【書店員のイチオシ】
「食」の見直しで自分に自信をつける!
【ほんをうえるプロジェクト】

ほんをうえるプロジェクト
私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない
私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない
小倉朋子/著
文響社
本の購入はこちら
私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない
私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない
著者
小倉朋子/著
出版社
文響社
本の購入はこちら

面倒だから1食くらい抜いてもいいか。とりあえずコンビニのパンでも食べておけばいいか。お腹いっぱいだけど〆のラーメン食べちゃえ……忙しかったり疲れたりしていると、ついこんな風に考えてしまうこと、ありますよね。けれどそんな不摂生の積み重ねは、意外なところであなたにダメージを与えているかもしれません。自分に自信が持てない、コミュニケーション下手、イライラする、毎日がつまらない……一見「食」とは無関係のように思える悩みですが、本書を読むと確かに食生活の乱れと心身の不調は根っこの部分で繋がっているように思えてくるのです。

著者の小倉朋子さんはテーブルマナーの本なども書かれている食の総合コンサルタント。365日24時間、食べることを考えているという自称「食のオタク」だそうです。「子どもの頃ごはんを噛みつづけるとどうなるか研究していた」「会社員時代、帰宅が深夜になるほど忙しいのに必ず18時に手を止めて夕食をとっていた」「たとえコンビニのパン1個でも、一番食べたいものを選びぬいて感謝していただく」など、そのエピソードの数々には驚かされますが、食への深い愛情が伝わってきます。こんな風に1日3回の食事を特別なものにできたら、それだけで毎日がすごく楽しくなりそう。身体にいい食材やレシピより、まずは「食」とどうやって向き合っていくかだと、本書は教えてくれます。

とはいえいきなり食生活をガラリと変えるのは難しい……という方でも大丈夫。まずはミニトマトを3粒、じっくり味わうことから始めましょう。1粒1粒の色や形、甘さなどを比べながら食べると、それだけで満足感も高まり、食べ物が生きていたことを感じるそう。そのほかにも「きゅうりを噛みつづけると途中から食感が『ジュワッ』となる」「リンゴは切り方によって噛んだ時の音が違う」「カレーをフォークで食べてみる」など、身近な食べ物を新鮮に楽しみ、慈しむ方法がたくさん紹介されています。どれも試してみたくなりませんか?

そうして「食」への姿勢を正したら、続いては「食」と「人の内面」との関係性について。「テーブルマナーとコミュニケーション能力」「ダイエットと自己コントロール」「手料理とストレス解消」など、独自の切り口で解説される内容は、どれも当たり前のようでいて気付けずにいたことばかりです。美しい仕草やマナーについても触れつつ、なにが心身の不調を招いてしまうのか? どうしたら改善していけるか?を具体的に提示してくれるので、1つや2つはすぐにでも実践できそう。試してみると、ふだんいかに習慣で「なんとなく」食事を済ませていたかを感じることができると思います。
「食べる」という行動は人から見られる唯一の本能。そこに後ろめたさを感じていたり、喜びを見いだせなくなっていたりすると、人の目が気になったり自己嫌悪してしまったりするのですね。満足して、楽しく、自信を持って食べることで、食事の時間はもっと有意義になるし、あなたの毎日は豊かなものになるでしょう。さあ、次の食事から、「食べ方改革」始めてみませんか。

ほんをうえるプロジェクト 長澤麻央

「ほんをうえるプロジェクト」とは?

植物に水をやってゆっくりと育てるように、本ももっとていねいに売っていこうと、出版総合商社トーハンがはじめたプロジェクトです。新刊やベストセラーに限らず、独自の手法で良書を発掘し、本屋さんにご提案しています。同じ趣味をもった方同士がつながれる、「 #好きな本を語ろう 」というコミュニティを運営中です。ぜひご参加ください!

ほんをうえるプロジェクト公式Facebook

新入社員のうえだくん@ほんをうえるTwitter

#好きな本を語ろう Twitter

公開日:2018/02/02
このイチオシを友達にオススメする

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
Think Smart
Think Smart
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
2
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
3
葉隠 処世の道
葉隠 処世の道
前田信弘(編訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

ベストセラーの“アホ本”がまんが版で登場!
ベストセラーの“アホ本”がまんが版で登場!
2020.01.28 update
リンク
フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
2020.01.22 update
リンク
『僕たちはヒーローになれなかった。』
『僕たちはヒーローになれなかった。』
2020.01.21 update
リンク
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
Think Smart
Think Smart
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
2
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
3
葉隠 処世の道
葉隠 処世の道
前田信弘(編訳)
未 読
リンク
来期計画をまとめる時に頼りになる5冊
来期計画をまとめる時に頼りになる5冊
2017.02.10 update
リンク
人財育成の新潮流、「成人発達理論」とは?
人財育成の新潮流、「成人発達理論」とは?
2017.03.02 update
リンク