【flier年間ランキングベスト10】
2018年、flierでもっとも読まれたのは『1分で話せ』
不動の人気を誇るあの書籍もランクイン

2018年、flier(フライヤー)で読まれた要約ランキングトップ10を発表いたします。

1位は『1分で話せ』でした! コミュニケーション能力がますます問われる昨今において、「人を動かす」うえでのエッセンスを凝縮した本がトップを取るのは、ある意味でもっともなことなのかもしれません。アウトプットすることの意味と意義を、改めて考えさせられました。

2位には『スタンフォード式 最高の睡眠』がランクイン。2017年の年間ランキング1位にして、ほとんど不動の人気を誇っています。最高のパフォーマンスが発揮できるかどうかは、結局のところ心身のコンディション次第。7位の『スタンフォード式 疲れない体』とともに、ビジネスパーソンの「アスリート化」を象徴するような本だといえます。

また要約を公開して間もないにもかかわらず、4位に入った『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』にも注目したいです。人気ブログ「分裂勘違い君劇場」の内容がわかりやすくまとめられており、「錯覚資産」というユニークな切り口が注目を集めました。

その他にも『サピエンス全史』の続編である『ホモ・デウス』、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2018」のリベラルアーツ部門を受賞した『お金2.0』など、さまざまな話題書がランクインしています。

気になる書籍がございましたら、まずは要約から。2019年も、皆様がよき本とめぐり逢えますよう。

2018年上半期ランキングはこちらから!

※ランキングはflier有料会員の閲覧にもとづいて作成されています。

1位『1分で話せ』

1分で話せ
1分で話せ
著者
伊藤羊一
出版社
SBクリエイティブ

今年、各所で話題をさらった1冊。本書は、うまく話すことを目的にした本ではありません。話すことの目的は人を動かすことにあると明確に定義しています。項目ごとに「良い例」と「悪い例」が見開きで示されており、理解しやすい工夫がなされている点もポイント。プレゼンをする機会がない人でも、他者との円滑なコミュニケーションのために知っておきたいノウハウが満載です。

2位『スタンフォード式 最高の睡眠』

スタンフォード式 最高の睡眠
スタンフォード式 最高の睡眠
著者
西野精治
出版社
サンマーク出版

2017年に続き、2年連続でベスト3入りを果たした快著。「今日は○○時間しか寝てない」といった愚痴や自慢を耳にすることが多い日本において、「睡眠負債」という概念を浸透させた本書の功績は、強調してもしすぎることはありません。人生100年時代に突入しつつあるなか、健康の重要性はますます高まるばかり。健康寿命を伸ばすためにも、一度は読んでいただければと思います。

3位『なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?』

なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?
なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?
著者
井上裕之
出版社
きずな出版

働き方改革を推進する企業が増えるなか、2018年は「個々のビジネスパーソンの生産性向上」がますます重要視された1年でもありました。仕事でもプライベートでも最高の結果を出すための近道とは? それは、最大の集中で結果へフォーカスする「超・集中状態」に入ること。そのための秘訣が詰まった本書は、圧倒的ハイパフォーマーをめざす方の必読書です!

4位『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
著者
ふろむだ
出版社
ダイヤモンド社

タイトルと表紙にガツンとインパクトがあるこの一冊ですが、中身にはそれ以上のインパクトがあります。それは、「錯覚資産」を積み上げることによって成功を手に入れられるというもの。この本を読んでいるか否かで、人生は大きく変わるといっても過言ではないでしょう。著者が人気ブロガーということもあり、平易な文章と巧みな構成でぐいぐい読ませてくれます。

5位『ホモ・デウス(上)』

ホモ・デウス(上)
ホモ・デウス(上)
著者
ユヴァル・ノア・ハラリ 柴田裕之(訳)
出版社
河出書房新社

2年前、読書家のなかで大きな話題になった『サピエンス全史』の続編。前著は主に人類の「これまで」を扱った書籍でしたが、本書は人類の「これから」の話に主眼を置いており、まるでSFのような未来予想図が次々と登場します。しかもそれぞれかなりのリアリティを伴っているのが恐ろしい。ともすれば荒唐無稽とも扱われそうな自説を、ここまで説得力をもって展開できるのは、ひとえにユヴァル・ノア・ハラリ氏の類まれなる知性あってこそといえるでしょう。

