【週間ランキング】
2025年を「わたし」が制覇するために!
2021/1/18 〜 1/24

2025年を「わたし」が制覇するために!

2021年最初の1カ月が終わろうとしています。新しい年を迎えて、新しい「わたし」をしっかり歩み出せていますか? 今年のトレンドがどこに向かうか、なんとなく見えていますか? 環境に振り回されず心穏やかに過ごせそうですか? 自分の軸に思わず目が向く、そんな3冊がベスト3となりました。

第1位 『人生を変えるモーニングメソッド』

人生を変えるモーニングメソッド
人生を変えるモーニングメソッド
ハル・エルロッド,鹿田昌美(訳)
大和書房
本の購入はこちら
人生を変えるモーニングメソッド
人生を変えるモーニングメソッド
著者
ハル・エルロッド 鹿田昌美(訳)
出版社
大和書房
本の購入はこちら

4週連続ランク入りのうえ3週連続1位と、まさに2021年のスタートを象徴する一冊となったのは、『人生を変えるモーニングメソッド』です! もともと「朝活」本はフライヤーでも注目度が高いジャンルですが、生活スタイルの見直しをしていきたいというみなさんの強い意思を感じます。

走るのが嫌いでも、朝早く起きるのが苦手でも、「早起きと、いまのままの人生と、どっちがイヤなんだい?」と問われたらどうでしょう。ちょっとした早起きと習慣で、あなた自身の人生をより選び取れるようになれるのだとしたら?

masa_yurenagaraさん(@54426c280c071660)の学びメモ

スヌーズが人生の敗北とは。たしかに。人生にとって「起きたい気分になる」って超大切。毎日が楽しいものか・楽しくないかを、自分がどうイメージしているか表している。そのために毎日寝る前の「明日も自分らしい最高の1日にする。」と決意して寝る。それによって毎日、気持ちよく起きられるようになったら、イコール人生最高ってことだけどあってる?

tommy199777さん(@tommy199777)の学びメモ

今の選択が未来の自分を形成する、ということを学んだ。

今後楽な道に行こうとしたらこの言葉を言い聞かせたい。

第2位 『2025年を制覇する破壊的企業』

2025年を制覇する破壊的企業
2025年を制覇する破壊的企業
山本康正
SBクリエイティブ
本の購入はこちら
2025年を制覇する破壊的企業
2025年を制覇する破壊的企業
著者
山本康正
出版社
SBクリエイティブ
本の購入はこちら

2位にランクインしたのは、『2025年を制覇する破壊的企業』です。GAFAという言葉はだいぶ人口に膾炙していますが、本書ではメガトレンドを生み出している企業として、テスラやNetflix、ショッピファイといった企業も取り上げています。

5年後という近未来に向けて、私たちはどのような感覚を身につけていかなくてはならないのでしょうか。人々の物理的な移動は妨げられても、情報の流れは止まることがありません。むしろ加速しているとも言えます。

情報のラインに乗れていることが、まずもってのスタートラインになることは間違いありません。

takurohamajimaさん(@221e6ba0c14615ea)の学びメモ

2025年を制覇する企業、Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft、Netflix、テスラ、インポッシブル・フーズ、ロビンフッド、クラウドストライク、ショッピファイ。GAFA以外に聞いたことがあるのはMicrosoft、Netflix、テスラくらい。それ以外は聞いたこともない。見てみると投資、セキュリティなどソフトウェアが絡むものばかり。やはりデータを制すものが2025年以降を制覇するのだと改めて気付かされた。要約の中で英語が重要とのことだったが、今後はソフトウェアが進化して言語も同時通訳などで他言語を習得する必要がなくなっていくのかと思っていたので、本書を読んでみたいと思った。ちなみに私は今英語をひたすら勉強中なのでその後押しとしても確認したいというのが本音である。

jonnojunさん(@jon)の学びメモ

未来予測本は読んでいるだけでも楽しい。そしてどれも「確かにそうなるなぁ」と納得してしまうようなことが書かれている。しかしながら数々のエリートたちがヤフーやノキア、ブロックバスターの凋落を誰も予測できていなかった。パンデミックが起こって世界がここまで影響されることも誰も見込んでいなかった。なのでこういった情報を参考にしつつも、世の中は人間が思っている以上に不確実性に満ちているということ、予想外のことは思った以上に歴史上発生しているということを忘れないでおきたいところ。

第3位 『アンガーマネジメント』

アンガーマネジメント
アンガーマネジメント
戸田久実
日本経済新聞出版
本の購入はこちら
アンガーマネジメント
アンガーマネジメント
著者
戸田久実
出版社
日本経済新聞出版
本の購入はこちら

そして第3位は、コミュニケーション指導に定評のある戸田久美さんの『アンガーマネジメント』でした。

「怒ってもはじまらない」ということは誰でもわかっているはずですが、それでもムカッ腹が立ってしまうのが人間。この本では、自分にとって譲れない価値観である「コアビリーフ」と、現実との間にギャップが生じたときに怒りが生じるとしています。その背景には、そうした現実に対する不安や心配、困惑などのネガティブな感情があります。

怒りを感じている事実を受け止めつつ、自分のなかの感情と向き合う方法を身につけることが大切。本書の提示する知恵で、怒りのもととなる不安を乗り越えていきましょう。

kiminohitomiha100manborutoさん(@9308b57556a41a01)の学びメモ

読む前は、自分の怒りについての思考を得られると思っていたが、読む内に人間の怒りの傾向が得られる本であると気が付いた。

自分が怒りを感じる理由ではなく、人間とはこのようにして怒りを感じる生き物として学べば、自分と誰かを俯瞰的にみることができる。

自分の怒り、誰かの怒りに振り回される事がなければ、怒りは、誰かや自分を学べる素晴らしい機会となる。

また、コロナの影響によりパラダイムシフトが生じている中、パラダイム同士の衝突の愚かさが叫ばれている。

パラダイム同士の衝突も自分の「こういうときはこうするべきだ」「こうあるべきだ」=コアビリーフによって生じているということが感じられた。



以上、2021年1月18日~1月24日のベスト3を紹介しました。次週もお楽しみに!
このコラムを友達にオススメする
文責:石田翼 (2021/01/28)
今週の要約ランキング
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
「働き方本」のテッパン3冊
「働き方本」のテッパン3冊
2022.11.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
2022.11.26 update
リンク
出版社のイチオシ#085
出版社のイチオシ#085
2022.11.18 update
リンク
「習慣術本」のテッパン3冊
「習慣術本」のテッパン3冊
2022.11.15 update
リンク
インタビュー
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
2022.11.28 update
リンク
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
2022.10.18 update
リンク
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
2022.10.31 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク