夏休みはどこに行く? 国・地域・旅館を知る本
知れば知るほど行きたくなる

庄子 結

梅雨があけ、いよいよ夏本番です。

夏といえば、夏休み! 自宅でのんびりしたり、帰省したり、いつものメンバーで飲み会を開催したり・・・・・・もいいですが、旅行にぴったりの時期でもありますよね。

そこで今回は、特定の国や地域、旅館をテーマにした書籍を紹介します。夏休みの旅行先を決めたり、旅行気分を盛り上げたりする一助となれば幸いです。

ガイドブックにプラスして、その地にちなんだ書籍を持って行くのも楽しいはず。目的地について予習しておくことで、さらに旅が充実すること請け合いです。旅のおともに、1冊いかがですか?

トップも知らない星野リゾート
トップも知らない星野リゾート
著者
前田はるみ 月刊『THE21』編集部(編)
出版社
PHP研究所

ユニークなプログラムを提供するなどのおもてなしで知られる星野リゾート。 そのために星野代表が力を注いできたのは、「フラットな組織文化」を実現することでした。 彼らがおもてなしにかける情熱を知れば、今すぐ泊まりに行きたい!と感じるはず。

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方
外国人が熱狂するクールな田舎の作り方
著者
山田拓
出版社
新潮社

海外に行くと、現地の人にとってはなんでもない風景であっても、新鮮に見えるものです。 そこに目をつけたのが、飛騨古川でツアー事業を手がける著者でした。「SATOYAMA EXPERIENCE」として、サイクリングツアーを企画し、好評を博します。 日本らしさとは何か、観光とはどうあるべきか――改めて考えさせられる一冊です。外国人の目線で、「田舎」を楽しんでみてはいかがですか?

スタートアップ大国イスラエルの秘密
スタートアップ大国イスラエルの秘密
著者
加藤清司
出版社
洋泉社

ここからは海外に目を向け、いま注目を集めている国の本をご紹介しましょう。 3つの宗教の聖地として知られるイスラエル。日本人にとっては、ベールに包まれていて、なかなかその顔が見えてこない国でもあるのではないでしょうか。実はそんなイスラエルは、グローバル企業がこぞって投資するスタートアップ大国でもあるのです。 本書を読めば、イスラエルが「中東のシリコンバレー」と呼ばれる所以が理解できるでしょう。

日本人だけが知らない砂漠のグローバル大国UAE
日本人だけが知らない砂漠のグローバル大国UAE
著者
加茂佳彦
出版社
講談社

世界一高いビル、世界一大きいモール、世界一長い自動制御鉄道・・・・・・「世界一」とつくものが目白押しのUAE。世界中から就職希望者が殺到し、人口のうちの9割が外国人だという国でもあります。そうした基礎情報から、住まなければ見えてこない裏の顔まで、前在アラブ首長国連邦(UAE)特命全権大使である著者が紹介してくれる一冊です。

インド・シフト
インド・シフト
著者
武鑓行雄
出版社
PHP研究所

「インドのシリコンバレー」と称される、インド南部の街・バンガロール。 インドでIT人材が育つ背景にあるのは、教育機関の水準の高さに加え、インドならではのカオスな環境だそう。いかにカオスなのかを体験するために、インドに行きたくなること請け合い!

公開日:2018/07/11
このイチオシを友達にオススメする
1
FACTFULNESS
FACTFULNESS
ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド 上杉周作(訳) 関美和(訳)
未 読
無 料
リンク
2
一番伝わる説明の順番
一番伝わる説明の順番
田中耕比古
未 読
リンク
3
サブスクリプション
サブスクリプション
ティエン・ツォ ゲイブ・ワイザート 御立英史(訳)
未 読
リンク
出版社のイチオシ#007
出版社のイチオシ#007
2018.12.07 update
リンク
顧客から愛される会社になるにはどうすればよいのか?
顧客から愛される会社になるにはどうすればよいのか?
2016.01.28 update
リンク