いかにアーティストの思考を得るのか『アート思考』
【NetGalley Japan】

NetGalley Japan

内容紹介

これまでビジネスの世界では、 ロジカルシンキング(論理的思考)、 クリティカルシンキング(批判的思考)が 最重要視されてきました。 また、現存の課題を解決するためのデザイン思考も脚光を浴びています。

「VUCA」の時代、すなわち Volatility(変動性・不安定さ)、 Uncertainty(不確実性・不確定さ)、 Complexity(複雑性)、 Ambiguity(曖昧性・不明確さ) の時代には、 今までの思考法は通用しません。

そこで、既存の仕組みに囚われず、 アーティストのように思考し、行動することが重要になります。 では、どうすればアーティストのような思考を得ることができるのか。

このテーマを追求すべく企画されたのが同書『アート思考』です。 書き手は、香川県の直島アートプロジェクト、 石川県の金沢21世紀美術館などを成功に導き、 現在は東京藝術大学大学美術館館長・教授、 練馬美術館館長として活動する秋元雄史氏で、 アートとビジネスの関係性を知り尽くしたプロです。

付録「注目すべき現代アーティストたち」を含め、 ビジネスパーソンが教養として知るべき「アートの最前線」がわかる1冊です。 まずはアート思考の特徴を一部紹介します。

○アートは「最先端の思考」と「感性の技術」である

○シリコンバレーのCEOたちが実践している

○イノベーティブな発想を生む 「問い」の立て方がわかる

○直感、感性はトレーニングで高めることができる

○社会をサバイブする知性を獲得する方法である

◎出版社のおすすめコメント

アップルの故スティーブ・ジョブズ、旧ヤフーのマリッサ・メイヤーなどテクノロジーを牽引する経営者は、アートから多くのヒントを得て、仕事に生かしていました。
現代アートの最前線で活躍する著者が、 ビジネスとアートをつなげるこれからの新しい思考法を提示します。

アート思考
アート思考
秋元雄史
プレジデント社
本の購入はこちら
アート思考
アート思考
著者
秋元雄史
出版社
プレジデント社
本の購入はこちら

NetGalley会員レビュー

◎「現代アートと向き合いたくなりました」教育関係者

アーティストの視点、考え方、そして表現。どれをとっても自分には理解できないかもしれないと考え、敷居が高いどころか遠い世界と捉えていました。
しかしこの本で著者は、それをどう考えたら良いのか導いてくれます。まさにアート思考の道標のような一冊です。また、ビジネスへの転換においても、切り口や着眼点の固定化からの脱却に悩むビジネスパーソンの脳に効く一冊ともいえるでしょう。
まずは野に出て、凝り固まった考え癖のようなものから抜け出すために、自分の心を解放して現代アートと向き合いたくなりました。

◎「置かれた場所で咲かなくてもいい!」レビュアー(本が好き!倶楽部)

なぜいまアート思考なのか?

昨今、問題提供や問題解決の二面性で取り組むデザイン思考が何かと取り上げられている。メリットやベネフィット、ペルソナなど、多角的な角度から思考するデザインはアートと言えるだろうか?
私が本を読み進めた見解を噛み砕けば、答えはNOである。著者によると、アートは本来、自由な交流の場であるという。
アートとは場である。どこの場で生きているかが問われる。そして、置かれた場所で咲かなくてもいい!
そんな強烈なメッセージと孤独のマインドに生きるアーティストの生き様や表現が印象的だ。 ビジネスの中にアートがあるのか? アートの中にビジネスを見るのか? あなたはどっち? そんなメッセージを突きつけられる1冊である。

◎「分析の時代は終わった。」メディア関係者(書を持って町へ出る読書会)

