【書店員のイチオシ】
『夫婦幻想』
【NetGalley Japan】

NetGalley Japan

実在の複数「夫婦」に20年間の密着取材! 不安を抱えた夫婦のこれからのあり方とは?

内容紹介

実在の複数「夫婦」に20年間の密着取材
不安を抱えた夫婦のこれからのあり方とは

元新聞記者でもある著者が20年にわたる取材の中で変遷していく実際の夫婦たちの姿を克明に記録し、戦後家族モデル崩壊後の混沌状況における夫婦のあり方を根本から見直しました。子どもを作るかどうかの選択、子の成長による変化などにも注目しながらその実態に迫り、不安やリスクを抱えつつ希望を見出そうと苦闘する夫婦に一筋の光を見出す渾身作となっています。

夫婦幻想
夫婦幻想
奥田祥子
筑摩書房
本の購入はこちら
夫婦幻想
夫婦幻想
著者
奥田祥子
出版社
筑摩書房
本の購入はこちら

NetGalley会員レビュー

◎NetGalley図書館関係者会員
名もなき数十組の夫婦をこんなにも長い期間に渡って追いかけた本は今までなかったのではないでしょうか。その点にとても価値のある本だと思いました。

どの夫婦も気持ちや状況が時を経るごとに変化していきます。たとえば、最初は上手くいっていたけれど子どもや仕事のことで次第にギクシャクし、その後和解していく2人もいれば、すれ違いを深めて離婚する2人もいる。そんな様々な夫婦の人生模様が、長期にわたる丁寧な取材から掬い取られていました。そして彼らの人生の後ろには日本社会の変化も感じられます。
◎NetGalleyレビュアー会員
この著者の作品を最初に読んだのは「男はつらいらしい」という題名の本。

最初は何ふざけてんだ! とわが雄の直観から、いつしか本の魅力に引き込まれてた。

10数年前だったか。なんだこりゃあ! 読み進めるうちにジェットコースターに乗っているような気分になったのだ。ノンフィクションのリアルのなかにこんな臨場感を感じられる世界があったのか。次々と映像が浮かんできた。

その後も『男性漂流』『男という名の絶望』『女性活躍に翻弄される人々』などこの人の書いた本(学術書除く)は読破した。実にすばらしかった。

今回の『夫婦幻想』はさらにパワーアップ!! 取材力、筆力、観察・洞察力、きぜんと社会の問題をただす姿勢……そしてジャーナリストとしてだけでなくて、社会学者としての分析にも1章分割かれていて、新書で堅くるしくなく、わかりやすい解説は他の学者の追従を許さない。今回の(再)発見だったかもしれない。

念のため、パワーアップというのは、すぐ近くにいるようなごく普通の、いや自分自身かもしれないような普通の人たちが普通に生きている中で苦しみ、怒り、悲しみ、そして喜ぶ――様々な感情がまじりながら、必死に生きている、その凄まじい姿が綿密な取材に基づいて再現されている点だ。
長くてなんと20年、同じ人たちを追っている。もちろんそんな本は他にない。そこにはフィクションを上回る人間ドラマがある、それは決して稀有でない日常なんだ。だから僕ら普通のサラリーマンや主婦や働く女性や、高齢者やそれに若者も……きっと感動するのじゃないかと思う。

大書店ならもう並んでいるかと思って今日会社帰りに寄ったが、まだだった。最初は気軽に入店したが、必死に探してた。やはり作品として手元に置いて、何度も繰り返し読みたい作品なのだ。
◎NetGalleyレビュアー会員
元読売新聞の記者で、現在は近畿大学で教鞭をとられている奥田祥子氏の待望の新著である。

冒頭から圧倒的なリアリティに衝撃を受けた。取材対象者と著者との間で繰り広げられる会話は、時に残酷で、切なく、滑稽なこともある。

しかし余韻に浸りながら噛み砕いていくと、どれも他人事ではないのである。等身大の日本人の夫婦像がはっきりと投影された作品だと強く感じることができる。この感覚は私の文章力で表すことはとても難しく、是非本著を手にとって味わってもらいたい。

夫婦というものをこれほどまで考えさせられる作品は、いまだかつて無かった。20年という長年の取材の積み重ねと、奥田氏が持つ取材力、独特の視点の賜物だろう。是非印刷版で再読したい。
夫婦幻想
夫婦幻想
奥田祥子
筑摩書房
本の購入はこちら
夫婦幻想
夫婦幻想
著者
奥田祥子
出版社
筑摩書房
本の購入はこちら

NetGalley(ネットギャリー)とは?

発売前の本のゲラ(原稿)を読み、出版社へ直接レビューを届けることができるWEBサービスです。これまでは書店員や出版関係者といった限られた人にしか配布されてこなかったゲラ。NetGalleyを利用すれば、一般読者であってもいち早く読むことができます。
ご自身のブログやSNSでレビューを発信することも可能です。出版社へ届けたレビューが本の帯に載ることも!?

ぜひ、読者の声を出版社へお届けください!

NetGalleyの会員登録はコチラ
※一般読者、SNSユーザーは、レビュアータイプを選んでご登録ください。


NetGalleyのサービス概要


(1)出版社:作品を掲載
(2)会員:興味のある作品を見つけて「リクエスト」を送る
(3)出版社:会員情報を確認し、「リクエスト」を承認する
(4)会員:作品データをダウンロードし、閲覧、レビューを投稿する

※一部対象外の作品があります。
※会員情報を詳細にご記入いただけば、リクエストが承認される確率がアップします!会員情報はリクエスト申請した出版社のみに開示されますので、ご安心ください。

公開日:2019/07/30
このイチオシを友達にオススメする

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

出版社のイチオシ#024
出版社のイチオシ#024
2019.12.13 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
2019.12.01 update
リンク
『82年生まれ、キム・ジヨン』
『82年生まれ、キム・ジヨン』
2019.11.29 update
リンク
出版社のイチオシ#023
出版社のイチオシ#023
2019.11.22 update
リンク

Interview
インタビュー

会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
2019.12.05 update
リンク
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
2019.11.25 update
リンク
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
2019.11.20 update
リンク
1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク
発酵を通して人類の文化や謎を紐解くカルチャー本 『発酵文化人類学』
発酵を通して人類の文化や謎を紐解くカルチャー本 『発酵文化人類学』
2017.11.10 update
リンク
クラウドワークスが日本一のサービスになれた訳
クラウドワークスが日本一のサービスになれた訳
2015.12.25 update
リンク