『頭を「からっぽ」にするレッスン』
NetGalley Japan

NetGalley Japan

内容紹介

ビル・ゲイツが選んだ、 読みながら実践できるマインドフルネス入門の決定版—―待望の復刊!

現在入手困難になっている本書は装いもあらたに、書名を『頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる』として、 2020年9月19日に再発売を決定しました。再発売にあたり、瞑想とマインドフルネスの入門書として、読みながら実践できるよう再編集をした決定版となっています。

本書に寄せられたビル・ゲイツ氏からの賛辞

「25歳のころの私なら鼻で笑っていただろうが、今の私は妻のメリンダともども瞑想にすっかりはまっている。大学時代に仏僧を志した著者プディコム自身のエピソードから始まる本書は、瞑想のしかたを時に楽しく愉快に解説してくれる。マインドフルネスを試してみたい人にはパーフェクトな入門書だ」

――<2018年GatesNotes お気に入りの5冊>より抜粋

5 books I loved in 2018

「瞑想にずっと懐疑的だった私だが、今ではできるかぎり時間を見つけて――許すかぎり週3回は――瞑想している。私を宗旨変えさせたのは、この本と著者であるアンディが作った<ヘッドスペース>のアプリだ。元仏僧のアンディは、つかみどころのない瞑想の概念についても、多くのわかりやすいたとえやイメージを使って説明してくれる。日々、ストレスを解消し心を集中させるしばしの時間が誰にとっても必要なこの時代に、はじめての1歩としてうってつけの1冊だ」

――<2020年GatesNotes お勧めの本>より抜粋

Other books worth reading

【おすすめコメント】

2018年につづき2020年のGatesNoesで、ゲイツ氏本人が本書を瞑想、マインドフルネスの入門書として激賞していることを機に、辰巳出版では2011年12月に刊行、入手困難な状況がつづきご迷惑をおかけしている『からっぽ! 10分間瞑想が忙しいココロを楽にする』(原題:The Headspace Guide To Meditation and Mindfulness)を改題、再編集を加え2020年9月19日に『頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる』として復刊発売を決定いたしました。

頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
アンディ・プディコム,満園真木(訳)
辰巳出版
本の購入はこちら
頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
著者
アンディ・プディコム 満園真木(訳)
出版社
辰巳出版
本の購入はこちら

NetGalley会員レビュー

◎「マインドフルネスは、どこでも取り入れられこと」書店関係者

さまざまな寺院や僧院で修行した著者が書いた一冊。

以前から、瞑想やマインドフルネスについて興味を持っていました。それについての本や記事を読んだことはありましたが、方法だけ書かれていて、いざやってみても、すぐに挫折してしまっていました。

しかし、この本は、方法はもちろんのこと、著者ご自身が挫折も経験されて、導師に相談に行き、そのときの教えをすべて記してくれています。 瞑想を行うと、はじめは誰でもそうだよと寄り添ってくれているような安心感がありました。瞑想とマインドフルネスの違い、マインドフルネスは、どこでも取り入れられることも知りました。

頭をからっぽに……心の状態を外側から見えるように……
この本は、瞑想を毎日続けようと思わせてくれました。

◎「疑心暗鬼で読み始めました」図書館関係者

コロナ禍で閉塞感でいっぱいの現在、「瞑想」で心が軽くなるものだろうか? と、疑心暗鬼で読み始めました。

256 ページですが、中身はページびっしり活字で、読み応えがあります。

まず1分間瞑想から始まり、最終的に10分間、どんなふうに瞑想するか、どう進めていくか、こと細かく教えてくれる指南書になっています。

学生時代、座禅をしたとき、雑念だらけで体がゆらゆら揺れてしまったことを思い出しました。この本を読んでから座禅に参加すれば、少しは「無」が理解できていたのかも……。

学校図書室に入れるには、少し難しいかも? とも思いますが、購入検討したいと思います。

◎「途中に差し込まれる「導師の話」が特に面白い」レビュアー

空っぽを体験し手放す感情

今この瞬間を体験し頭の中をからっぽにする。これ、実はすごく難しい。難題のようなこのテーマに取り組むために、本書ではマインドフルネス実践まで、こと細く記されている。

自身の体験を交えて論ずるエクササイズは非常に説得力がある。考え方から導入までしっかりフォローされているため、感情についての理解もしやすい。途中に差し込まれる「導師の話」が特に面白い。それだけでも読む価値があるようだ。

うつ状態が癖になりつつある僕は、「今、ここ」を意識をしてこころのありかを実感する、まずはそこから始めていきたいと思った。

瞑想やマインドフルネスには興味があるが、まずアプローチの仕方を知らないと、という人に特におすすめの一冊である。

◎「ネガティブな感情とも仲良くなる」レビュアー

ネガティブな感情と仲良くなることで、幸福な毎日をすごせるようになる!

