読者が選ぶビジネス書グランプリ2020授賞式!
総合グランプリに輝いたのは『FACTFULNESS』

2020年2月18日、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」の授賞式を開催しました。

「ビジネス書を評価するべきは、ビジネスパーソンではないのか?」をテーマに立ち上げた「読者が選ぶビジネス書グランプリ」。「読者=ビジネスパーソン」が価値ある書籍を評価する本グランプリは、今年5回目の開催となりました。

注目の結果発表、授賞式、そして受賞作品の著者、編集者、翻訳者からのメッセージ。その模様をダイジェストでお届けします!

総合グランプリ&部門賞の結果詳細はこちらから。

総合グランプリ・各部門賞の結果発表!

まずはフライヤー代表取締役CEO大賀康史からのスピーチでスタート。

大賀:「ヒラメキ溢れる世界をつくる」というミッションのもと、およそ7年間事業を続けてきました。みなさまのおかげで、1月末に会員数が50万人を超えました。

ビジネス書グランプリの取り組みは、フライヤーの創業時の想いと強く関係しています。それは、読者の声を集約することにより、ビジネスパーソンにとって本当に価値のある本が健全に評価され、書店やインターネットを通じて拡散され、新しい読者に届く、という世界観を実現することです。

今年5回目は過去最多のエントリー数と得票数になり、賞の規模がさらに大きくなりました。第3回からは多くの協力各社のお力添えにより、このグランプリの受賞作が全国の書店でフェア展開されています。


いよいよ投票結果発表へ。グロービス経営大学院の廣瀬聡さんより、各部門賞、総合グランプリ受賞の著者、編集者にトロフィーの授与を行いました。司会は、アナウンサーの竹内夕己美さんです。



マネジメント部門賞

『学校の「当たり前」をやめた。生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革』(時事通信社)

著者で千代田区立麹町中学校の校長を務める工藤勇一さん


10数年前、「日本の教育を何とか変えていかない」といけないと、実践の中での改革を進めてまいりました。麹町中学校の校長を約6年務めてきて、この数年でようやく自分たちのしてきたことを本当の意味で横展開できてきたと思っています。読者の方々には、固定担任制や宿題を廃止したという点だけでなく、「なぜそのようなことをしたのか」という本質に気づいていただけると嬉しく思います。


イノベーション部門賞

『売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放』(ライツ社)

著者で佰食屋を経営する中村朱美さん


「家族全員で晩ご飯を食べたい」。そんな思いから、京都の小さな定食屋・佰食屋の挑戦が始まりました。必ずしも業績至上主義をめざす必要はないのでは、と考え、「1日100食限定」を掲げました。売上を追求しないことで、従業員全員が夕方6時までに帰れる会社を実現できました。本書は、利益も働き方もあきらめない経営のための「説明書」です。今後はこの本の中身を超えるようなイノベーションが、飲食業以外の業種でも可能であることを伝えていきたいと思います。


自己啓発部門賞

『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』(日本経済新聞出版社)

北野唯我さんからのメッセージ
本書は、私自身がビジネスパーソンとして最も悩んだ時期に生まれた一冊です。経営者、ビジネスリーダー、人事など、読む立場によって、「起業家のストーリー」としても読めるし、「タレントマネジメント論」や「自己啓発」としても楽しんでいただけると思います。この受賞をきっかけに、この本がもっと多くの方に広がることを願っています。

登壇いただいた担当編集者の日本経済新聞出版社・桜井保幸さん


世の中の人を「天才、秀才、凡人」の3つに分けるという発想自体が面白く、イメージが湧きやすいためか、読者から多くの反響がありました。読者の年代や置かれている状況によって色んな読み方ができ、前向きな読後感が得られる本なので、ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。


リベラルアーツ部門賞

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)

著者のブレイディみかこさんからのメッセージ動画はこちら!


担当編集者の新潮社・堀口晴正さん


この本は「みんなに育ててもらっている本」という実感を抱いています。ノンフィクションだけれど小説のような読み心地という方もいれば、「新しい育児書」としてとらえている方もいます。一方で、社会学のテキスト、グローバル化に関する必読書などと、「リベラルアーツ」として本書を読む方もいらっしゃいます。ですので、まさにこの本らしい賞をいただいたと嬉しく思っています。


ビジネス実務部門賞

『メモの魔力 The Magic of Memos』(幻冬舎)

著者の前田裕二さんからのメッセージ
この本は私1人でつくった本ではありません。いまや最強最高のパートナーである編集者の箕輪さん、幻冬舎の皆さん、箕輪編集室の皆さん、そして何より、全国から応援して下さっているメモ魔コミュニティの皆さんの支えを得て、この賞があります。本には人生を動かす、不思議な魔力が備わっています。これからも丁寧に施策を積み重ねて、本の持つパワーを証明していこうと思います。

担当編集者の幻冬舎・箕輪厚介さん


本をつくる際に大事にしているのは、「その本を買ってくれた人の人生がいかに具体的に変わるか」。これを実現するためには、読者の日常の隙間にまで染みわたるように、24時間接点をつくっていくことが必要です。それが『メモの魔力』でうまくいっているのは、前田さんや箕輪編集室、そして読者の力があってこそ。紙の本だけで50万部突破しましたが、この1年で100万部をめざしていこうと思います。


総合グランプリ/政治経済部門賞 ダブル受賞

『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(日経BP)

著者のお一人、アンナ・ロスリング・ロンランドさんからのメッセージ
とても多くの日本の方々に本書を支持していただいたことを心から嬉しく、光栄に思います。スウェーデンにいる私達も受賞を祝して乾杯をする予定です。いずれまた日本を訪れたときに、皆様とお会いできることを心待ちにしています。

