『読者が選ぶビジネス書グランプリ2017』の投票を開始しました


★☆★投票はこちらから★☆★
http://forbesjapan.com/articles/detail/14532 → 投票終了

「今年あなたが、もっとも感銘を受けた本を教えて下さい」

年末年始は読書に絶好の時期です。
普段、なかなか取れないまとまった時間に、読書にふける方も多いのではないでしょうか。
読書において「読む本を選ぶこと」は楽しみでもあり、永遠の難題とも言えます。
この問題を解消する方法のひとつは、大勢の読者が「高く評価する本」を共有することです。

グロービス経営大学院とフライヤーは昨年、読者目線のビジネス書のアワード「読者が選ぶビジネス書グランプリ2016」を初開催しました。
「読者=ビジネスパーソン」の投票だけで選ばれた本は、他の一般的な書籍顕彰と比較して独自性の高いものでした。

2回目となる今年は、グロービス経営大学院、Forbes JAPAN、HONZ、フライヤーの共同開催となり、
昨年の4部門(イノベーション・マネジメント・政治経済・ビジネススキル)に加えて、リベラルアーツ部門(科学、歴史、社会など職業や専門に直接結びつかない教養)を新設。
本格ビジネス書から教養書まで幅広く「読者=ビジネスパーソン」が高く評価し、おすすめする本を募ります。

投票の対象は、日本国内で1年以内に刊行された書籍からHONZ、flierで好評を得た本、グロービス経営大学院教員らが推薦する本、全86冊。
多くの読書通から高評価を得た対象書籍のリストを見るだけで、今年のビジネストレンドが一望でき、あなたにとって未知の良書との出会いがあることでしょう。
ビジネス書グランプリ2017は「読者=ビジネスパーソン」の投票だけで、本を評価する企画です。
<結果発表は2017年2月中旬を予定>

★☆★投票はこちらから★☆★
http://forbesjapan.com/articles/detail/14532 → 投票終了

【対象書籍】
2015年12月から 2016年11月に日本国内で刊行された書籍の中から、この一年、HONZ(http://honz.jp/)とflierで好評を集めた書籍に、グロービス経営大学院教員の皆様にご推薦頂いた書籍を加えた
5つの分野、合計86冊。

【投票方法】
5つの分野(イノベーション、マネジメント、政治・経済、ビジネススキル、リベラルアーツ)それぞれで実際のビジネスの現場で役立った本、感銘を受けた教養書に3票ずつ投票。
3票は分野内で自由に投票できます(1冊に3票でも、3冊に各1票でもOK)。
5つの分野で投票した本の中から、最優秀の「ビジネス書グランプリ」を選定。

★☆★投票はこちらから★☆★
http://forbesjapan.com/articles/detail/14532 → 投票終了
公開日:2016.12.15
1
APIエコノミー
APIエコノミー
佐々木隆仁
未 読
リンク
2
前祝いの法則
前祝いの法則
ひすいこたろう 大嶋 啓介
未 読
リンク
3
WORK DESIGN(ワークデザイン)
WORK DESIGN(ワークデザイン)
イリス・ボネット 池村千秋(訳) 大竹文雄(解説)
未 読
リンク
夏の疲れ解消に効く! 健康を取り戻すための5冊
夏の疲れ解消に効く! 健康を取り戻すための5冊
2018.08.15 update
リンク
ブックライターの先駆者、上阪徹の「相手の本音を引き出すコツ」
ブックライターの先駆者、上阪徹の「相手の本音を引き出すコツ」
2015.09.30 update
リンク