大人になるための勇気と装置をもつために! 『教養の書』
NetGalley Japan

ライター画像
NetGalley Japan
大人になるための勇気と装置をもつために!  『教養の書』

発売前の本からイチオシの既刊の本まで、読者がレビューを通して直接本を応援することができるサービス「NetGalley(ネットギャリー)」。

書店員や司書、読書家が多く登録する当サービス上で、話題書に寄せられたレビューを厳選してご紹介するコーナーです。

今回は、『教養の書』をご紹介します!



おすすめコメント

教養とはそもそも何か。なぜ大切なのか。教養の道をさえぎるものは何であり、その道を歩むためにどんな装置が必要なのか。すべてが詰まった「知の教典」、ここに誕生!

ベストセラー、『新版 論文の教室』の著者が大学新入生に語り続けてきた名物授業。
「学生時代に読みたかった」「こんな本をさがしていた」の声、ジワジワ拡大中です。

気合い入りまくりのトダヤマ節が、あなたも! あなたも! あなたも啓蒙しまくる!
教養の書
教養の書
戸田山和久
筑摩書房
本の購入はこちら
教養の書
教養の書
著者
戸田山和久
出版社
筑摩書房
本の購入はこちら

NetGalley会員レビュー

◎「『教養とは何か』の部分が、圧倒的におもしろい」レビュアー

哲学者の書いた教養についての本は、いろいろと理屈っぽいところがあった。論理学などは、なるほどとは思うが、やはり前半の、「教養とは何か」の部分が圧倒的におもしろい。

説明にオーウェルの『一九八四年』やブラッドベリの『華氏451度』の話が出てきて、そこから派生した話も興味深かった。

言葉を増やせば思考は拡大する。逆に、『一九八四年』は言葉を単純化、つまり減らすことで人間から思考を減らすという。ようするに愚民政策。そこを教養の話とぶつけてきた。『華氏451度』は本を燃やす話。これも教養潰しだ。

教養とは、とても大切なんだな。

◎「一見無駄なように見えることが大事」レビュアー

「教養」というのはどんなものなんだろう? と考えたとき、芸術とか音楽とか歴史とか、仕事とは別の、いわば高級な道楽というような認識でいました。そういうものを知っていることによって人生における「ゆとり」とか「幅」を広げるものなのかなぁと思っていたのです。

本書の76ページには、『知に働けば蔵が建つ』(内田樹、文春文庫)より、次の文章が引用されています。

教養とはかたちのある情報単位の集積のことではなく、カテゴリーもクラスも重要度もまったく異にする情報単位のあいだの関係性を発見する力である。 雑学は『すでに知っていること』を取り出すことしかできない。教養とは『まだ知らないこと』へフライングする能力のことである。

「まだ知らないことへフライングする能力」と言われると、それは欲しいなぁ! 雑学と教養の差は大きいなぁ! と感じました。

「すでに知っていること」を取り出すだけじゃ、説教臭いだけだものね。その先へ進むための能力と考えるととても魅力的! もともと持っていたAという能力と、Bという何かが化学反応を起こしてAでもBでもない何かを生み出すってすごい。

教養とはそういうものなのかーー。一見無駄なように見え、それが大事ってことなのですね。

◎「エンターテインメント感もあって、読みやすいのにためになる」書店関係者

面白かったです。

教養ってどういうことかな? とよくわかっていない部分がありました。難しいことが書いてあるんだろうな。とも。ですが、全然違いました。

面白い。エンターテインメント感もあって、読みやすいのにためになる。

生きていればどこかで触れるであろう、古典的なもの。そういうものが、人生を何倍も楽しめるものにしてくれるんだなと感じました。 教養。大事です。

◎「読まなければ、あなたの窓も開きません」教育関係者

教養ーー。この言葉にどんなイメージを持つだろう。

私は、教養という言葉に出会って実感したのはやはり大学入学後の教養課程。
なんだかキラキラして将来のためにも必要なものを、これから身につける! という意気込みにあふれていた。

きっとこの本はそんな感じ方をしてしまう世代に向けて、それをさあ身につけましょう皆さん! って書いてあるに違いない。と思いきやそこは違う。モノの見方を持つために必要なのが、教養なのだ。生きていくために、自分の軸として持っていくものが教養なのだ。
自分が今まで築いてきたもの、またはこれから築くものへの、礎石となる本だった。

まずは読もう。読まなければあなたの窓も開きません。

◎「わかったつもりになったりせず、しっかり読んでみよう」レビュアー

真理の認識にはコストがかかるという認識。
つまり人間は、一人ひとりはアホという、なんとも驚愕な内容。

ついつい居心地の良い「イドラの洞窟」の岩盤浴で満足している自分は、はたから見るとアホであろう。ハッと思い知りました。

確かに僕はアホだ。ではアホにならないためには何が必要か。
・視点を◯える
・◯者と出会う
・歴史を◯る

これは相対的な視座を獲得するコツだ。読んだ気になったり、わかったつもりになったりせずしっかり読んでみよう。案外答えはバラバラかもしれない。

最後にビブリオバトルに一つを例にし、集合的知性増強装置に結びつけるその感性が知性であると思った。


NetGalleyでこれから世に出る本を応援しませんか?

NetGalleyとは、レビューを通して、読者が本を応援することができるサービスです。 専用アプリで、発売前の本の原稿(ゲラ)や出版社のイチオシの既刊本を読み、レビューを投稿することができます。
投稿されたレビューは出版社に直接届くため、本の帯や新聞に掲載されることも?!

これから世にでる本に、レビューやコメントを送り、本のプロモーションを一緒に応援しませんか?

※作品を読むにはリクエストを送り、出版社に承認される必要があります。
※リクエストを送るには会員登録が必要です。登録・利用、すべて無料です。

NetGalleyWEBサイトは、コチラから
公開日:2021/03/30
このイチオシを友達にオススメする
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
人生の目標を見つけたい! 必要なのはやっぱりお金?
人生の目標を見つけたい! 必要なのはやっぱりお金?
2022.08.23 update
リンク
「自分なんて」とモヤモヤする前に。キャリアを考えるときに読みたい3冊
「自分なんて」とモヤモヤする前に。キャリアを考えるときに読みたい3冊
2022.03.29 update
リンク
「TikTok売れ」を知らない世代へ捧ぐ タイパ、短尺動画が支持されるワケ
「TikTok売れ」を知らない世代へ捧ぐ タイパ、短尺動画が支持されるワケ
2022.06.29 update
リンク