本質は相互の理解 『LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲』
【丸善仙台アエル店のイチオシ】


今回は女性が働くこと、上を目指すことに躊躇なく挑むことができる社会を望みたいという思いを発信し続けている、フェイスブックCOOシェリル・サンドバーグの『LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲』を紹介したい。

LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲
LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲
著者
シェリル・サンドバーグ (著)
出版社
日本経済新聞出版社
本の購入はこちら

私は著者の「生きたいように生きる」というメッセージに強く感動した。引き込まれ、目の前でプレゼンされているかのように想像しながら読み漁った。

本書は一歩踏み出すための本であり、自分の目標に向かって果敢に進むための本であると著者は言う。人生とキャリアのあらゆるステージにいる女性に向けて、そして男性のためにも書いている。
彼女は自分のような成功企業の女性トップが女性参画、キャリアアップについて語ることの意義を十分に理解している。トップ企業の女性トップが自ら語ることで働く女性のみならず、男性からも関心を集めることができるからだ。もちろん、女性に一歩踏み出すというメッセージを届けたいという思いが第一にある。しかし同時に、より多くの男性が職場と家庭の両方で女性を支え、解決に向けたパートナーとなるようにとも望んでいるのである。
はじめに、女性が社会で活躍すべきというジェンダー論が展開される。ここでは女性が働くことについて、自身の経験をふまえて語りかけている。持論に加え統計や学者の理論を用いることで、経験談や憶測ではないことを印象付けるとともに説得力も増している。

本書の数あるハイライトの中で響いたのは前半部分の「ジェンダー問題に絡む女性の言動は同性から賛同を得られない傾向が強い」こと、そして女性がキャリアアップする上で問題なのは実は「女性の内なる障壁」であるということだ。
女性の場合、日頃から自分を過小評価する傾向があるという。仕事で抜擢されても自分に務まるかと悩んでしまうのだ。そのため新天地や新しい課題にはおおむね慎重である。
また、出産の時点で仕事から退く割合は減ってきてはいるが、復職後、家庭と育児をこなすために無意識に仕事をセーブしてしまうという。出産後のキャリアアップが望めない原因は外的要因と考えがちだが、女性自身が気づかないうちに道をそらしてしまっていることに驚いた。

後半は働く上での処世術、コミュニケーションについて語っている。
男女双方に共通で必要とされるコミュニケーション力だが、実はアメリカでも本音のコミュニケーションが難しいという。
それを受けて、本書ではいかに本音で話し合い正直なフィードバックが必要であるかを説いている。アメリカ的だと思ったのはリーダーシップの条件として“ユーモア”をあげていることだ。ユーモアのセンスを持つことは関係性を向上させ相手を理解することにつながる。相手を理解することで自分の感情をコントロールし、率直な意見を言うことができるのである。
コミュニケーションの取り方に励み努力を重ねなければならないことは日本と同様であると感じた。

最後に、人生は選択の繰り返しであり、結婚・出産・育児は女性のライフイベントと認識されているが、同じく男性にも結婚・出産・育児はあるのだと感じた。ジェンダー・バイアス(性差に関する偏見や固定観念)はいまだにあるし残り続けるだろうが、私たちは新しい世代であり、新しいアプローチを必要としている。
パートナーが家事や育児を分担し、雇用主と同僚から理解と協力を得られるようになるまで女性に真の選択肢はない。と同時に、家事や育児を引き受ける男性が理解と尊敬を得られるようになるまで男性にも真の選択肢はない。そして機会の平等はその活用を誰もが奨励され応援されるようになったとき、初めて真に実現すると著者は言っている。

本書からは本当に学ぶことが多く、手に取る方のメンターとなることであろう。
私自身、パートナーをもっと理解しなければならないと深く反省した1冊である。
7月、著者の新刊が発売される。ぜひ書店に足を運んでいただきたい。

丸善仙台アエル店 (店舗詳細)

ビジネス書担当 三塚まどか


Twitter(https://twitter.com/maruzen_aer)

公開日:2017/08/25
このイチオシを友達にオススメする
1
お金2.0
お金2.0
佐藤航陽
未 読
リンク
2
モチベーション革命
モチベーション革命
尾原和啓
未 読
リンク
3
99%の日本人がわかっていない国債の真実
99%の日本人がわかっていない国債の真実
高橋洋一
未 読
リンク
地域・経済格差によるプログラミング教育格差を解消したい
地域・経済格差によるプログラミング教育格差を解消したい
2016.06.30 update
リンク
本当の意味で「クリエイティブ」になるための5冊
本当の意味で「クリエイティブ」になるための5冊
2016.07.28 update
リンク