失敗は最強の教科書である! 立ち直って強くなるための5冊
失敗をたんなる失敗で終わらせないために

石渡 翔

人間、できれば失敗をせずに生きていきたいものです。

ですが、失敗がまったくない人生なんてありえないのも事実。

それならば、失敗をネガティブなものとしてとらえず、絶好の学びの機会として考えたほうが「お得」というものです。

今回の特集では、「失敗から多くを学ぶため」、そして「失敗に潰されないようにするため」の本を集めてみました。

人は自分の失敗からも、他人の失敗からも、多くを学べるようにできています。

過去の失敗をふりかえり、それを己の糧にすることができれば、気持ちの良い新年を迎えることができるはず。

年の瀬の今だからこそ、ぜひお目通しいただきたい5冊です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。
申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。
カレン・フェラン,神崎朗子(訳)
大和書房
本の購入はこちら
申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。
申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。
著者
カレン・フェラン 神崎朗子(訳)
出版社
大和書房
本の購入はこちら
「申し訳なかった。心底、そう思っている」という一文からはじまる本書は、現役コンサルタントの著者による懺悔の書であるとともに、彼らの掲げる経営理論の多くがまちがえていることを告発する、痛烈な一冊でもあります。 実りのある議論を行ない、結果に結びつけるために本当にすべきことは何なのか。 30年間、経営コンサルタントという「芝居」を続けてきた著者だからこそ書くことができた、 「コンサルティング業務の望ましいあり方」がここにあります。
FAILING FAST
FAILING FAST
ニコラス・カールソン,長谷川圭(訳)
KADOKAWA/角川書店
本の購入はこちら
FAILING FAST
FAILING FAST
著者
ニコラス・カールソン 長谷川圭(訳)
出版社
KADOKAWA/角川書店
本の購入はこちら
かつて、インターネットといえばヤフーという時代がありました。 しかしグーグルやフェイスブックなどの台頭により、アメリカでのヤフーのプレゼンスは下がる一方。 2012年にCEOに就任したマリッサ・メイヤーも、ヤフーの復権のためにさまざまな手段を講じるのですが、ことごとく失敗に終わってしまいます。 それでも彼女の心が折れないのは、「失敗は悪ではない」という信条、そして「FAILING FAST」(失敗はできるだけ早く)という考えによるところが大きいのでしょう。 ヤフーの創業から今日にいたるまでの変遷が主な内容ではありますが、それと同時に、失敗に向き合う態度についても考えさせられる一冊です。
ゼロ
ゼロ
堀江貴文
ダイヤモンド社
本の購入はこちら
ゼロ
ゼロ
著者
堀江貴文
出版社
ダイヤモンド社
本の購入はこちら
堀江貴文、通称「ホリエモン」。 一時は「時代の寵児」として持ち上げられた彼ですが、その後、証券取引法違反で逮捕され、懲役2年6カ月の実刑判決を受けたことはまだ記憶に新しいところ。 ですが、逮捕されて「ゼロ」の状態に戻ってしまっても、そこから再び「イチ」を積み上げていこうとする彼の生き方からは、きっとある種の清々しさと力強さが感じられるはずです。 信用の「ゼロからイチ」は、まず自分で自分を信じるところから。 本書を読むことで、信頼を積み上げていくことの重要性、そしてなによりも、自分で自分を信頼することの大切さが痛感できることでしょう。
再起を目指す経営者に贈る 会社の正しい終わらせ方
再起を目指す経営者に贈る 会社の正しい終わらせ方
筒井恵
日経BPコンサルティング
本の購入はこちら
再起を目指す経営者に贈る 会社の正しい終わらせ方
再起を目指す経営者に贈る 会社の正しい終わらせ方
著者
筒井恵
出版社
日経BPコンサルティング
本の購入はこちら
チャレンジをするということは、それだけリスクを負うことでもあります。 だからこそ、経営者を志すものであれば、「倒産」に関する正しい知識が必要になります。 本書は、中小企業診断士・認定事業再生士である著者が、自身の夫が経営する会社の倒産に立ち会ったところから始まります。 経営者にとって本来は重要であるはずの「会社の終わらせ方」ですが、日本社会においてはタブーと見なされ、あまりおおっぴらには語られていません。 そんな現状に疑問を呈し、廃業と再起について積極的に考えるべきだと主張する本書は、中小企業経営者にとって必読の一冊だと言えるでしょう。
ひきずらない技術
ひきずらない技術
深谷純子
あさ出版
本の購入はこちら
ひきずらない技術
ひきずらない技術
著者
深谷純子
出版社
あさ出版
本の購入はこちら
いくら「失敗は悪いことではない」と言われても、失敗すれば傷つきますし、ときには立ち直れなくなるほどショックを受けることもあります。 そんなときに求められるのが、失敗をひきずらず、つらい経験やストレスを糧に、前進していく力。 落ち込んだ心をもとの状態に回復させるだけではなく、いまよりさらに良い状態にしたいのであれば、ぜひとも本書を手にとってみてください。 高いパフォーマンスを、「長く維持する」ための秘密、ここに揃っています。
公開日:2016/12/02
このイチオシを友達にオススメする

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

出版社のイチオシ#024
出版社のイチオシ#024
2019.12.13 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
2019.12.01 update
リンク
『82年生まれ、キム・ジヨン』
『82年生まれ、キム・ジヨン』
2019.11.29 update
リンク
出版社のイチオシ#023
出版社のイチオシ#023
2019.11.22 update
リンク

Interview
インタビュー

会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
2019.12.05 update
リンク
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
2019.11.25 update
リンク
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
2019.11.20 update
リンク
1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク
東京オリンピックの前に「おもてなし」精神を振り返ろう! 『自分も相手も幸せになる最高の気遣い』
東京オリンピックの前に「おもてなし」精神を振り返ろう! 『自分も相手も幸せになる最高の気遣い』
2018.11.23 update
リンク
歴史的名著をベストセラーとして蘇らせた漫画家
歴史的名著をベストセラーとして蘇らせた漫画家
2017.10.16 update
リンク