出版社のイチオシ#022

石渡 翔

各出版社の「これはぜひ推したい!」という本を揃えたコーナー、「出版社のイチオシ」です。今回も粒ぞろいです! 「これはぜひ読みたい!」という本との出会いが増えますように。

アスコム

医者が考案した「長生きみそ汁」
医者が考案した「長生きみそ汁」
小林弘幸
アスコム
本の購入はこちら
医者が考案した「長生きみそ汁」
医者が考案した「長生きみそ汁」
著者
小林弘幸
出版社
アスコム
本の購入はこちら

“人生100年時代”を生きる皆さんが、これから先の時間になにを求めるのか。それはただ「長生きしたい」のではなく、「健康に長生きしたい」ということだと思います。
では、「健康長寿」を実現するために最適な方法はなにか。日本人に古くから親しまれる調味料に答えを見出した小林先生からいただいた、突然のお電話から本書の制作がスタートしました。

本書では、健康に長生きするために不可欠な栄養を詰め込んだ「長生きみそ玉」の作り方から、「長生きみそ玉」をベースにした数多くの「長生きみそ汁」レシピを紹介しています。

発売以降、2500通以上のお手紙を全国からいただいています。「疲れがとれた」「眠りの質が変わった」「長年苦しんだ便秘から解放された」という健康面だけでなく、「日々の献立に幅が出た」という声も少なくありません。

みそは腸内環境の改善にとても優れた発酵食品です。そのスーパーフードを進化させた「長生きみそ汁」で、「健康長寿」の実現に近づいてもらえたら幸いです!
(編集部 大住兼正)

山と溪谷社

仕事に効く! ポジティブため息
仕事に効く! ポジティブため息
倉橋 竜哉
山と渓谷社
本の購入はこちら
仕事に効く! ポジティブため息
仕事に効く! ポジティブため息
著者
倉橋 竜哉
出版社
山と渓谷社
本の購入はこちら

ふとした時についてしまうため息。思い通りにならない時や苦しい時などに出るため息は、ネガティブな印象がありますが、実は、思わず出てしまうため息にはストレスを緩和する効果があり、ため息が出ている間はストレスを調整できる状況にあるサインなのです。

本書は、呼吸法が心身のコンディションに与える効果に着目し、『マイブレス式呼吸法』を開発した倉橋竜哉さんが、嫌な気持ちを“ひと息”で切り替えてチャンスをつかむ力に変える方法を伝授する一冊。
忙しさに縛られない「ゆるめる呼吸」、集中するための「数える呼吸」、怒りをコントロールする「鎮める呼吸」、人間関係で凹まないための「合わせる呼吸」、ストレスをため込まない「声を出す呼吸」、夢を叶えるための「想いを描く呼吸」という6つのポジティブため息(呼吸法)を解説します。

これはまさに“ため息革命”。「昨日の自分よりよくなりたい」「もっと成功したい」とがんばっているすべての働く人たちに手に取ってほしい1冊です。
(実用図書出版部 稲葉 豊)

自由国民社

ミスを「成果」に変える──命綱を作っている女性社長の仕事術
ミスを「成果」に変える──命綱を作っている女性社長の仕事術
藤田 尊子
自由国民社
本の購入はこちら
ミスを「成果」に変える──命綱を作っている女性社長の仕事術
ミスを「成果」に変える──命綱を作っている女性社長の仕事術
著者
藤田 尊子
出版社
自由国民社
本の購入はこちら

ミスを防ぎ、仕事で成功を手繰り寄せるためのヒントが詰まった1冊です。

著者は、「命綱」を製造している会社の女性社長。
「命綱」は、万一の場合に生命の安全を守るために、身につけておくためのもの。つまり、絶対にミスの許されないアイテムです。そんな命綱製造の現場で培われたミス防止のノウハウがぎっしり詰め込まれています。

安全管理を考え抜いてきたからこその業務改善・組織の意識づくり・チームワーク形成・PDCA。じつは、著者の経営する株式会社基陽は、ホワイト企業大賞特別賞を受賞したり、「命綱」でグッドデザイン賞を受賞したりしているユニークな会社でもあります。

働き方改革が叫ばれ、同時に生産性の向上が必須の現代において、ミスで失われる時間も手間も極力防ぎたいもの。でも、仕事にミスはつきもの。
ミスをして落ち込んでいる方に、ぜひ手に取っていただきたいです。起死回生のきっかけが見つかるかもしれません。
(編集担当 今野真琴)

