食欲の秋ですね!「食」に関する良書5選
食に関する歴史からビジネスまで。こんなコースはいかがでしょう?

石渡翔

秋といえば読書、芸術、スポーツ……と、さまざまなものが思い浮かびますが、そのなかでもやはり「食欲の秋」は外せません。

というわけで(?)、今回はフライヤーがこれまで要約してきた書籍のなかから、「食」に関するものをピックアップ。どどんと紹介しております。

「食」は毎日向き合うものであり、だからこそ、とても奥深いもの。

いつもの食事をさらに豊かにするためのスパイスとして、読書を楽しんでいただければ幸いです。

食べる人類誌
食べる人類誌
フェリペ・フェルナンデス=アルメスト,小田切勝子(訳)
早川書房
本の購入はこちら
食べる人類誌
食べる人類誌
著者
フェリペ・フェルナンデス=アルメスト 小田切勝子(訳)
出版社
早川書房
本の購入はこちら
食の歴史を追うことは、そのまま人間の歴史を追うこと。 食事は、たんに食べ物を口に運ぶということだけでなく、重要なコミュニケーションのかたちとして発展してきました。 人間がこれまで、食においてどのような「革命」を成し遂げてきたのか? これ1冊で、食を「文化」としてとらえる視座が養われるとともに、これまで人間が積み上げてきた食文化の厚みに驚嘆させられることでしょう。 491ページと、なかなか”食べごたえ”がありますが、お時間のあるときにぜひご賞味を。
料理ができる男は無敵である
料理ができる男は無敵である
福本陽子
サンマーク出版
本の購入はこちら
料理ができる男は無敵である
料理ができる男は無敵である
著者
福本陽子
出版社
サンマーク出版
本の購入はこちら
働き方が多様化してきたご時世を反映してか、最近、「男子たるもの、料理すべし!」という空気をビシビシ感じます。 とはいえ、料理を1から始めるとなると、それなりの準備が必要となるもの。 そこで本書の出番というわけです。 本書を読めば、料理が思った以上に気楽で、なおかつクリエイティブだいうことに気付かされるでしょう。 料理に関心はあるけど、なかなか始めるきっかけがつかめないという男性に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。
ジョコビッチの生まれ変わる食事
ジョコビッチの生まれ変わる食事
ノバク・ジョコビッチ,タカ大丸(訳)
三五館
本の購入はこちら
ジョコビッチの生まれ変わる食事
ジョコビッチの生まれ変わる食事
著者
ノバク・ジョコビッチ タカ大丸(訳)
出版社
三五館
本の購入はこちら
秋といえば食欲だけでなく、スポーツの季節でもありますよね。 男子テニス界において、今なお絶対王者として君臨するジョコビッチの強さの秘密は食事にありました。 小麦と乳製品に不耐症を持っていることがわかったジョコビッチは、大幅な食事改革を開始。 その結果、今の輝かしい姿があるというわけです。 とはいえ、本書の本当のメッセージは「体の発するメッセージに耳を傾け、食を楽しむ」という姿勢そのものにあります。 スポーツには興味が無いよ! という人にも、ご一読をお薦めいたします。食べ物は情報!
クックパッドのデータ分析力
クックパッドのデータ分析力
中村耕史
日本実業出版社
本の購入はこちら
クックパッドのデータ分析力
クックパッドのデータ分析力
著者
中村耕史
出版社
日本実業出版社
本の購入はこちら
クックパッドといえば、日本最大の料理レシピ投稿・検索サイトとしてよく知られていますが、そのなかの「たべみる」という機能をご存知の方は、それほど多くないかと思われます。なにせ、クックパッド社内でもあまり注目されてこなかったそうですから。 「たべみる」は、クックパッド利用者の膨大なデータを利用したサービスのこと。著者たちはこの有用性に着目し、「たべみる」の大幅なリニューアルへの取り組みにとりかかります。 ビッグデータを用いることで、食へのアプローチがどのように変わるのか? そしてその先にクックパッドが見据える未来とは? お家騒動が注目されている昨今ではありますが、クックパッドの持つ強みはまだまだ失われていない、と感じさせられます。
ぷしゅ よなよなエールがお世話になります
ぷしゅ よなよなエールがお世話になります
井手直行
東洋経済新報社
本の購入はこちら
ぷしゅ よなよなエールがお世話になります
ぷしゅ よなよなエールがお世話になります
著者
井手直行
出版社
東洋経済新報社
本の購入はこちら
お月見といえば、お酒。お酒といえば、ビール――そんな方程式が成り立つかどうかはわかりませんが、ラベルに月をたたえた「よなよなエール」を片手に、のんびりお月見をするというのもオツなもの。 本書は、楽天市場で9年連続「ショップ・オブ・ジ・イヤー」を獲得した、ヤッホーブルーイング社の代表取締役社長による奮闘記です。 今では大人気の「よなよなよなエール」ですが、泣く泣く廃棄しなければならないほど売れていない時期もあったのだとか。 どん底から∨字回復を果たした理由は果たしてどこにあるのでしょうか? 読み終わったころ、思わずビールが飲みたくなること間違いなしです。
公開日:2016/09/08
このイチオシを友達にオススメする

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
Think Smart
Think Smart
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
2
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
3
葉隠 処世の道
葉隠 処世の道
前田信弘(編訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

ベストセラーの“アホ本”がまんが版で登場!
ベストセラーの“アホ本”がまんが版で登場!
2020.01.28 update
リンク
フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
2020.01.22 update
リンク
『僕たちはヒーローになれなかった。』
『僕たちはヒーローになれなかった。』
2020.01.21 update
リンク
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
Think Smart
Think Smart
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
2
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
3
葉隠 処世の道
葉隠 処世の道
前田信弘(編訳)
未 読
リンク
出版社のイチオシ#011
出版社のイチオシ#011
2019.03.08 update
リンク
「本物の経営者」なら会社を売りなさい!
「本物の経営者」なら会社を売りなさい!
2015.11.15 update
リンク