【書店員のイチオシ】
『最高の組織』
【NetGalley Japan】

NetGalley Japan

内容紹介

3人で創業し、5年で業界のインフルエンサーになった会社、本の要約サービス「フライヤー」のCEOが明かす経営革命!

組織が抱える問題点を洗い出し、向かうべき方向性を自身の創業経験をもとに記述。経営層、マネジメント層、起業家必読の書!

NetGalley会員レビュー

◎NetGalley書店関係者会員(本が好き!倶楽部所属)
とにかくわかりやすい! 読者を選ばず、組織作りの本質を教えてくれます。

目次の前に本書の要約が書かれてあり、10分でこの本のエッセンスがわかってしまうという斬新な書き出し。
じゃあ、要約を読んだらもう終わりかというと、そこは本の要約サービス「フライヤー」の社長が書いた本。もっと深く掘り下げて読みたくなり、夢中になって、気が付けば、“おわりに”を読んでいました。

経営資源はヒト、モノ、カネと言われているが、これは20世紀の考え方であり、これからの時代は、ヒト、ヒト、ヒト。
では、ヒトに注力するために、何をして、何に気をつけて、何を心がければいいのか。
最高の組織を目指すためのアクションを断言してくれているところが、自分も今日から新しい一歩を踏み出そうという気になりました。

本を読まない人について書かれた部分がとても印象的。
本を読まない主義の経営者がたまにいる。その人は何も学ぶ努力をしていないかというと、それに代わる努力を必ずどこかでしているとのこと。
本は読んだ方がいい。でも読まないイコール必ずしもだめとは限らない。
本を紹介している会社の社長が、本を読まずして成功している人の影の努力にも触れている。この客観的視点が本書の説得力を倍増させました。
この本はおすすめです!
◎NetGalley図書館関係者会員(本が好き!倶楽部所属)
本書の要約は10分で読める組織の型を3つに分類し、課題解決法を解りやすく説明している。

《ピーターの法則》では、出世するほど、無能になっていき、会社のパフォーマンスを下げてしまう。
これからの成長組織が向かうべき方向性には人材採用と人材育成の心得をといている。
これからのリーダーシップとは、挑戦をしなければ、待っているのは衰退だと心得ることだ。己をしってこそ、これからの展開の方向性が決まる。

最後に、社会への提言としてすばらしいことをいっている。
働き方改革には、解雇規制の緩和が必要だということ。
チャレンジの結果は成功と失敗ではなく成功か教訓を得るかのどちらかだということ。
20世紀の考えは、人、モノ、カネ。これからの経営資源は人、人、人だ。
◎NetGalley教育関係者会員(本が好き!倶楽部所属)
トップダウンの「ピラミッド型組織」から1人1人が力を発揮する「進化型組織(ティール型組織)」へ。

「ピラミッド型組織」では、上にのぼりつめた者が、さらに上を目指す必要がなくなった時、無能となる欠点がある。トップダウンで達成型の「ピラミッド型組織」ではなく、これからは、とにかく人。スタッフを大切にし、1人1人が力を発揮できる職場へ。
全社員が自主経営の意識をもち、全体でお互いの考え方や強みを共有しあい、会社の存在目的、将来を考えながら働ける「進化型組織(ティール型組織)」の作り方のノウハウが、この1冊にギッシリ。
約200ページの内容を、20ページ弱にまとめた「本書の要約」だけでも読んで欲しい。
◎NetGalleyレビュアー会員(本が好き!倶楽部所属)
「働く人を主人公にした組織作りを展開。実はこれが顧客や株主にも満足がいく質の高いサービスを提供できる」

冒頭のはじめにの所で、この本の要約を書いているのはさすが本の要約サービスの会社だと思いました。要約を読んでなおかつ、本文が読みたいと思わせるのは筆者の会社に対するミッションと熱量と感じました。
あらためて組織の在り方、よくある組織の問題点を読んで以前勤めていた会社を思い出しました。私自身が管理職や人事の部署にいたときにこの本があれば、もっと会社に貢献できたのではないかと感じました。

さらに驚いたのは、理想の組織が「サークル活動」であるということだ。確かに中心人物が居なくて、ミッションの共感があればそれぞれが自主的に活躍するだろう。従来通りの組織ではなく、今後は新しい組織作りが求められます。
3人以上になると集団になるので、まずは「家族」がピラミッド型の組織になっていないか、振り返り円になるようにしていきたいと思います。
この本は単純に会社組織に向けての組織論や人材育成法ではなく、最小限の単位「家族」にも応用できる1冊です。
◎NetGalleyレビュアー会員(本が好き!倶楽部所属)
最高の組織とは?
ピラミッド型の社会はもう古い。進化型組織(ティール組織)をわかりやすく教えてくれる指南書。