フィルムアート社

「クリエイティブ」の練習帳ーー発想力をとことん鍛える100の難問
「クリエイティブ」の練習帳ーー発想力をとことん鍛える100の難問
ロッド・ジャドキンス
フィルムアート社
本の購入はこちら
「クリエイティブ」の練習帳ーー発想力をとことん鍛える100の難問
「クリエイティブ」の練習帳ーー発想力をとことん鍛える100の難問
著者
ロッド・ジャドキンス
出版社
フィルムアート社
本の購入はこちら

「センスがいい」という言葉は、結局才能がある人にとっての言葉。そうは思っていないでしょうか。

では才能があるとは何か。個人的には、その人が人生の中で五感を通して感じたこと、思考したことが組み合わさって発揮された「結果」のことを言うのだと思います。自分じゃ絶対考えつかないよ! という「負け」を認めてしまった瞬間、その人を「才能がある人」として認識するというものです。

多くの人は、アイデアとはひらめくことであり、フッと降りてくるような突発的なものだと思っているかもしれません。でも実際はそうではなく、これまで経験してきた、思考してきたことを、引き出しから出す方法を知っていること。これこそがセンスが良い、才能がある人だと思います。

本書は、世界有数の名門芸術大学セントラル・セント・マーティンズで長年クリエイティブ思考法を教える著者が、生徒の潜在能力を高めるために出題した「難問」を100個にまとめた1冊です。

「難問」に頭をひねりながら答えていくことで、自然とセンスが磨かれ、「才能がある人」として認識される日も遠くないかもしれません。
(営業 千葉英樹)

サンマーク出版

やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。
やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。
梅田悟司
サンマーク出版
本の購入はこちら
やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。
やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。
著者
梅田悟司
出版社
サンマーク出版
本の購入はこちら

発売たった2週間で6万部突破!!

「家事だけで1日が終わってた……」
そんな経験をしたことがある人も多いと思います。

ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」や「バイトするなら、タウンワーク。」などを生み出したコピーライター梅田悟司氏が育休を取って気づいたこと。それは「名もなき家事多すぎ!」という事実でした。
そこで、無限にある名もなき家事一つひとつに名前をつけて「家事の見える化」に挑戦したのが本書になります。

「うなずきすぎて首がもげるかと思った」(30歳・女性)
「名前をつけてくれたおかげで『こんなにも家事してたんだ』と自分で自分を褒めてあげたくなりました」(40歳・女性)

など全国から共感の声が続々と届いていて、中には
「夫婦で家事について話すキッカケになった。それもケンカにならずに、ポジティブに」(50歳・女性)
「妻との関係を改善させようと手に取りました。これを読めば家族の関係が良くなると思う」(46歳・男性)
と、夫婦関係がよくなる人も!

本書を読めば、言葉にすることの効果をあなたも実感できるはずです。
笑いを止められなくなるので、電車で読むのはおすすめしません。
(編集 淡路勇介)

リベラル社

1分で伝える力
1分で伝える力
中谷彰宏
星雲社
本の購入はこちら
1分で伝える力
1分で伝える力
著者
中谷彰宏
出版社
星雲社
本の購入はこちら

「1分で伝わる話し方ができる人」と「長時間かけても全然伝えられない人」がいるのはなぜでしょうか?

「何を言っているかわからないのは、グダグダ言って、要約できていないから。
女性の話に男性がイライラするのはそのせいです。
男性の話も、そこに昔話や自慢が入ってくると、聞いていてイライラします。」
普段、こんな経験をされておられる方も多いのではないでしょうか。

この本は、著者の中谷彰宏氏が、博報堂のCMプランナーとしてテレビやラジオCMを企画・演出してきた経験から、「どんな話でも1分で、要約できる」をコンセプトにまとめた本です。
目指すのは、「相手が聞いて思わず、すぐに動きたくなる話し方」。

日常生活での「今度どこに遊びに行こうか」という相談も、プレゼンも、会社での頼みごとも、すべてこの要約する力にかかっています。
60分で読めて、ビジネスにプライベートにずっと使えるスキルが身につきます。
(編集 伊藤光恵)

公開日:2019/10/25
このイチオシを友達にオススメする

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

『僕たちはヒーローになれなかった。』
『僕たちはヒーローになれなかった。』
2020.01.21 update
リンク
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク
資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
2020.01.07 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
【検証】アップルウォッチは「買い」か?
【検証】アップルウォッチは「買い」か?
2015.04.23 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク