『バッタを倒しにアフリカへ』がなぜこんなに売れているのか?
【ブックスタマのイチオシ】

ブックスタマ
バッタを倒しにアフリカへ
バッタを倒しにアフリカへ
著者
前野ウルド浩太郎
出版社
光文社

新書が売れなくなった、と言われて久しいですが、この本はよく売れています。なんでバッタを退治しにアフリカに行く話がこんなに売れるのだろうか、と思いますが、世の中には実は虫が好きな人が案外大勢いるのかも知れません。この本は、アフリカで深刻な被害をもたらしているバッタ災害を撲滅するため、モーリタニアに単身乗り込んで奮闘するバッタ博士の話です。子供の時にファーブル昆虫記を読んでわくわくした。そんな経験がある人には、絶対この本をおすすめしたいです。表紙で著者がバッタのコスプレをして、捕虫網をかまえている姿が、目を引きます。

本来は地道で単調な研究の記録を面白く読ませることに、本書は見事に成功しています。
フィールドワークの現場は成果の出ないことも多く、地味な作業です。この本でも、バッタの話なのに、なかなかバッタの大発生の現場にめぐり合う事ができずに、途中で浮気してゴミムシダマシの研究を始めてしまう話が出てきます。
それでも飽きずに読むことができるのは、著者の周りの個性の強い登場人物たちのおかげです。著者の勤めるモーリタニアの研究所のババ所長は、著者にいつも的確なアドバイスを与えてくれます。また、現地の事情をよく知らない中で雇ってしまったため、相場よりもかなりいい給料で雇ってしまった運転手のティジャニは、著者の事を心から尊敬し、家族のように献身的に面倒をみてくれます。

特に印象的なのは食事のシーンです。ヤギ肉やバオバブの実から作ったジュースなど、未知の食の世界が美味しそうに描かれています。著者がどっぷりモーリタニアの文化や人間関係にはまりこんでいるのが、この本をよりおもしろくしています。著者の筆名につけられた「ウルド」の3文字は、実に深い意味が込められています。本書を読んで、その名前がつけられた理由を見つけてください。

アフリカではまだバッタの大発生は大きな問題で、農作物に甚大な被害を与えています。筆者の研究がいずれはアフリカの多くの人を救うことになるでしょう。日本でもヒアリが発見されて大騒ぎとなりましたが、昆虫の力はあなどれません。これを読んで、昆虫研究という修羅の道へ足を踏み入れる若者が一人でも多く現れることを期待します。

公開日:2017/11/02
このイチオシを友達にオススメする
1
残念な職場
残念な職場
河合薫
未 読
リンク
2
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
グロービス経営大学院
未 読
リンク
3
エンジェル投資家
エンジェル投資家
ジェイソン・カラカニス 滑川海彦(訳) 高橋信夫(訳) 孫泰蔵(日本語版序文)
未 読
リンク
ビジネス現場での「フロー」の概念を分かりやすく解説『図解フロー・カンパニー』
ビジネス現場での「フロー」の概念を分かりやすく解説『図解フロー・カンパニー』
2018.05.18 update
リンク
あなたが選ばれないのは〇〇が足りないから――「選ばれる人」の条件とは?
あなたが選ばれないのは〇〇が足りないから――「選ばれる人」の条件とは?
2015.11.19 update
リンク