株式会社リバネスとの提携を発表いたしました

株式会社フライヤーは株式会社リバネスと提携し、2014年1月より、サイエンス領域の書籍要約コンテンツの配信を開始します。
すべての社員が理系修士号・博士号取得者であるリバネスに対し、フライヤーはサイエンス領域の書籍要約をアウトソースし、新しい分野のコンテンツ拡充を図ります。

今回の提携により、フライヤーはターゲットとする日本国内約5,000万人のビジネスパーソンに対し、ビジネスの最前線で必要不可欠な、最先端の科学技術の知見を提供することが可能となります。難解でとっつきにくいと思われがちな理工書を、文系出身者などにもわかりやすい内容に要約し、サイエンスやテクノロジーに手軽に触れる貴重な機会を提供します。そして本サービスがビジネスの場におけるイノベーションの源泉となることを目指しています。

今後も株式会社フライヤーはコンテンツ拡充を推進し、より多くの方に読書の魅力を知っていただくべく、良質な要約コンテンツの配信に注力いたします。


【ビジネスパーソン向け書籍要約サービス「flier(フライヤー)」とは】
1冊10分で読める書籍要約コンテンツを配信、読書体験を豊かにするディスカバリーサービス。話題の書籍や名著のなかから「ビジネスパーソンがいま読むべき本」を選び、経営コンサルタントや各分野の専門家が編集した高品質の要約を配信しています。

【フライヤー 概要】
1.社名:株式会社フライヤー
2.代表者:代表取締役CEO 大賀 康史
3.本社:東京都渋谷区

【リバネス 概要】
1.社名:株式会社リバネス
2.代表者:代表取締役CEO 丸 幸弘
3.本社:東京都新宿区

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社フライヤー 担当:大賀
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-9-10
Tel 03-3447-4400
Email support@flierinc.com

株式会社リバネス 担当:立花
〒160-0004 東京都新宿区四谷 2-11-6 VARCA四谷10F
Tel 03-6277-8041
FAX 03-6277-8042
Email info@leaveanest.com
公開日:2014.01.28

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
人は話し方が9割
人は話し方が9割
永松茂久
未 読
リンク
2
世界一ワクワクするリーダーの教科書
世界一ワクワクするリーダーの教科書
大嶋啓介
未 読
リンク
3
SUPER MTG スーパー・ミーティング
SUPER MTG スーパー・ミーティング
スティーヴン・G・ロゲルバーグ 桜田直美(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年4月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年4月号)
2020.04.01 update
リンク
いかにアーティストの思考を得るのか『アート思考』
いかにアーティストの思考を得るのか『アート思考』
2020.03.30 update
リンク
出版社のイチオシ#029
出版社のイチオシ#029
2020.03.27 update
リンク
出版社のイチオシ#028
出版社のイチオシ#028
2020.03.13 update
リンク

Interview
インタビュー

仕事を面白くしたいなら「推論法」を身につけよう
仕事を面白くしたいなら「推論法」を身につけよう
2020.04.02 update
リンク
なぜ、いま「アート思考」がビジネスパーソンに必要なのか?
なぜ、いま「アート思考」がビジネスパーソンに必要なのか?
2020.03.26 update
リンク
超ホワイト企業「佰食屋」が生んだ「奇跡のビジネスモデル」とは?
超ホワイト企業「佰食屋」が生んだ「奇跡のビジネスモデル」とは?
2020.03.05 update
リンク
【対談】世界の見方が変わる名著、『FACTFULNESS』大ヒットの舞台裏に迫る
【対談】世界の見方が変わる名著、『FACTFULNESS』大ヒットの舞台裏に迫る
2020.02.25 update
リンク
1
人は話し方が9割
人は話し方が9割
永松茂久
未 読
リンク
2
世界一ワクワクするリーダーの教科書
世界一ワクワクするリーダーの教科書
大嶋啓介
未 読
リンク
3
SUPER MTG スーパー・ミーティング
SUPER MTG スーパー・ミーティング
スティーヴン・G・ロゲルバーグ 桜田直美(訳)
未 読
リンク
『バッタを倒しにアフリカへ』がなぜこんなに売れているのか?
『バッタを倒しにアフリカへ』がなぜこんなに売れているのか?
2017.11.02 update
リンク
地域・経済格差によるプログラミング教育格差を解消したい
地域・経済格差によるプログラミング教育格差を解消したい
2016.06.30 update
リンク