社会人Lv.2になるための5冊
次のレベルアップをするために

石渡翔

桜咲く季節が今年もやってまいりました。新社会人はもちろんのこと、この時期に環境や立場が変わる方も多いのではないでしょうか。

新しい環境に身を置くと、どうしても覚えることが多くなるもの。ともすれば目の前の課題をこなしていくだけで、いっぱいいっぱいになってしまいがち。

とはいえ求められるスキルが流動化している現代社会において、小手先のテクニックだけではなく本質的なスキルを養うことが、これまで以上に重要になってくるのも確かでしょう。

「会社人」としてだけではなく「社会人」として生きるうえで、お読みいただきたい本をご紹介いたします。


FACTFULNESS
FACTFULNESS
ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作(訳),関美和(訳)
日経BP
本の購入はこちら
FACTFULNESS
FACTFULNESS
著者
ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド 上杉周作(訳) 関美和(訳)
出版社
日経BP
本の購入はこちら

いま注目すべき本として、チェックしておくべき一冊。ファクト(事実)が大切というのは盛んに言われることですが、本書を読むといかに自分がファクトを知らないか、思い知らされることになります。 ここで取り上げられているのは主に世界的な統計データであり、仕事のパフォーマンスに直結する類の本ではありません。 ですが「人間はこのようなバイアスをもつ生き物である」という認識を持つだけでも、自分の思考回路を切り替えるきっかけを与えてくれるはずです。 「これにはこういう印象があるけど、実際の数字はどうなっているのだろう?」という思考のクセを身につけるために。

センスメイキング
センスメイキング
クリスチャン・マスビアウ,齋藤栄一郎(訳)
プレジデント社
本の購入はこちら
センスメイキング
センスメイキング
著者
クリスチャン・マスビアウ 齋藤栄一郎(訳)
出版社
プレジデント社
本の購入はこちら

ビジネスにおいて「数字化」「合理化」するクセは重要です。訓練なしにはなかなか身につきませんし、まずもって身につけるべきスキルといえるでしょう。 しかしその一方で、数字にあらわれないものを感じ取る力も、等しく重要ということを忘れないようにしたいものです。 物語(文脈)を読み解く力、そこから物語(文脈)を作り出す力が必要になってくる時代に、お読みいただきたい一冊です。

学びを結果に変える アウトプット大全
学びを結果に変える アウトプット大全
樺沢紫苑
サンクチュアリ出版
本の購入はこちら
学びを結果に変える アウトプット大全
学びを結果に変える アウトプット大全
著者
樺沢紫苑
出版社
サンクチュアリ出版
本の購入はこちら

「成長」とはアウトプットの成果物に他なりません。読書などのインプットをいくらしたところで、結局アウトプットしない限りは自分の血肉になってくれないのですから(反省……)。 本書にはアウトプットの必要性や性質についてはもちろんのこと、アウトプットする際のコツが、きわめて具体的に述べられています。 各項目が見開きで完結しているので、肩肘張らずにスキマ時間を活用して気軽に読めるのもポイント。 自分に活を入れたいときに手に取る、栄養剤のような読み方がよいかと思われます。

マインドセット
マインドセット
キャロル・S・ドゥエック,今西康子(訳)
草思社
本の購入はこちら
マインドセット
マインドセット
著者
キャロル・S・ドゥエック 今西康子(訳)
出版社
草思社
本の購入はこちら

どんなに栄養と水を与えたところで、地盤がしっかりしていなければ、植物は安定して成長することはできません。 そしてそれは人間も同じ。どれだけ努力をしていても、地盤がしっかりしていないと、いつか崩れてしまいます。 この地盤に当たるのが「マインドセット」。本書によれば、人間の能力は生まれつき固定されたものだと考える「硬直マインドセット」と、人間は成長しつづけられると考える「しなやかマインドセット」の2種類があるといいます。 どちらのマインドセットのほうが、自分の才能を最大限に生かせるかは、あえて言及するまでもないでしょう。 どうすれば「しなやかマインドセット」を養えるのかは、本書をご覧ください。

10年後、君に仕事はあるのか?
10年後、君に仕事はあるのか?
藤原和博
ダイヤモンド社
本の購入はこちら
10年後、君に仕事はあるのか?
10年後、君に仕事はあるのか?
著者
藤原和博
出版社
ダイヤモンド社
本の購入はこちら

「ひとつのキャリアだけで人生を終える」ということが、珍しい時代になってきています。必然的に私たちは自分のキャリアプランについて、常に考え続けなければならなくなりました。 長寿化の進行や社会情勢の変化などを踏まえても、こうした傾向が今後も加速するのは明らかです。 目の前の仕事に全力で取り組みつつも、横のつながりを増やしつつ次の手を模索していく。 「遊び」と「戦略」の大切さを、あらためて教えてくれる一冊でした。

公開日:2019/03/20
このイチオシを友達にオススメする

今週の要約ランキング

1
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
2
筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」
筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」
高松康平
未 読
リンク
3
2020年6月30日にまたここで会おう
2020年6月30日にまたここで会おう
瀧本哲史
未 読
リンク

イチオシの本

読書がもっと好きになる3冊
読書がもっと好きになる3冊
2020.07.07 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年7月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年7月号)
2020.07.01 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年5~6月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年5~6月)
2020.06.26 update
リンク
テレワーク中のコミュニケーションに悩んだときに読む本5冊
【コロナブルーに負けない!】 テレワーク中のコミュニケーションに悩んだときに読む本5冊
2020.06.25 update
リンク

インタビュー

【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
2020.06.29 update
リンク
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
2020.05.15 update
リンク
荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
【これからの本屋さん】 荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
2020.05.05 update
リンク
1
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
2
筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」
筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」
高松康平
未 読
リンク
3
2020年6月30日にまたここで会おう
2020年6月30日にまたここで会おう
瀧本哲史
未 読
リンク
要約の達人が選ぶ、7月のイチオシ!
要約の達人が選ぶ、7月のイチオシ!
2018.07.31 update
リンク
「目的地までボタン一つ」自動運転までの現在地
「目的地までボタン一つ」自動運転までの現在地
2017.05.19 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る