ほんとうの「最強本」はどれだ!?
【紀伊國屋書店のイチオシ】

紀伊國屋書店

「名は体を表す」というように、本にとってもタイトルは、その中身や志向を表す重要な要素。見た瞬間「ピン!」と来るものもあれば、「内容は良さそうなのに、タイトルがちょっと・・・」というのもあって、書店員が仕入部数を決める際にも重要なポイントになります。 そして、良いタイトル、売れたタイトルというのは、すぐに模倣され、似たようなタイトルが一気に増えるのが出版業界の常。最近、多いのは「最強の○○」「最高の○○」でしょうか。ジャンル不問で検索してみると「最強」とつく書籍タイトルはこの1年(2016年7月~2017年6月)で約580点、同様に「最高」=約230点、「究極」=約180点という結果でした。タイトルに「煽り」が必要とはいえ、この点数の多さにはびっくり、「最強」が乱立していては、本当に最強なの?と疑いたくもなりますね。 そこで、「最強」「最高」「究極」をタイトルに含むビジネスパーソン向けの書籍に絞って、 その発売から3ヶ月間の販売冊数を調べ、ランキングにしてみました。

1位 『僕らが毎日やっている最強の読み方』 池上彰、佐藤優 東洋経済新報社 2016.12

僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意
僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意
池上 彰/佐藤 優
東洋経済新報社
本の購入はこちら
僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意
僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意
著者
池上 彰/佐藤 優
出版社
東洋経済新報社
本の購入はこちら

2位 『最強の働き方』 ムーギー・キム 東洋経済新報社 2016.7

最強の働き方―世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓
最強の働き方―世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓
ムーギー・キム
東洋経済新報社
本の購入はこちら
最強の働き方―世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓
最強の働き方―世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓
著者
ムーギー・キム
出版社
東洋経済新報社
本の購入はこちら

3位 『Excel最強の教科書』 藤井直弥、大山啓介 SBクリエイティブ 2017.2

Excel最強の教科書「完全版」―すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術
Excel最強の教科書「完全版」―すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術
藤井 直弥/大山 啓介
SBクリエイティブ
本の購入はこちら
Excel最強の教科書「完全版」―すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術
Excel最強の教科書「完全版」―すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術
著者
藤井 直弥/大山 啓介
出版社
SBクリエイティブ
本の購入はこちら

4位 『スタンフォード式最高の睡眠』 西野精治 サンマーク出版 2017.2

スタンフォード式最高の睡眠
スタンフォード式最高の睡眠
西野 精治
サンマーク出版
本の購入はこちら
スタンフォード式最高の睡眠
スタンフォード式最高の睡眠
著者
西野 精治
出版社
サンマーク出版
本の購入はこちら

5位 『統計学が最強の学問である ビジネス編』 西内啓 ダイヤモンド社 2016.9

統計学が最強の学問である 〈ビジネス編〉 データを利益に変える知恵とデザイン
統計学が最強の学問である 〈ビジネス編〉 データを利益に変える知恵とデザイン
西内啓
ダイヤモンド社
本の購入はこちら
統計学が最強の学問である 〈ビジネス編〉 データを利益に変える知恵とデザイン
統計学が最強の学問である 〈ビジネス編〉 データを利益に変える知恵とデザイン
著者
西内啓
出版社
ダイヤモンド社
本の購入はこちら
(紀伊國屋書店 新宿本店 2016.7~2017.6調べ)

如何でしたか。この1年で最も売れた「最強本」は、池上彰氏と佐藤優氏が、「新聞」「雑誌」「書籍」「ネット」との付き合い方について書いた『僕らが毎日やっている最強の読み方』 でしたが、その他も店頭で平積みになっているベストセラーばかり。信用できる「最強本」も数多く出版されているようで、一安心です。


6月以降に発売になった新刊では、

『「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』 名越康文 夜間飛行

「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である
「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である
名越康文
夜間飛行
本の購入はこちら
「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である
「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である
著者
名越康文
出版社
夜間飛行
本の購入はこちら

『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』 Testosterone KADOKAWA

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方
筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方
Testosterone
KADOKAWA
本の購入はこちら
筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方
筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方
著者
Testosterone
出版社
KADOKAWA
本の購入はこちら

『世界の最新医学が証明した究極の疲れないカラダ』 仲野広倫 アチーブメント出版

究極の疲れないカラダ―世界の最新医学が証明した
究極の疲れないカラダ―世界の最新医学が証明した
仲野 広倫
アチーブメント出版
本の購入はこちら
究極の疲れないカラダ―世界の最新医学が証明した
究極の疲れないカラダ―世界の最新医学が証明した
著者
仲野 広倫
出版社
アチーブメント出版
本の購入はこちら

が売行き好調で、まだしばらくは、「最強」「最高」ブームは続きそうです。

もっとも、読書はとても個人的な体験。読む人1人1人によって「最強」「最高」の意味するところも変わってくるでしょう。是非、自分にとっての最強・最高の1冊を探してみてください。

紀伊國屋書店新宿本店 ビジネス書仕入担当 吉野裕司

https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/

公開日:2017/08/14
このイチオシを友達にオススメする

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
CLASS ACT
CLASS ACT
安積陽子
未 読
リンク
2
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
3
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

『余命3年 社長の夢』
【書店員のイチオシ】 『余命3年 社長の夢』
2019.07.18 update
リンク
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【ライフ関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【ライフ関連企業編】
2019.07.16 update
リンク
親が子どもに贈りたい本5冊
親が子どもに贈りたい本5冊
2019.07.15 update
リンク
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 』
【書店員のイチオシ】 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 』
2019.07.10 update
リンク

Interview
インタビュー

映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
【インタビュー】 映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
2019.06.21 update
リンク
令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
【インタビュー】 令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
2019.06.13 update
リンク
「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
【インタビュー】 「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
2019.05.20 update
リンク
人生という「ゲーム」を攻略するには?
【インタビュー】 人生という「ゲーム」を攻略するには?
2019.04.25 update
リンク
1
CLASS ACT
CLASS ACT
安積陽子
未 読
リンク
2
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
3
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク
「食」の見直しで自分に自信をつける!
「食」の見直しで自分に自信をつける!
2018.02.02 update
リンク
今、日本企業で求められる「日本型・グローバル人事」とは?
今、日本企業で求められる「日本型・グローバル人事」とは?
2018.08.07 update
リンク