人間の行動の奥底にある心理とは? 『競争と協調のレッスン』
【NetGalley Japanのイチオシ】

NetGalley Japan

競争と協調のレッスン
競争と協調のレッスン
アダム・ガリンスキー,モーリス・シュヴァイツァー,石崎比呂美(訳)
TAC出版
本の購入はこちら
競争と協調のレッスン
競争と協調のレッスン
著者
アダム・ガリンスキー モーリス・シュヴァイツァー 石崎比呂美(訳)
出版社
TAC出版
本の購入はこちら

今日の敵は、明日の味方。
会社や組織において、「競争」と「協調」は二者択一ではない。両者のバランスをとりながら、その間を軽やかに移動すれば、ビジネス社会の中であなたの身を守れる。最先端のリサーチ技術と心理学の理論に基づく豊富なケーススタディ。
世界MBAランキング上位。
トップビジネススクール、ウォートンとコロムビアの有名教授が教える最強メソッド!

書店員、図書館員、ブロガーといった方々が、発売前の作品のゲラ(原稿)を読んでレビューを投稿するサイト「NetGalley(ネットギャリー)」で集まったレビューの一部をご紹介します。


◎NetGalleyレビュアー会員
他人と比較して、落ち込む人、やる気を出す人。失敗して、失脚する人、復活する人。
様々な出来事にどのように対処するか、その選択の連続がその人の人生を決める。豊富な例えをもとに、人生を成功させるためのヒントが満載の一冊。

◎NetGalleyレビュアー会員
組織の中では、競争と協調のどちらかだけでなく、場面によって競争と協調を使い分けながら立ち回ることが大切だということが分かる本です。具体例が豊富で、自分自身でも思い当たるところがありました。何かの局面で対応が必要なとき「競争」か「協調」かどちらを選ぶかを意識してみたいと思います。

◎◎NetGalleyメディア関係者会員
60ページぐらいまで読んだとき、通常レビュー対象の本はメモを取りながら読むのだが、今回はそれが追いつかないことに気づき断念。そしてレビューのために急いで読むことも断念。もう買うしかないと決意しました。なにしろ、ここには人と社会についての本質が記されているから。示唆に富む内容で、ここで語られていることは、政治やビジネスだけではなく、スポーツでもゲームでも、恋愛や家族、コミュニケーションの問題など、つまり人生のすべてに役立つからです。手元に置いておきたい一冊です。

あなたもゲラを読んでレビューを寄せてみませんか?

ゲラを読むにはこちらをクリック!

NetGalleyで本の応援団になろう!!

NetGalley(ネットギャリー)は、出版社が発売前に提供する原稿(ゲラ)・プルーフ本を、いち早くネットで読めるサービスです。書店員・図書館員・ブロガーなどの本のプロフェッショナルなレビューを投稿して、本の発売を盛り上げに参加しています。ぜひあなたも本の応援団へご参加ください。

NetGalleyサイトURL

NetGalley Twitterアカウント

NetGalley Facebookアカウント

公開日:2018/07/27
このイチオシを友達にオススメする

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

『僕たちはヒーローになれなかった。』
『僕たちはヒーローになれなかった。』
2020.01.21 update
リンク
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク
資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
2020.01.07 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
出版社のイチオシ#012
出版社のイチオシ#012
2019.03.29 update
リンク
ビジネスでも使える「男の色気」とは?
ビジネスでも使える「男の色気」とは?
2015.10.16 update
リンク