【コロナブルーに負けない!】
未来予測のために読んでおきたい5冊の本
未来が読めない時代の処方箋

ライター画像
荒木博行
未来予測のために読んでおきたい5冊の本

コロナブルーに負けない! キャンペーン開催中!!!

〜ビジネス書の知恵や知識をコロナ対策のヒントに〜

flierでは4月23日(木)から約2カ月間に渡り、コロナブルーに打ち勝つための「ヒント」になるビジネス書の要約を、毎回テーマを設定して厳選し、無料で読めるキャンペーンを開催しています。今回のテーマは「未来予測」です。

「私たちには未来予測なんてできない……」

コロナショックの直撃を受け、1カ月先の予定すら見えない現在を生きる中、全人類は「未来を語る」ということに対する自信を失い、無力感を覚えているのではないでしょうか。

しかし、いくら自信を失ったからといっても、私たちがビジネスの歩みを止めない以上、未来を語ることは放棄できません。なぜならば、立場の異なる人たちが協働するビジネスにおいては、「未来をどう見通すのか」ということが唯一の共通項になるからです。同じ未来を信じているからこそ、力を合わせることできる――この原理原則は、コロナがあろうとなかろうと関係ありません。だからこそ、私たちは未来が読めない中でも、未来を読むということをしながら前に進んでいかなくてはならないのです。

そこで、以下では、この時代の中、未来予測の指針になる5冊をご紹介しました。是非チェックしてみてください。


歴史は実験できるのか
歴史は実験できるのか
ジャレド・ダイアモンド(編著),ジェイムズ・A・ロビンソン(編著),小坂恵理(訳)
慶應義塾大学出版会
本の購入はこちら
歴史は実験できるのか
歴史は実験できるのか
著者
ジャレド・ダイアモンド(編著) ジェイムズ・A・ロビンソン(編著) 小坂恵理(訳)
出版社
慶應義塾大学出版会
本の購入はこちら
未来を考える際、ヒントになるのは「歴史」にあります。なぜならば、現在は過去の影響を受けて存在しているからです。だとするならば、未来を理解するために、まずは過去と現在の因果関係を繋ぐための思考法を理解することが近道になります。

著者のダイヤモンドは、歴史を「自然実験」「比較研究法」という手法で探り、その後に起きた結果の因果関係を丁寧に繋いでいきます。この思考法が、私たちが未来を描く際の補助線になるかもしれません。
群衆心理
群衆心理
ギュスターヴ・ル・ボン,櫻井成夫(訳)
講談社
本の購入はこちら
群衆心理
群衆心理
著者
ギュスターヴ・ル・ボン 櫻井成夫(訳)
出版社
講談社
本の購入はこちら
1895年に書かれたヒトラーが愛読したとも言われる名著。この本に描かれている「恐怖に囚われた人間の行動原理」を読むと、100年以上経った今でも人間の本質は変わらないことに気づかされます。未来を見通すにあたっても、私たちはこの「群衆心理」に捉われがちな人間であることを前提に置かなくてはならないでしょう。

そして、不安定で不確定ないまだからこそ、他人が描く安易な「未来予測」に乗っかってはなりません。煽られた「群衆」にならないように、地に足のついた考え方を持たなくてはならないのです。
ニュータイプの時代
ニュータイプの時代
山口周
ダイヤモンド社
本の購入はこちら
ニュータイプの時代
ニュータイプの時代
著者
山口周
出版社
ダイヤモンド社
本の購入はこちら
この本において、著者の山口さんは、他人が描く未来予測を聞いて、その対策をするのはオールドタイプであると喝破します。いま、求められるのは、他人に与えられた未来予測ではなく、主体的に未来を構想する力です。どういう未来にしたいのか、未来はどうあるべきなのか。そこに唯一絶対の答えはありません。誰かが考えた答えを当てに行くのではなく、自分の手で未来を創り出していく生き方が、いま問われています。
2030年ジャック・アタリの未来予測
2030年ジャック・アタリの未来予測
ジャック・アタリ,林昌宏(訳)
プレジデント社
本の購入はこちら
2030年ジャック・アタリの未来予測
2030年ジャック・アタリの未来予測
著者
ジャック・アタリ 林昌宏(訳)
出版社
プレジデント社
本の購入はこちら
2030年の未来予測、というそのものズバリのタイトルの本書。しかし、著者のジャック・アタリ氏は、彼なりの未来予測を展開しつつも、最終的には「未来は私たち一人ひとりの行動によって創るものだ」という力強いメッセージで結びます。

そして、その未来を明るいものにするためには、「世界に利他主義を広げること」だと言います。自分は世界の明るい未来を創るためにどんな行動ができるのだろうか? そんな壮大な問いに答える本です。
問い続ける力
問い続ける力
石川善樹
筑摩書房
本の購入はこちら
問い続ける力
問い続ける力
著者
石川善樹
出版社
筑摩書房
本の購入はこちら
未来予測の考え方を突き詰めていくと、結局は「自分の頭で考え抜くこと」の重要性に行き着きます。未来を考え抜くためには、良い問いを立てる必要があります。間違った問いを立ててしまえば、いくら考えても良い答えは出てきません。未来という掴み所がない壮大なテーマを考える際は、まず考え始める前に問いを正しくセットすること。その重要性に気づかせてくれる本です。


「情報化社会」の到来を予測した未来学者であるアルビン・トフラーは1970年に書いた『未来の衝撃』の中で、「確実なのは変化するということだけだ」と述べました。時を経て、私たちの未来も、「確実なのは変化することだけ」なのかもしれません。この変化の時代、これらの本を携えながら、共に前に進んでいきましょう。
公開日:2020/05/11
このイチオシを友達にオススメする
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
出版社のイチオシ#078
出版社のイチオシ#078
2022.08.26 update
リンク
「TikTok売れ」を知らない世代へ捧ぐ タイパ、短尺動画が支持されるワケ
「TikTok売れ」を知らない世代へ捧ぐ タイパ、短尺動画が支持されるワケ
2022.06.29 update
リンク