わずか200ページ内に筆者の叡知がぎゅっと詰まった良書。歴史上の人物エピソード、著名人の哲学、そして科学分野の法則などをふまえ、筆者が提唱する最高の組織について丁寧にわかりやすく記されています。
まさに指南書といいましょうか。読み手も読後は、実りある充実感に包まれていることでしょう。実に興味深い一冊でした。
◎NetGalleyレビュアー会員(本が好き!倶楽部所属)
ピラミッド型組織から進化型組織にする為のポイントが実践例とあわせてズバリときました!
・出世と成功がキャリアの目標だった時代は過ぎ去った。
・人を深く理解して、組織運営に活かすことは、あらゆる企業にとって極めて重要である。
・経営資源は、人・モノ・カネと言われているが、これからは、人・人・人である。
これらは、「はじめに」から抜粋した文章だ。

現状では多くの組織がピラミッド型の組織になっており「階層組織の構成員はやがて有効に仕事ができる最高の地位まで達し、その後さらに昇進すると無能になる」というピーターの法則にもあるように、ピラミッド型構造の組織では直面する課題は多い。

では、ピラミッド組織構造で行える対処法は何だろうか?

もちろん、これからの成長企業が向かうべき方向性を明確にしておかなくてはなりません。
例えば、従業員、顧客、株主・債権者・取引先のどれを最優先にしますか?
また、理想的な組織構造のためには人材登用と人材育成が重要なポイントとなってきます。
・人材の採用基準はどうしたらいいのでしょうか?
・入社したメンバーが伸びる人材育成法とは?

本書では、新しい組織論の理論だけではなく、実際に著者の実践例をあわせて掲載しているところがポイントです。
まずは、10分ほど時間をとり、本書のp7-p31の要約部分を手にとって読みましょう。気になるところがあれば、該当章を読んで理解を深めましょう。
◎NetGalleyレビュアー会員(本が好き!倶楽部所属)
働き方が多様化している中、どのようにしたら最高の組織を作れるのか?という質問を明確にしてくれるのがこちらの本です。

組織の一人ひとりが、自らをさらけ出すことで信頼関係を築くこと。自律的に動くこと。そして、自分の人生の中での使命をチームの中で見いだすこと。これが可能となったとき、最高で最強のチームができる。

プロジェクトに合わせて個人が集まりながら働く時代だからこそ、最高のチームを作るために必読の1冊です!

NetGalley(ネットギャリー)とは?

発売前の本のゲラ(原稿)を読み、出版社へ直接レビューを届けることができるWEBサービスです。これまでは書店員や出版関係者といった限られた人にしか配布されてこなかったゲラ。NetGalleyを利用すれば、一般読者であってもいち早く読むことができます。
ご自身のブログやSNSでレビューを発信することも可能です。出版社へ届けたレビューが本の帯に載ることも!?

ぜひ、読者の声を出版社へお届けください!

NetGalleyの会員登録はコチラ
※一般読者、SNSユーザーは、レビュアータイプを選んでご登録ください。


NetGalleyのサービス概要


(1)出版社:作品を掲載
(2)会員:興味のある作品を見つけて「リクエスト」を送る
(3)出版社:会員情報を確認し、「リクエスト」を承認する
(4)会員:作品データをダウンロードし、閲覧、レビューを投稿する

※一部対象外の作品があります。
※会員情報を詳細にご記入いただけば、リクエストが承認される確率がアップします!会員情報はリクエスト申請した出版社のみに開示されますので、ご安心ください。

NetGalleyトップページ
NetGalley Twitterアカウント
NetGalley Facebookアカウント
公開日:2019/05/24
このイチオシを友達にオススメする

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
学び効率が最大化する インプット大全
学び効率が最大化する インプット大全
樺沢紫苑
未 読
リンク
2
Think clearly
Think clearly
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
3
共感SNS
共感SNS
ゆうこす
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

ビジネスの名著を読み直す
ビジネスの名著を読み直す
2019.08.19 update
リンク
『裏・読書 』
『裏・読書 』
2019.08.16 update
リンク
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【マーケティング関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【マーケティング関連企業編】
2019.08.13 update
リンク
『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』
『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』
2019.08.08 update
リンク

Interview
インタビュー

脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
【インタビュー】 脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
2019.08.21 update
リンク
24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
【これからの本屋さん】 24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
2019.08.09 update
リンク
「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
【これからの本屋さん】 「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
2019.07.26 update
リンク
無意識の偏見「アンコンシャス・バイアス」に気づくには?
【インタビュー】 無意識の偏見「アンコンシャス・バイアス」に気づくには?
2019.07.24 update
リンク
1
学び効率が最大化する インプット大全
学び効率が最大化する インプット大全
樺沢紫苑
未 読
リンク
2
Think clearly
Think clearly
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
3
共感SNS
共感SNS
ゆうこす
未 読
リンク
出版社のイチオシ#010
出版社のイチオシ#010
2019.02.15 update
リンク
ナショナル ジオグラフィックの編集哲学
ナショナル ジオグラフィックの編集哲学
2017.10.23 update
リンク