日本でも、すでに始まっている 『小売再生』
【ほんをうえるプロジェクトのイチオシ】

ほんをうえるプロジェクト
小売再生 リアル店舗はメディアになる
小売再生 リアル店舗はメディアになる
著者
ダグ・スティーブンス/著 斎藤栄一郎/訳
出版社
プレジデント社
本の購入はこちら

来週、名古屋まで行くことになった。子供たちが、そこにしかないものを「体験してみたい」と言い出したからだ。お目当ては、レゴランドである。いわく「レゴランドホテルで暮らしたい」ほどご執心だ。なぜか。Youtubeで目撃したからである。

おっと。私の子育てについて、ツッコミが入りそうだ。でもそれは、ここでは置いておこう。ネットに席巻される世の中で、わが家は「リアルでの体験」を求めてレジャーに行く。ネットで見てリアルで消費する、オンラインtoオフラインである。

家族でデパートにいき、商品を手にとって買うことは、私の子供の頃大きなレジャーの一つだった。しかし、商品はコモディティ化し「より手軽に安く買いたい」というニーズを満たす、ネット企業に人々の関心が集まるようになった。

本書によると、アメリカの大手小売企業は、従来の経営指標にとらわれず投資を続けるAmazonの手法をみて、「いずれ破綻する」とタカをくくっていたところがあるようだ。しかし、現実は逆に進んだ。破綻したのは、自分たちだったのである。

今、そのAmazonがリアル店舗を持ち始めている。目的は明かされていないが、ミニ流通ハブとして、kindle等の機器を手にとれる場所として、リアルのブランディング拠点として、メリットは計り知れないと著者は指摘する。

店舗には、計り知れない価値があるのだ。

著者は本書で「リアル店舗はメディアになる」と書いている。かつて「メディアはメッセージである」といったのは、社会学者のマーシャル・マクルーハンだった。三段論法ではないが、私は「店舗はメッセージである」と言いたい。

この本が、日本に上陸したのは最近だが、それに先立つ1年前。わが職場では「マクルーハンの本棚」という試みをはじめた。店頭を「書店員さん達のメッセージを伝える場所」と定義し、書店×ITの新たな可能性をさぐる実験を始めたのだ。

幸いなことに、好評を得ることができた。なかでも、AIが本をオススメする「AI書店員ミームさん」は、賛同が広がり、このたびTBSラジオコラボ版が完成。「秘密結社 鷹の爪」の吉田くんが、ミームさんにイタズラをして笑いをふりまいている。

エンタテイメントセルのトレンドは、すでに日本の小売の現場で猛烈な勢いで始まっている。売上や利益などの短期的な思考の罠にさえ嵌らなければ、これから、店舗こそが商品になる。そんな未来が見える一冊である。

AI書店員ミームさん(TBSラジオコラボ版)
期間:2018/8/1~8/31
場所:八重洲ブックセンター本店5F

ほんをうえるプロジェクト 吉村博光

「ほんをうえるプロジェクト」とは?

植物に水をやってゆっくりと育てるように、本ももっとていねいに売っていこうと、出版総合商社トーハンがはじめたプロジェクトです。新刊やベストセラーに限らず、独自の手法で良書を発掘し、本屋さんにご提案しています。同じ趣味をもった方同士がつながれる、「 #好きな本を語ろう 」というコミュニティを運営中です。ぜひご参加ください!

ほんをうえるプロジェクト公式Facebook

新入社員のうえだくん@ほんをうえるTwitter

#好きな本を語ろう Twitter

公開日:2018/08/03
このイチオシを友達にオススメする
1
RPAの威力
RPAの威力
安部慶喜 金弘潤一郎
未 読
リンク
2
勉強法
勉強法
佐藤優
未 読
リンク
3
残念な職場
残念な職場
河合薫
未 読
リンク
「ノーベル経済学賞」と書店
「ノーベル経済学賞」と書店
2017.11.20 update
リンク
テクノロジーが変える「つながり」の未来図とは?
テクノロジーが変える「つながり」の未来図とは?
2017.02.03 update
リンク