【コロナブルーに負けない!】
「学び直し」のために読んでおきたい5冊の本
本を通じて、新たな「学びの扉」を開けてみよう

ライター画像
荒木博行
「学び直し」のために読んでおきたい5冊の本

コロナブルーに負けない! キャンペーン開催中!!!

〜ビジネス書の知恵や知識をコロナ対策のヒントに〜

flierでは4月23日(木)から約2カ月間に渡り、コロナブルーに打ち勝つための「ヒント」になるビジネス書の要約を、毎回テーマを設定して厳選し、無料で読めるキャンペーンを開催しています。

今回のテーマは「学び直し」です。

ベストセラー『LIFE SHIFT』の影響もあり、「人生100年時代」という概念が定着してきました。

それに伴い、私たちのキャリア観についても改めて考え直す必要が出てきています。 つまり、長い人生の先にある変化の可能性を考えれば、一つの企業、一つの職種、一つのスキルに依存することのリスクが大きくなっている……というわけです。

「学び直し」という言葉は、その文脈とセットとなり、リスク回避のために「しなければならないこと」という意味で使われる機会が増えました。

しかし、その一面を認めつつも、それと同時に私は「学び」というものが本来持つポジティブな意味合いにも目を向けたいと考えています。

つまり、「学ばなくてはならないから学ぶ」ということではなく、「今まで知らなかったことを知りたい」という素直な人間の欲求を充足させること。こうした「学びのエンターテイメント」的な文脈の上に、「学び直し」という言葉を置き直すことが、真の「学び直し」を展開していく上で必要だと思っています。

そういう意味で、本稿では、必然性以上に「体系的に知っておくと世の中が楽しくなる学問領域」にフォーカスし、その学問領域における「学びの扉」となる書籍を紹介しています。

このタイミングで新たな未知の世界を覗いてみましょう。

働く大人のための「学び」の教科書
働く大人のための「学び」の教科書
中原淳
かんき出版
本の購入はこちら
働く大人のための「学び」の教科書
働く大人のための「学び」の教科書
著者
中原淳
出版社
かんき出版
本の購入はこちら
まず私たちが何か新しいことを学ぶ際、学びの内容(=What)も大事ですが、それ以上に学び方(=How)も大切です。 この本では、そのヒントとなる「大人の学びに役立つ7つの行動」が整理されています。

その中でも特に重要だと思うのが、「教えることで学びを深める」ということ。 一方的に「教えを受ける」というだけでは学びは深まりません。教える立場に転ずることによって初めて見えてくる学びがあるのです。

そんなことも含めて、「大人の学び」に必要な具体的なポイントが満載の本書。どの領域を学ぶにしても、まずはここから入ってみましょう。
行動経済学の逆襲
行動経済学の逆襲
リチャード・セイラー,遠藤真美(訳)
早川書房
本の購入はこちら
行動経済学の逆襲
行動経済学の逆襲
著者
リチャード・セイラー 遠藤真美(訳)
出版社
早川書房
本の購入はこちら
最近、「行動経済学」という言葉を耳にする機会も増えてきたのではないかと思います。 行動経済学とは、従来の経済学に対して、「人間はそれほど合理的な存在ではない」として、人間を再定義した上で構築した新しい経済学です。人間味溢れる楽しい経済学とも言えます。

本書の著者は、この「行動経済学」の第一人者であり、ノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー。 「聞いたことがあるけど、よく知らなかった」という人には、まずこの一冊から読むことをオススメします。
哲学の世界へようこそ。
哲学の世界へようこそ。
岡本裕一朗
ポプラ社
本の購入はこちら
哲学の世界へようこそ。
哲学の世界へようこそ。
著者
岡本裕一朗
出版社
ポプラ社
本の購入はこちら
哲学に苦手意識を持つ方は多いかもしれません。 確かに哲学書というものは総じて難解であるし、理解に苦しむこともあります。 しかし本書を読めば、「哲学的思考」を理解するということは、それほど難しいことではないことに気づきます。

当たり前に考えていることに対して、それは本当なのかと根拠を問うこと。 別の考え方は存在しないのか、と問い直すこと――本書は、こういった私たちがビジネスシーンで考えるべきことを中心にしながら、それを「哲学」という学問領域と重ね合わせて理解を深めていくものです。 「哲学って苦手だけど、いつかチャレンジしたい」と考えている人の最初の一歩としてオススメです。
ポジティブ心理学が1冊でわかる本
ポジティブ心理学が1冊でわかる本
イローナ・ボニウェル,成瀬まゆみ(監訳)
国書刊行会
本の購入はこちら
ポジティブ心理学が1冊でわかる本
ポジティブ心理学が1冊でわかる本
著者
イローナ・ボニウェル 成瀬まゆみ(監訳)
出版社
国書刊行会
本の購入はこちら
心理学がうつ病のような「ネガティブな事象」を解決するところからスタートしたことに対して、ポジティブ心理学は、「人生を充実させ、幸福になるためにどうすればよいか」を探究するための学問です。

「人間はどうしたら幸福になれるのか」という問いへの追究は、人間の歩んできた歴史そのものでもあります。直近の研究も含めて、今私たちには何がわかっていて何がわかっていないのか―― この学問の全体像が理解できる一冊です。
新しい経営学
新しい経営学
三谷宏治
ディスカヴァー・トゥエンティワン
本の購入はこちら
新しい経営学
新しい経営学
著者
三谷宏治
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
本の購入はこちら
経営学は、「会計」や「組織」などがタテに分かれた専門分野の集合体とも言えます。 本書は、このタテ切りだった既存の経営学に対して、実務家を意識して「ヨコ串」を通して説明を試みる、というとてもユニークな書籍になっています。

これから経営学を学んでみようという方はもちろん、既存の経営学を学ぶ中で横同士の繋がりを深めたい、という方にもオススメ。コーヒービジネスなど身近な事例も豊富なので、多くの人にとって経営学に親しみを感じることができる一冊だと思います。
公開日:2020/06/04
このイチオシを友達にオススメする
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
人生の目標を見つけたい! 必要なのはやっぱりお金?
人生の目標を見つけたい! 必要なのはやっぱりお金?
2022.08.23 update
リンク
出版社のイチオシ#075
出版社のイチオシ#075
2022.07.15 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク