『ワイルドサイドをほっつき歩け』
NetGalley Japan

NetGalley Japan

内容紹介

大ヒット作『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』に次ぐ、待望の最新エッセイ集
早くも5刷10万部突破! ブレイディみかこの新たなる代表作の誕生

恋と離婚、失業と抵抗……。絶望してる暇はない。
人生という旅路をほっつき歩く中高年たちの気迫が胸を打つ!
笑いと涙の感動エッセイ21篇。

【あとがきより】

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』で青竹のようにフレッシュな少年たちについて書きながら、そのまったく同じ時期に、人生の苦汁をたっぷり吸い過ぎてメンマのようになったおっさんたちについて書く作業は、複眼的に英国について考える機会になった。2冊の本は同じコインの両面である。

ワイルドサイドをほっつき歩け
ワイルドサイドをほっつき歩け
ブレイディみかこ
筑摩書房
本の購入はこちら
ワイルドサイドをほっつき歩け
ワイルドサイドをほっつき歩け
著者
ブレイディみかこ
出版社
筑摩書房
本の購入はこちら

NetGalley会員レビュー

◎「今回も期待は裏切らなかった!」書店関係者

いま旬のブレイディみかこのエッセイ。

前作は、イギリスの子どもたちが格差社会で生き抜く『ぼくはイエローで、ホワイトでちょっとブルー』が新たな読後感を与えてくれ、愛すべき「子どもたち」に感動しました。

本書では、イギリスの主に労働者階級(トラディショナル・ワーキング・クラス)のベビーブーマー世代が、EU離脱を巡っての混乱をどう乗り切るのか。今回も期待を裏切らなかった! EU離脱の国民投票をどう理解してどう投票したか。数字をみただけではわからない街中の混乱や喧噪までが聞こえるように読み取れました。

また、最後に世代と階級の説明があり、更に深く現在のイギリスを理解しました。こんなに楽しく、EU離脱の現場を読める本は他にないと断言できます。愛すべき「おっさんたち」に、乾杯!

◎「自分の体験談のような感覚で読むことができて楽しかった」書店関係者

新潮社さんから出た単行本はこどもたちが主人公でしたが、こちらはいくつになってもやんちゃな心を持つ大人たちが登場するので、まるで自分の体験談のような感覚で読むことができて楽しかったです。

またブレイディさんの語り口がじめじめしていなくて、だけど読み手の核心をグサリとついてきてどの章もハッとさせられました。

“人が人をバッシングしだす時は社会全体に余裕がない時”という言葉は今だからこそ特に心に刺さりました。店頭で販売できるのを楽しみに待っています。

◎「本作に登場するのはおじさん、おじさん、時々おばさん」図書館関係者

ブレイディみかこは、おじさんを描かせてもすごい!!

保育士だったことや、『ぼくイエ』が大反響を呼んだことで、「幼児や子どもを描くノンフィクション作家」というイメージを彼女にお持ちの方もいらっしゃるかと思います。しかし本作に登場するのはおじさん、おじさん、時々おばさん。描写の対象が変わろうとも、地べたから世界を切り取る手腕は相変わらずピカイチです。

第1章ではイギリスの友人や知人たちのエピソードから、イギリスの今が立ち上がってきます。様々なエピソードが取り上げられていますが、ブレグジットがある夫婦にもたらした変化がとても興味深かったです。

第2章は解説編。データや参考文献を引きながら、現代イギリスの世代などを解説されています。ここで“酒”事情の解説が入るところがブレイディさんらしいですね。

◎「笑ったり目頭が熱くなったり」教育関係者

面白かったです!

ブレイディみかこさんの作品は『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』に続いて二作目。EU離脱等、日本で暮らす自分にはニュースの中だけのものでしたが、イギリスではこんな感じなんだと自然に入ってきました。勉強になりました。イギリスの中年達が、著者の目を通して愛すべきおっさん達というふうに描かれていて、笑ったり目頭が熱くなったりしながら楽しく読めました。

短く1話ずつ読めるので、隙間時間に気軽に読もうという気にさせてくれるのも良かったです。どんな時代も、どんな社会も、そこには一人ひとりの人間が生きている!

不謹慎かと思いつつも、このコロナ渦が収束したのちに、ブレイディみかこさんが今のこの時を描いたものを読んでみたいなぁ、なんて思いました。

◎「面白くわかりやすく書かれていて秀逸」レビュアー

なかなか伺い知ることのできない、イギリス、ブライトンの労働者階級の中高年の日常。ジェネレーションギャップやEU離脱投票をめぐる対立など、面白くわかりやすく書かれていて秀逸。

著者の色々なところで色々な仕事をし、時に差別されても、辛抱強く相手の懐に飛び込むバイタリティが凄い! 人間が生きていくには、コミュニティの中で、助け合わなくてはならないのだなぁと思った。

◎「おっさんへの愛おしさが確実にこみ上げる」レビュアー

登場するおっさん達がとても人間らしくて、妙に親近感が湧いてしまう。気付いたら一緒になってクスッと笑ったり、ときにはホロリとしたり……。読み終わったときには、おっさんへの愛おしさが確実にこみ上げる。

