目からウロコの交渉術『交渉力』
NetGalley Japan

ライター画像
NetGalley Japan
目からウロコの交渉術『交渉力』

発売前の本からイチオシの既刊の本まで、読者がレビューを通して直接本を応援することができるサービス「NetGalley(ネットギャリー)」。書店員や司書、読書家が多く登録する同サービス上で、話題書に寄せられたレビューを厳選してご紹介するコーナーです。

今回は、『交渉力』をご紹介します!

おすすめコメント

「交渉」というと難しく感じるかもしれないが、要は「話をまとめる力」だ。何か達成したい目標がある時、相手を説得し、対立する意見をまとめていく交渉力の有無が、結果を左右する。どんな職種・役職であれ、何かを成し遂げるために必須となるのが交渉力だ。――「はじめに」より

38歳で大阪府知事、42歳で大阪市長となり、百戦錬磨の年上の部下たちをまとめ上げ、大阪の改革を断行した著者。その「実行力」の裏側にあったのは、弁護士時代から培われた、たぐいまれなる「交渉力」だった。

同じ話し合いでも、伝え方や考え方を変えれば、結果はがらりと変わる。本書では、人を動かし、人に強くなるための「交渉思考」の極意を全公開。 数々の修羅場をくぐりぬけてきた著者が「僕の30年の集大成」と言う本書。橋下徹が初めて明かす、超・実践的交渉術。
交渉力
交渉力
橋下徹
PHP研究所
本の購入はこちら
交渉力
交渉力
著者
橋下徹
出版社
PHP研究所
本の購入はこちら

NetGalley会員レビュー

◎「これができていない人は多い」レビュアー

「交渉成功のポイントを一つだけ挙げると」と書かれているように、端的・わかりやすい。 達成したい目標に向かうため、結果を出すためにすべきことはシンプルだが、私も含めてこれができていない人は多い。 ニュースや討論番組で見かける著者は、そのイメージのまま、それを成し遂げているし、使いこなし武器にしているように見える。そのノウハウがわかりやすく書かれている。 この本の中で、世界の政治家の交渉術に学べとも書かれているが、この著者からテレビを通してまた学びたいと思う。

◎「目からウロコだった」レビュアー

「交渉とは何ぞや」を大阪府知事、市長時代の体験をもとに具体例を挙げて書かれています。 目から鱗だったのは、相手の要望を整理して見える化する、 絶対に譲れないラインをひく ということでした。 普段、交渉することはあまりありませんが、相手の要望を理解し、 譲れる部分、譲れない部分をはっきりさせておくことは大事なことだと思いました。

◎「プライベートでの人間関係にも応用できる内容」レビュアー

これまで、いかに自分の要求を相手に認めさせ、自分に有利な状況にもっていけるか、その力が交渉力だと思っていました。 はじめの交渉力の定義に目からウロコ。 あれもこれも欲張らずに一番譲れないもの以外は譲る覚悟を持つこと。自分と相手の要望と譲歩の数を釣り合わせること。 ベースとなる考え方の他にも交渉のテクニックなど仕事だけでなくプライベートでの人間関係にも応用できる内容でした。 府知事、市長時代のエピソード満載で、懐かしく思い出す話もあれば、あのときそんなことになっていたのか〜との驚きもあり興味深く読みました。
交渉のゴールを見据えて筋を通すことと譲ることのバランスが取れるようになれば前を塞ぐ厚い壁もやわらかくなり、敵がいなくなるのではと思えました。

◎「リアルな事例もあり興味深い!」レビュアー

橋下さんの考える交渉力とは何なのか。リアルな事例もあり興味深い! 弁護士の世界から、大阪府知事・大阪市長となった橋下さんが自ら交渉力について書いた本。 多くの反対に対し、いかに交渉力を使って立ち向かってきたのかがわかり、 興味深く読めました。 「ぜったいに譲れないところと譲れるところ 」「優先順位を付けること」「仮想の利益」この3つのキーワードが気になりました。 仕事業務でお客様と交渉事となることもあるので ここで得たことをヒントにして、工夫をして使っていきたいです。

◎「政治の世界での交渉術」レビュアー

政治の世界での交渉術。公務員の世界では、もちろんさまざまなところで調整が行われるが、行政と違う視点で交渉をしたため、行政が敗北したのだなあと思った。トランプ前大統領も、アメリカの世界での地位と責任など無視した交渉をしたため、各国も振り回されたという。自分のやりたいようにするには、結局ルールは気にせずともかく勝つことを考えた方が勝ちだということがわかった本でした。

◎「交渉とはこうするものだという意識の高さを感じる本」レビュアー

交渉をするときに、優先順位をまず考えると橋下さんは語っています。10項目あったとして、3項目はどうしても通したい。だから残りの7項目は捨ててもいいという気持ちで交渉するというのです。相手にとって大事な項目を無理やりつぶすことなく、自分の主張を通すには、こういう考え方が大事だというのです。
日本の役所は前例を崩すのが嫌いです。橋下さんが知事になったばかりの時期には、前市長が決めた予算は100%必達でした。でも、これは不要でしょうと議論を戦わせるうちに、この項目の全部は変えられませんけど、この点についてはカットできますというような話に変わっていったというのです。
交渉とはこうするものだという意識の高さを感じる本でした。

NetGalleyでこれから世に出る本を応援しませんか?

NetGalleyとは、レビューを通して、読者が本を応援することができるサービスです。 専用アプリで、発売前の本の原稿(ゲラ)や出版社のイチオシの既刊本を読み、レビューを投稿することができます。
投稿されたレビューは出版社に直接届くため、本の帯や新聞に掲載されることも?!

これから世にでる本に、レビューやコメントを送り、本のプロモーションを一緒に応援しませんか?

※作品を読むにはリクエストを送り、出版社に承認される必要があります。
※リクエストを送るには会員登録が必要です。登録・利用、すべて無料です。

NetGalleyWEBサイトは、コチラから
公開日:2022/01/24
このイチオシを友達にオススメする
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
【心にビタミン!】休み明けの心がちょっと軽くなる6冊
【心にビタミン!】休み明けの心がちょっと軽くなる6冊
2022.05.10 update
リンク
ワーケーションも転職も。これからは「越境」が武器になる
ワーケーションも転職も。これからは「越境」が武器になる
2022.08.04 update
リンク