出版
本の購入はこちら
Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」
Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」
著者
亀井聡彦 鈴木雄大 赤澤直樹
出版社
かんき出版
本の購入はこちら

亀井聡彦(かめい としひこ)

Fracton Ventures Co-Founder

2013年から、シードアクセラレーターであるMOVIDA JAPAN に参画。主にシード期のスタートアップへの投資育成支援、並びに、大企業のイントレプレナー育成を行う。2015年から、コレクティブ・インパクト・コミュニティのミスルトウ株式会社、IoT特化ファンド株式会社アバラボにて、スタートアップエコシステム活性化のため、投資、育成、支援を行う。Web3のスタートアップエコシステムに貢献するべく2021年に、Fracton Ventures株式会社を共同創業。

鈴木雄大(すずき ゆうだい)

Fracton Ventures Co-Founder

スタートアップインキュベーター、東証一部上場の金融機関を経て、2021年にFracton Ventures株式会社を共同創業。2017年からブロックチェーン分野で登壇や執筆活動などを行う。2019年よりインターネット白書に毎年ブロックチェーン分野で寄稿するなど、世界のWeb3の動向についていち早く調査・情報発信を行っている。日本暗号資産ビジネス協会DeFi部会副部会長、一般社団法人イーサリアムステーキング協会の理事を務める。

赤澤直樹(あかざわ なおき)

Fracton Ventures Co-Founder / CTO

2016年からフリーランスエンジニアとしてデータ解析・機械学習分野を中心に活動を開始。2018年からはブロックチェーン及びスマートコントラクトを利用した複数の実証実験に企画設計から開発まで一気通貫で参加し、主にプロトタイプ開発を行うことで貢献した。同時に、国外のコミュニティを中心に、トークンエンジニアリングの発展・普及に向けた活動を開始する。2019年からはブロックチェーン人材を育成する株式会社FLOCで講師やカリキュラム開発を行う。また、同年11月には技術者向けの入門書である『Pythonで動かして学ぶ!あたらしいブロックチェーンの教科書』の執筆を担当。2021年にFracton Ventures株式会社を共同創業。同社でWeb3社会、DAOの普及・到来に向けて啓蒙を含めた活動を行う。

このインタビューを友達にオススメする
文責:松尾美里 (2022/09/20)
今週の要約ランキング
1
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
今井孝
未 読
リンク
2
脳の名医が教える すごい自己肯定感
脳の名医が教える すごい自己肯定感
加藤俊徳
未 読
リンク
3
BATNA
BATNA
齋藤孝 射手矢好雄
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
今井孝
未 読
リンク
2
脳の名医が教える すごい自己肯定感
脳の名医が教える すごい自己肯定感
加藤俊徳
未 読
リンク
3
BATNA
BATNA
齋藤孝 射手矢好雄
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
マネジャー必見! コーチングのマインドセットが身につく6選
マネジャー必見! コーチングのマインドセットが身につく6選
2022.04.13 update
リンク
星野リゾート代表の本の読み方
星野リゾート代表の本の読み方
2022.04.29 update
リンク