瞑想初心者でも、効果や方法、日常でどのように活用していくのかわかりやすく教えてくれています。

「瞑想とは、ただマインドフルネスを実践するために最適なコンディションをつくりだすテクニックにすぎません」

瞑想をすると、ネガティブな感情を感じなくなり、幸福だけを感じるようになるというイメージは間違い。ネガティブな感情とも仲良くなることができ、人生がネガティブな感情の影響を受けなくなる。どんな感情とも仲良くなり、幸福な生活を送ることができるようになることがよくわかりました。

◎「からっぽって、手に入れるものではなくてもう、そこにある」レビュアー

「幸福とは、心地よくいられる能力のこと」

人生にとって本当に良きこととは何だろう? 良き人生とは何だろう?

いつもそんなことを考えているわけじゃないけれど、困ったことが起こったり、決断を迫られたりすると、そんなことを考えて、未来や過去に思考が動いてしまう。考えついた破片のようなもので体中がいっぱいになっているように感じる。からっぽになれたらどんなにいいだろう。

この本は、そんなふうに感じたことのある人に、ぜひ読んでもらいたいと思います。

この本を読んでいるだけでからっぽになって心落ち着くようなリズムで、毎日の生活の中でのマインドフルネス、10分の瞑想を取り入れる方法が書かれています。

からっぽって、手に入れるものではなくてもう、そこにある。私たちは持っている。読んでいるだけで自然と「そうなんだ~」と思えてくるのです。

私たちは幸福になる能力を持っている。それを思い出させてくれる本だと思います。

◎「日常に取り入れやすい瞑想の方法についてやさしく説明しています」レビュアー

この本では、「瞑想」と「マインドフルネス」の2つの方法について、それぞれ解説しています。

瞑想については、瞑想体験者で私にはムリ! と思っていた人こそ、初心に戻ってこの本を読んでみると瞑想の習慣に戻れるような、日常に取り入れやすい瞑想の方法についてやさしく説明しています。

毎日10分間の瞑想をどのようにやればいいのか、導入から呼吸法まで明確に説明し、そして瞑想中にありがちなことを例示して、そのときはどうすればいいのかも、具体的に説明してくれます。

どんな場所がいいのか、いつがいいのか、理想的な服装はあるのか……。素朴なギモンや瞑想に対する迷いや疑いについても、著者はよくわかっていて、きちんと答えてくれています。

そして、マインドフルネスについても、概念的になりがちな解説を、著者自身の修行時代の失敗談(おもしろい)を例に説明してくれていて、わかりやすく説明しています。

頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
アンディ・プディコム,満園真木(訳)
辰巳出版
本の購入はこちら
頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
著者
アンディ・プディコム 満園真木(訳)
出版社
辰巳出版
本の購入はこちら

NetGalley(ネットギャリー)とは?

発売前の本のゲラ(原稿)を読み、出版社へ直接レビューを届けることができるWEBサービスです。これまでは書店員や出版関係者といった限られた人にしか配布されてこなかったゲラ。NetGalleyを利用すれば、一般読者であってもいち早く読むことができます。
ご自身のブログやSNSでレビューを発信することも可能です。出版社へ届けたレビューが本の帯に載ることも!?

ぜひ、読者の声を出版社へお届けください!

NetGalleyの会員登録はコチラ
※一般読者、SNSユーザーは、レビュアータイプを選んでご登録ください。

NetGalleyのサービス概要




(1)出版社:作品を掲載
(2)会員:興味のある作品を見つけて「リクエスト」を送る
(3)出版社:会員情報を確認し、「リクエスト」を承認する
(4)会員:作品データをダウンロードし、閲覧、レビューを投稿する

※一部対象外の作品があります。
※会員情報を詳細にご記入いただけば、リクエストが承認される確率がアップします!会員情報はリクエスト申請した出版社のみに開示されますので、ご安心ください。

公開日:2020/11/16
このイチオシを友達にオススメする

今週の要約ランキング

1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
楽しくなければ成果は出ない
楽しくなければ成果は出ない
田中マイミ
未 読
リンク
3
世界のお金持ちが実践するお金の増やし方
世界のお金持ちが実践するお金の増やし方
高橋ダン
未 読
リンク

イチオシの本

読書の秋に読んでおきたい名著5選
読書の秋に読んでおきたい名著5選
2020.11.20 update
リンク
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
2020.11.18 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年11月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年11月号)
2020.11.17 update
リンク
『頭を「からっぽ」にするレッスン』
『頭を「からっぽ」にするレッスン』
2020.11.16 update
リンク

インタビュー

人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
2020.11.24 update
リンク
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
2020.10.28 update
リンク
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
2020.10.21 update
リンク
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
2020.10.15 update
リンク
1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
楽しくなければ成果は出ない
楽しくなければ成果は出ない
田中マイミ
未 読
リンク
3
世界のお金持ちが実践するお金の増やし方
世界のお金持ちが実践するお金の増やし方
高橋ダン
未 読
リンク
サラリーマンとして成長するには何が必要なのか『できる人は社畜力がすごい 自分のための「働き方改革」』
サラリーマンとして成長するには何が必要なのか『できる人は社畜力がすごい 自分のための「働き方改革」』
2017.10.06 update
リンク
今、日本企業で求められる「日本型・グローバル人事」とは?
今、日本企業で求められる「日本型・グローバル人事」とは?
2018.08.07 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る