冒頭から「アートとビジネスは異なるもの」「実利的には直結しない」と断言されていて、一気に引き込まれた。 それを踏まえた上で、アート思考とは何か、ビジネスとどうつながるのか、と掘り下げていく。
目まぐるしく変わる価値観に対応しながらサービスを提供するということは、いわば頻繁にクライアントが変わるということ。その時、個々のクライアントから投げられる問題をデザインして解いていくのには限界が来る。 ならば、クライアントたちに共通する問題を先回りして考えて作りだせばいい。その考え方が、自分を取り巻く社会や環境の問題点を探り、孤独にひたすら自己探求を続ける「炭鉱のカナリア」とも呼ばれるアーティストの思考と結びつく。
分析の時代は終わった。もっと内側にある、根本的で本質的な問いを立てようと提案する。もっとも、この作業はそんなに簡単に得られるものではないから往々にして困難を伴う。そうしたなかで、著者は、わからないものに対して自分なりに粘り強く考え続ける態度がアート思考の本質であると断言する。

アートもビジネスも一日にしてならず。ため息が出そうになるが、それが現代アートに深く触れることで鍛えられるという著者の主張を読んで希望が湧いた。そして、現代アートを鑑賞することが楽しいという思いでアートにふれたいと思った。

ロジカルに考えてもデザインしても越えられない壁は、アートで飛び越えろ。 本書を読むだけで、既に1つブレイクスルーできる本。ビジネスと美術、両方の目が養えて素晴らしかったです。

◎「新しいものの考え方や視点が発見できる」教育関係者(書を持って町へ出る読書会)

アートに情熱を捧げるビジネスパーソンが増加し、商用的価値を提唱する者もいる。作品に交換価値を認め、投資目的で購入する場として、アート市場は成長し続けているが、アート自体にビジネス要素は含まれていない。
現代アートについて考える時、思想や文化などを背景に、鑑賞者は作者や作品と対話し、アートの本質的な価値を見極める作業を何度も重ねる。交換価値としてのアートから投資対象へ変化しつつあるマーケットの作品にも、人々がその作品を美術品・芸術品として捉えることで、新しいものの考え方や視点が発見できることを、この本は教えてくれるだろう。

アート思考
アート思考
秋元雄史
プレジデント社
本の購入はこちら
アート思考
アート思考
著者
秋元雄史
出版社
プレジデント社
本の購入はこちら

NetGalley(ネットギャリー)とは?

発売前の本のゲラ(原稿)を読み、出版社へ直接レビューを届けることができるWEBサービスです。これまでは書店員や出版関係者といった限られた人にしか配布されてこなかったゲラ。NetGalleyを利用すれば、一般読者であってもいち早く読むことができます。
ご自身のブログやSNSでレビューを発信することも可能です。出版社へ届けたレビューが本の帯に載ることも!?

ぜひ、読者の声を出版社へお届けください!

NetGalleyの会員登録はコチラ
※一般読者、SNSユーザーは、レビュアータイプを選んでご登録ください。

NetGalleyのサービス概要




(1)出版社:作品を掲載
(2)会員:興味のある作品を見つけて「リクエスト」を送る
(3)出版社:会員情報を確認し、「リクエスト」を承認する
(4)会員:作品データをダウンロードし、閲覧、レビューを投稿する

※一部対象外の作品があります。
※会員情報を詳細にご記入いただけば、リクエストが承認される確率がアップします!会員情報はリクエスト申請した出版社のみに開示されますので、ご安心ください。

公開日:2020/03/30
このイチオシを友達にオススメする

今週の要約ランキング

1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
夢をかなえるゾウ4
夢をかなえるゾウ4
水野敬也
未 読
リンク

イチオシの本

「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク
出版社のイチオシ#037
出版社のイチオシ#037
2020.09.11 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
夢をかなえるゾウ4
夢をかなえるゾウ4
水野敬也
未 読
リンク
サッカーは「数学的」要素に溢れるスポーツ! 『サッカーマティクス』
サッカーは「数学的」要素に溢れるスポーツ! 『サッカーマティクス』
2018.04.06 update
リンク
ビジネスでも使える「男の色気」とは?
ビジネスでも使える「男の色気」とは?
2015.10.16 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る