「『おっさん=悪』という風潮は有害」と著者が言っていたけど、本当にその通りだなと。本書からその思いがきちんと受け取れました。

◎「時にほろりと泣けるストーリー」レビュアー

『ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー』『ワイルドサイドをほっつき歩け』は同じコインの表と裏だという。前著を読んだなら、本書も読まないわけにはいかないだろう。

本書は、とびっきり贅沢なおっさん評伝である。「労働者階級のクソガキとしてワイルドサイドを歩いていた彼らは、いったいどのようなおっさんになり、何を考えながら人生の黄昏期を歩いているのだろうか」とブレイディみかこ氏は考えた。幸いにも、ビール腹のおっさん、EU離脱派のおっさん、異国の若い女の子に恋しちゃったおっさん……ワイルドサイドをほっつき歩いているおっさんは、彼女の周りにたくさんいた。

英国の労働者階級の人々をこんなにも身近に感じられることが、いまだかつてあっただろうか、と思うくらい、時に爽快で、時にほろりと泣けるストーリーだった。特に、ブレグジットで混乱を極めた英国の様子や、緊縮財政で地べたの人々たちが受けた影響は、ニュースで見聞きするよりもリアリティを感じた。

第2章は、現在英国の世代、階級について。やはりここでもブレグジットや緊縮財政から見えてくる世代間格差、階級格差があると分かった。英国の酒事情は、日本と重なる部分も多いと思った。

なにはともあれ、おっさんたちは今日も懸命に生きている。パイントグラスを高く掲げて左右に体を揺らし、大声で歌う。
「Always look on the bright side of life(いつも人生のブライト・サイドを見ようよ)」!

ワイルドサイドをほっつき歩け
ワイルドサイドをほっつき歩け
ブレイディみかこ
筑摩書房
本の購入はこちら
ワイルドサイドをほっつき歩け
ワイルドサイドをほっつき歩け
著者
ブレイディみかこ
出版社
筑摩書房
本の購入はこちら

NetGalley(ネットギャリー)とは?

発売前の本のゲラ(原稿)を読み、出版社へ直接レビューを届けることができるWEBサービスです。これまでは書店員や出版関係者といった限られた人にしか配布されてこなかったゲラ。NetGalleyを利用すれば、一般読者であってもいち早く読むことができます。
ご自身のブログやSNSでレビューを発信することも可能です。出版社へ届けたレビューが本の帯に載ることも!?

ぜひ、読者の声を出版社へお届けください!

NetGalleyの会員登録はコチラ
※一般読者、SNSユーザーは、レビュアータイプを選んでご登録ください。

NetGalleyのサービス概要




(1)出版社:作品を掲載
(2)会員:興味のある作品を見つけて「リクエスト」を送る
(3)出版社:会員情報を確認し、「リクエスト」を承認する
(4)会員:作品データをダウンロードし、閲覧、レビューを投稿する

※一部対象外の作品があります。
※会員情報を詳細にご記入いただけば、リクエストが承認される確率がアップします!会員情報はリクエスト申請した出版社のみに開示されますので、ご安心ください。

公開日:2020/07/13
このイチオシを友達にオススメする

今週の要約ランキング

1
超雑談力
超雑談力
五百田達成
未 読
リンク
2
対話型マネジャー
対話型マネジャー
世古詞一
未 読
リンク
3
頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
アンディ・プディコム 満園真木(訳)
未 読
リンク

イチオシの本

「コミュニケーションの壁」を打破するための3冊
【〈連載〉ニューノーマル時代のコミュニケーション 第2回】 「コミュニケーションの壁」を打破するための3冊
2020.10.27 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年9~10月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年9~10月)
2020.10.26 update
リンク
出版社のイチオシ#039
出版社のイチオシ#039
2020.10.23 update
リンク
時間の使い方を見直したいときにおすすめの3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第2回】 時間の使い方を見直したいときにおすすめの3冊
2020.10.20 update
リンク

インタビュー

〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
2020.10.21 update
リンク
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
2020.10.15 update
リンク
〈対談〉「カルチャーづくり」をないがしろにしてはいけない
〈対談〉「カルチャーづくり」をないがしろにしてはいけない
2020.10.14 update
リンク
〈対談〉自分らしさをつくる「読書法」の決定版
〈対談〉自分らしさをつくる「読書法」の決定版
2020.10.07 update
リンク
1
超雑談力
超雑談力
五百田達成
未 読
リンク
2
対話型マネジャー
対話型マネジャー
世古詞一
未 読
リンク
3
頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
アンディ・プディコム 満園真木(訳)
未 読
リンク
海外に学ぶ「女性活躍」
海外に学ぶ「女性活躍」
2018.05.10 update
リンク
作詞家・プロデューサー いしわたり淳治の仕事術
作詞家・プロデューサー いしわたり淳治の仕事術
2017.06.19 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る