担当編集者の日経BP・中川ヒロミさん


数年前ハンス・ロスリングさんのTEDをみたとき、「難しいテーマをこんなに面白く話されるなんて」と感銘を受けました。ハンスさんが亡くなる1年前に執筆に専念され、そして関さんと上杉さんが素晴らしい訳に仕上げてくださった本書が、総合グランプリ受賞につながり嬉しく思います。いまでは、世の中のニュースに対して「ファクトフルネスで見ると、どうなんだろう?」といった発言が増えてきています。日本で63万部を突破しましたが、本当によい本なので、今後もより多くの方々にお届けしていきたいです。

共訳者の関美和さん


本書のイントロダクションから5章までは上杉さん、6章から謝辞までは私が翻訳を担当しましたが。ネット上での本書への質問などにも上杉さんが対応してくださいました。もし私の功績があるとしたら、それは上杉さんをチームに引き入れたことかなと思っています。
編集者の中川さんは名プロデューサーでもあり、「才能のある人を妨げない」とおっしゃっていたことにハッとさせられました。今後もこの本が多くの方に読み継がれることを願っています。

総合グランプリ受賞記念対談はこちらから
【対談】世界の見方が変わる名著、『FACTFULNESS』大ヒットの舞台裏に迫る

今年支持を集めたビジネス書の傾向とは?

最後に、フライヤーの大賀より、今年支持を集めたビジネス書の傾向について総括です。

大賀:今年のキーワードは「多様性の理解」です。いま、世界の政治や経済の各処で分断が起きているように感じている人は多いのではないでしょうか。先進国と新興国という構図ではなく、一国の中でも分断が各処で起きているというニュースを、私たちは日々目にしています。さらにAIの進化に伴って、業務自動化を促すRPAや自動運転などのテクノロジーが人の仕事を代替して、今まで以上により富を手にする人や、より優れた革新を起こす人が生まれています。その一方で、堅実でまじめに仕事をしている人には、光が当たりにくくなっています。

そのような不安定で分断が起こりやすい社会の中で、自分自身がよって立つものを本に求めるようになることは、とても自然なことだといえます。そして、今年の投票結果を見ると、今年のビジネスパーソンに支持されたビジネス書のキーワードはまさに「多様性の理解」だと感じます。

方向感が見通せない世の中で、人生を主体的に歩んでいくためには、さまざまな立場にある人の複雑性や多様性を理解することが欠かせません。総合グランプリの『FACTFULNESS』、そして部門賞に輝いた『売上を、減らそう。』『学校の「当たり前」をやめた。』『天才を殺す凡人』『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』には、人種や価値観を越えて多様性を理解し認め合おう、ともに歩みを進めていこうという意識があらわれています。

また、昨年から引き続き知的生産を扱った本も人気を集めています。ビジネス実務部門賞の『メモの魔力』や総合グランプリ第4位の『学び効率が最大化するインプット大全』では、良質なインプットとアウトプットが、自分の人生を変えていく、という力強いメッセージが込められているように思います。

今回受賞された各部門賞の作品は、これから全国の700を超える書店でフェア展開をされる段取りになっています。また、各メディアでの露出の機会も増えていきます。この企画の主催者としても、できるだけ多くの人に本が届くように最大限力を尽くしてまいります。

さて、来年は、どのような本が総合グランプリや部門賞に輝くのでしょうか。多くの素晴らしい本に巡り合えることに感謝と期待の気持ちを込めて、今年の総括とさせていだきます。ありがとうございました。


最後に共催団体を代表して、グロービス経営大学院の廣瀬聡さんからのご挨拶です。

廣瀬:これまで「ビジネスとは何なのか?」と自問し続けてきましたが、それは「矛盾との対峙」だと考えています。大局的に戦略を提示すると、「戦術が欠けている」といわれ、逆もしかり。長期の結果を出そうとすると、今度は短期の結果について問われ、これもまた逆もしかりです。

ビジネスに関わる方々は誰しもそういった悩みをもっていると思いますが、受賞作品は一冊ごとにその答えを示してくれているのではないでしょうか。私たちグロービスもビジネススクールとしてもそうした存在をめざしており、明るい日本経済に向けて貢献したいと改めて思いました。来年この場で皆様にお会いできることを楽しみにしております!


登壇者のみなさま、貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。今回の結果を受け、全国の書店と連携して受賞作品を並べて販売する店頭フェアが順次開催されます。
来年のビジネス書グランプリもお楽しみに!
このコラムを友達にオススメする
文責:松尾美里 (2020/02/28)

今週の要約ランキング

1
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
2
あえて、数字からおりる働き方
あえて、数字からおりる働き方
尾原和啓
未 読
リンク
3
フューチャーワーク
フューチャーワーク
高砂哲男
未 読
リンク

イチオシの本

出版社のイチオシ#034
出版社のイチオシ#034
2020.07.10 update
リンク
読書がもっと好きになる3冊
読書がもっと好きになる3冊
2020.07.07 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年7月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年7月号)
2020.07.01 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年5~6月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年5~6月)
2020.06.26 update
リンク

インタビュー

【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
2020.06.29 update
リンク
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
2020.05.15 update
リンク
荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
【これからの本屋さん】 荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
2020.05.05 update
リンク
1
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
2
あえて、数字からおりる働き方
あえて、数字からおりる働き方
尾原和啓
未 読
リンク
3
フューチャーワーク
フューチャーワーク
高砂哲男
未 読
リンク
「負けていられない!」とやる気が湧いてくる、「非20代」の起業家本 5選
「負けていられない!」とやる気が湧いてくる、「非20代」の起業家本 5選
2015.06.11 update
リンク
顧客から愛される会社になるにはどうすればよいのか?
顧客から愛される会社になるにはどうすればよいのか?
2016.01.28 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る