6位『完訳 7つの習慣』

完訳 7つの習慣
完訳 7つの習慣
著者
スティーブン・R・コヴィー フランクリンコヴィージャパン(訳)
出版社
キングベアー出版

全世界3,000万部、国内210万部という、まさにビジネス書の金字塔といえる一冊。フライヤーでも長きにわたり読み継がれています。それは『完訳 7つの習慣』の内容が、変化の激しい時代においても変わることのない、人間の本性に根差した原理原則だからではないでしょうか。読むたびに新たな発見があり、そして実践に活かすことでその真価が発揮されること間違いなし! 2019年をさらなる飛躍の1年にするために、ぜひお読みいただきたい一冊です。

7位『スタンフォード式 疲れない体』

スタンフォード式 疲れない体
スタンフォード式 疲れない体
著者
山田知生
出版社
サンマーク出版

毎日、仕事に家事に疲労困憊。疲れない体が手に入れられればどんなにいいだろう――そんな望みを叶えてくれるのが、本書です。著者は、スポーツの名門・スタンフォード大学のスポーツ医局にてアソシエイトディレクターを務める人物。そんな著者が日々アスリートに伝えている、疲れない体をつくるための食事術や日常動作、マインドセットが丁寧にまとめられています。本書を読めば、もっと身軽に楽しく働けるはず!

8位『人前で輝く!話し方』

人前で輝く!話し方
人前で輝く!話し方
著者
五戸美樹
出版社
自由国民社

フリーアナウンサーとして活躍する、五戸美樹さんの初の著作。五戸さんにももちろん素人と呼ばれる時期があり、努力に努力を重ねていまの活躍を手にされているといいます。そんな五戸さんだからこそ、日常のなかでできるトレーニングもたっぷり紹介されているのがうれしいところ。要約音声を五戸さんご本人に読み上げていただいたので、要約とあわせてぜひチェックを!

9位『お金2.0』

お金2.0
お金2.0
著者
佐藤航陽
出版社
幻冬舎

ビジネス書グランプリ2018 リベラルアーツ部門賞の受賞作でもある『お金2.0』。2018年のフライヤー人気年間ランキングに入ったという事実から、本書がいかに意義深く、ビジネスパーソンに注目され続けているかがわかります。発刊から約1年が過ぎ、資本主義から「価値主義」への流れは加速度を増しています。本書をいま一度読み返すことで、未来を見通す力を手にし、「生き方の戦略」を洗練させられるのではないでしょうか。

10位『ライフハック大全』

ライフハック大全
ライフハック大全
著者
堀正岳
出版社
KADOKAWA

私たちは日々、多くの選択と行動をしています。それらを少しずつよくしていけば、日常はもっとよいものになるはず。それを叶えてくれるのが本書です。本書は、著者が収集してきた数々のライフハック (=変化を生み出す小さな習慣)の中から「最も楽に実践できるもの」をまとめたもの。その数なんと250!パラパラ眺めているだけでも楽しい一冊です。著者の最新作『知的生産の設計 「10年後の自分」を変える83の戦略』の要約もまもなく公開予定。お楽しみに!

このコラムを友達にオススメする
文責:石渡 翔 (2018/12/13)
1
「かたづけ思考」こそ最強の問題解決
「かたづけ思考」こそ最強の問題解決
小松易
未 読
リンク
2
メルカリ
メルカリ
奥平和行
未 読
リンク
3
知的生活の設計
知的生活の設計
堀正岳
未 読
リンク
コミュニケーション力に効く! お薦め本5冊
コミュニケーション力に効く! お薦め本5冊
2015.06.18 update
リンク
地域・経済格差によるプログラミング教育格差を解消したい
地域・経済格差によるプログラミング教育格差を解消したい
2016.06.30 update
リンク