戦略的コミュニケーションのススメ 「他人」と「自分」を考える5冊
ビジネス、プライベート、そしてコミュニティ

石渡 翔

コミュニケーションの重要性については私たちが社会的動物である以上、いくら強調してもしすぎることはないでしょう。とはいえ一口にコミュニケーションといっても、場面ごとに求められる能力や心構えは異なります。たとえばあの『ストレングス・ファインダー』でも、「コミュニケーション」と「社交性」は分けてカテゴライズされています。

そこで今回の特集ではコミュニケーションについての本を、いくつかの観点から取り揃えました。ビジネスの場でも、プライベートの場でも、悩みの種となるのは常に「人」であり、大きな喜びをもたらすのもまた「人」でございます。「コミュ障」などの安易なレッテル貼りに惑わされることなく、自分が必要とするコミュニケーション力を磨いていきたいものですね。

1分で話せ
1分で話せ
著者
伊藤羊一
出版社
SBクリエイティブ

何事もそうですが、何を最初に目的とするかで、その後の行動指針は大きく変わってきます。それはプレゼンの場においても同じ。「プレゼンが苦手」という方は少なくありませんが、そもそもそれは最初の目的設定がぼやけている、もしくは誤っている目標を掲げているためではないでしょうか。プレゼンのためのプレゼンでは意味がありません。「人を動かす」ためのプレゼンの秘訣がここにあります。

人前で輝く!話し方
人前で輝く!話し方
著者
五戸美樹
出版社
自由国民社

心構えができても、プレゼンにはやはり技術がどうしても必要になるもの。そんなときお読みいただきたいのがこちら。プロのアナウンサーによる、非常に実用的なトレーニング本です。書かれているアドバイスは、どれも現実的かつ実践しやすいものばかり。まさに「話し下手」な人のための指南書といえるでしょう。本書の要約も著者ご本人が読み上げておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

頭に来てもアホとは戦うな!
頭に来てもアホとは戦うな!
著者
田村耕太郎
出版社
朝日新聞出版

パブリックスピーチではなく、日常のコミュニケーションで悩みを抱えている人は、こちらの本などいかがでしょう。元政治家であり、現在はシンガポールを拠点にさまざまな活躍をされている田村耕太郎氏の代表作です。扇動的なタイトルではありますが、書かれている内容は至極まっとう。生き方そのものについても考えさせられます。やはり戦うべきは自分自身で、ゆえにアホになってはいけないのです。

友だち幻想
友だち幻想
著者
菅野仁
出版社
筑摩書房

ビジネスの世界ではうまく関係が構築できるのに、プライベートではだんだん友だちが減っている――そんな悩みをお持ちの方に、とりわけ読んでいただきたい一冊。「どうせ他者なのだから、100%理解してもらえっこない」というのは、絶望ではなくむしろ希望である、という著者の考えに大いに頷かされました。「ムラ社会」思考から脱却するための処方箋です。

WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE.
WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE.
著者
佐渡島庸平
出版社
幻冬舎

職場と家庭を行き来しているだけでは、どうしてもその人の世界観は狭まってしまうもの。そうした危機感を反映してか、最近ではオンラインサロンなどのコミュニティに参加する人も増えてきたように思います。本書は有名オンラインサロンを運営する著者の、貴重な生の証言です。いまどんなコミュニティが時代に求められているのかを知るうえで、重要な一冊だといえます。

公開日:2018/09/15
このイチオシを友達にオススメする
1
ストレッチ
ストレッチ
スコット・ソネンシェイン 三木俊哉(訳)
未 読
無 料
リンク
2
SDGsの基礎
SDGsの基礎
沖大幹 小野田真二 黒田かをり 笹谷秀光 佐藤真久 吉田哲郎
未 読
リンク
3
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
星渉
未 読
リンク
「今年こそ政治経済を勉強しよう!」と思ったときに手に取るべき本 5選
「今年こそ政治経済を勉強しよう!」と思ったときに手に取るべき本 5選
2016.02.03 update
リンク
デザイン思考は組織変革の救世主になりうるか? 【前編】
デザイン思考は組織変革の救世主になりうるか? 【前編】
2016.04.21 update
リンク