不測の時代を生き抜くための5冊
新型コロナウイルス禍における生き方

ライター画像
石渡翔
不測の時代を生き抜くための5冊

新型コロナウイルスの影響により、多くの人が自粛や自主隔離を余儀なくされています。肉体面・精神面への影響はもちろんのこと、社会的・経済的に甚大な被害が出ることも予想されます。さまざまな情報が錯綜するなか、いま何を信じればいいのか、この事態にどう立ち向かうべきなのか。

今回は「不測の時代を生き抜く」ことをテーマに、お読みいただきたい本を5冊リストアップしました。もちろん本を読んでもこの問題が解決するわけではありません。ですがどのように問題へ向き合うべきなのかを、本は教えてくれます。先人の叡智が、皆さまのお役に立つことを願って。



FACTFULNESS
FACTFULNESS
ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作(訳),関美和(訳)
日経BP
本の購入はこちら
FACTFULNESS
FACTFULNESS
著者
ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド 上杉周作(訳) 関美和(訳)
出版社
日経BP
本の購入はこちら

日本では昨年発売されて以降、またたく間にベストセラーとなり、読者が選ぶビジネス書グランプリ2020でも総合1位を獲得した一冊。すでにお読みになった方も多いのではないでしょうか。

いまこの本をあらためて推すのは、「事実にもとづいて考える」ことがかつてないほど重要な局面に、私たちがいるからです。人間には生まれ持ったバイアス(思い込み)があり、どうしても世界を誤って認識してしまうもの。そんなとき、私たちはどうやって現実と向き合うべきなのか。本書は単なるデータブックではなく、事実と向き合うためにあるべき姿を提示してくれます。


事実はなぜ人の意見を変えられないのか
事実はなぜ人の意見を変えられないのか
ターリ・シャーロット,上原 直子(訳)
白揚社
本の購入はこちら
事実はなぜ人の意見を変えられないのか
事実はなぜ人の意見を変えられないのか
著者
ターリ・シャーロット 上原 直子(訳)
出版社
白揚社
本の購入はこちら

事実を認識するよう努めるのはきわめて重要なこと。ですが事実を伝えたからといって、相手の考えが変わるわけではありません。むしろ事実を伝えることで、かえって思い込みを強めてしまうことすらあります。

この本は、どうやったら他人の考えに影響を与えられるのかについて述べたものです。大切な人を説得したいとき、いくら理屈を並べ立てたとしても、かならずしもそれが効果的にいかないというのは、経験からもよくわかる話。人間がどのように情報を処理しているのかを知ることで、無益な会話や論争を避けることができるかもしれません。

そしてなにより、自分がどのように他人から影響を受けているのかを、あらためて考えさせてくれる本でもあります。事実を重視するべき局面だからこそ、読むべき一冊です。


Think Smart
Think Smart
ロルフ・ドベリ,安原実津(訳)
サンマーク出版
本の購入はこちら
Think Smart
Think Smart
著者
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
出版社
サンマーク出版
本の購入はこちら

人間の認知に特定のバイアス(思い込み)があることは明らか。ではどうやってその思い込みから脱出し、より賢く生きることができるのでしょうか。

本書では、思い込みに支配されないための52の思考法が紹介されています。新型コロナウイルスを始め、とりわけ非常時になると冷静な判断ができなくなるものですが、本書に書かれている思考法を実践するように心がけるだけでも、その後のアクションは変わってくるはず。

アリストテレスは、「賢人がめざすべきは、幸福を手に入れることではなく、不幸を避けることだ」と言いました。まさしく今こそ、そのときなのです。


21 Lessons
21 Lessons
ユヴァル・ノア・ハラリ,柴田裕之(訳)
河出書房新社
本の購入はこちら
21 Lessons
21 Lessons
著者
ユヴァル・ノア・ハラリ 柴田裕之(訳)
出版社
河出書房新社
本の購入はこちら

「現代はVUCAの時代だ」と言われています。VUCAとは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)をつなぎ合わせた言葉。この言葉が指し示すように、もはや安定性は高嶺の花。これからはどんな変化に対しても対応し、新しいことを学び、馴染みのない状況下でも心の安定を保つ能力が求められます。

新型コロナウイルスをきっかけにして、今後多くの面で大きな変化が起きるでしょう。雇用やコミュニティのあり方が変わっていくのは言うまでもなく、テクノロジーや社会制度などのさまざまな部分で、急激な変化を実感するはずです。そんな状況に対し、ベストセラーとなった『サピエンス全史』『ホモ・デウス』の著者ユヴァル・ノア・ハラリ氏は何を思うのか。21世紀における21のレッスンがここにあります。


平常心のコツ
平常心のコツ
植西聰
自由国民社
本の購入はこちら
平常心のコツ
平常心のコツ
著者
植西聰
出版社
自由国民社
本の購入はこちら

いま社会情勢は急激に変化しており、慣れない環境に直面している人も多いでしょう。「変化に備えよ」というのはわかっていても、そういう状況で平常心を保ち続けるのは難しいものです。そういうとき、どうすれば落ち着いた状態でいられるのでしょうか。

本書では、おだやかな人生を送るための93の知恵が紹介されています。どれも非常に実践的な学びであり、自分の心を整えたいときはもちろんのこと、大切な誰かを励ます際も、非常に役立つことでしょう。自宅勤務が続いて気が滅入ってしまったり、仕事や用事の都合上どうしても外出しなければならず不安に陥ったとき、あなたの助けになってくれる一冊です。

公開日:2020/04/06
このイチオシを友達にオススメする
今週の要約ランキング
1
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
今井孝
未 読
リンク
2
脳の名医が教える すごい自己肯定感
脳の名医が教える すごい自己肯定感
加藤俊徳
未 読
リンク
3
BATNA
BATNA
齋藤孝 射手矢好雄
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方
今井孝
未 読
リンク
2
脳の名医が教える すごい自己肯定感
脳の名医が教える すごい自己肯定感
加藤俊徳
未 読
リンク
3
BATNA
BATNA
齋藤孝 射手矢好雄
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
出版社のイチオシ#078
出版社のイチオシ#078
2022.08.26 update
リンク
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク