要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年5月号)

石渡翔

ここ最近、どこにいっても話題は新型コロナウイルスのことばかりです。実務面でさまざまな弊害が発生しているのはもちろんのこと、精神面に影響をきたしている方も少なくないことが想像されます。この未曾有の災厄に、個人としてどう立ち向かえばいいのか。その答えの断片は、本を読む私たちの心の中に見いだせると信じて。2020年5月、編集部のイチオシをお届けいたします。

石田翼
編集部石田翼のイチオシ詳細
ペスト
ペスト
アルベール・カミュ,宮崎嶺雄(訳)
新潮社
本の購入はこちら
ペスト
ペスト
著者
アルベール・カミュ 宮崎嶺雄(訳)
出版社
新潮社
本の購入はこちら

つい最近の「文明社会」を生きている私たちは、ペストが人類に与え続けてきた恐怖と教訓をすっかり忘れていた。

国境も人種も社会的地位も飛び越え、人類に対してある種「平等」な苦しみを突きつけた新型コロナウイルス。その災禍によっていま再び注目されているのが、1947年にフランスの小説家カミュが著した、『ペスト』である。

北アフリカの港湾都市オランを舞台に、文明社会からは20年以上駆逐されていたはずのペストが急激に流行し、その波が引いていくまでの1年間を描く。史実としては確認されておらず、このペストはナチスの隠喩であるとも言われている。

しかし、1つの感染症が伝播し、いかに社会の重い空気を醸成していくかを克明に綴った本作は、ほとんどドキュメンタリーといっても過言ではない。だから、いまの苦難を生きる私たちはこの本を対岸の火事とすることができない。

はじまりはネズミの死骸であった。しかも大量に。タチの悪いイタズラだと憤慨しながらその処理をした門番は、高熱とリンパ腺の異常を訴え、そのまま息を引き取る。感染症ではないと信じ込もうとした医師会、政治家。その間にも多くの市民が倒れ、回復することはなかった。

やがて、疫病に敏感に反応した外側からの圧力で、街は突然封鎖される。家の窓は固く閉ざされ、感染者やその家族は、ホテルなどの即席収容所に隔離された。孤立への不安を抱えながら、人びとはカフェで談笑し、映画館に集うことをやめなかった。

医師をはじめとした有志の保健隊は懸命に救助へと奔走したが、おさまらぬペストの猛威に徒労を感じていた。

しかしこの恐怖は、突如として終わりを告げる。はっきりとした治療の手応えもないままに。街には急速に明るさが戻る。人びとは人類の勝利を高らかに叫び、喜びに歌い、踊った。

一人の医師はそのさまを冷ややかに眺める。こうして恐怖を都合よく忘れてしまう「鈍さ」が、人間を強くするのだ、と皮肉のように独りごちながら。

私たちはまた忘却してしまうのだろうか。それとも、「苦しみ」を抱えながら歩みを進めるのだろうか。つねにその岐路に立たされていることを、ノンフィクションさながらのこの作品は眼前に突きつける。

石渡翔
編集部石渡翔のイチオシ詳細
世界史の針が巻き戻るとき
世界史の針が巻き戻るとき
マルクス・ガブリエル,大野和基(訳)
PHP研究所
本の購入はこちら
世界史の針が巻き戻るとき
世界史の針が巻き戻るとき
著者
マルクス・ガブリエル 大野和基(訳)
出版社
PHP研究所
本の購入はこちら

コロナウイルス流行後、まちがいなく読む価値が増した一冊だと思います。

著者マルクス・ガブリエル氏は、200年以上の歴史を持つボン大学で、史上最年少の29歳という若さで正教授となった哲学者。NHK・Eテレ「欲望の時代の哲学」に出演したことでも話題になりました。

本書で扱うテーマは多岐にわたりますが、共通して言えるのは、この社会が「熟考」を必要としているということでしょう。市場経済の発展やインターネットの登場により、私たちのコミュニケーション速度はどんどん加速しています。その速度は、もはや民主主義そのものの歩みを振り切るほどに速い。

一般的には民主的なツールだと思われているインターネットは、じつのところ非常に非民主的な側面を持っており、私たちの実社会における価値観にも影響を及ぼし始めているとガブリエル氏は言います。あらゆる物事にはそれ相応の文脈があるのに、デジタルの世界ではそうしたアナログな情報が切り落とされている。その帰結がクソリプやフェイクニュース、そしてポピュリズムの増大というわけです。

民主主義というのはそもそも「遅い」仕組みであるというガブリエル氏の指摘は、インターネット世代の人間の一人として、かなり新鮮に響きました。これまで「個人が自由に意見を表明できる」のが、民主主義の根幹だと思っていたからです。けれども、クイックレスポンスが求められる環境で生まれる意見が、はたして本当に「自由」なものと言えるのか、僕らはもう一度目を向ける必要があるのかもしれません。

ガブリエル氏の唱える「新しい実在論」は、たしかな議論を必要とします。そこで求められるのは、「いま何を問うべきなのか」という根本的な問いです。問いが誤っていれば、正しい議論はそもそも生まれません。そして正しい問いを生み出すためには、ある程度の時間が必要なのです。社会のあり方が根本から見直されているいまだからこそ、ご一読ください。

庄子結
編集部庄子結のイチオシ詳細
ドラえもんを本気でつくる
ドラえもんを本気でつくる
大澤正彦
PHP研究所
本の購入はこちら
ドラえもんを本気でつくる
ドラえもんを本気でつくる
著者
大澤正彦
出版社
PHP研究所
本の購入はこちら

「ドラえもんのひみつ道具のうち、好きなものをひとつだけ使えるとしたら?」「うちにドラえもんがいたら、どんな毎日になるだろう?」――誰しも幼いころ、こんなことを考えて胸をときめかせたはず。大量の宿題を前に「ドラえも~ん!」と叫び出したくなった日も、きっとありますよね。

それなのに私たちは、大人になるにつれ、あのときめきを忘れてしまいます。遠く思えた22世紀もあと80年もすればやってくるというのに、ドラえもんが実現すると期待している人はほとんどいないでしょう。

そんな大人たちを再びときめかせてくれるのが、本書です。著者は、気鋭のAI研究者。ドラえもんは目の前の人を幸せにする。一人ひとりが幸せになると、世界が変わる――そんな信念のもと、「ドラえもんをつくる」という夢に挑戦しています。

とりわけ興味深かったのは、ドラえもんづくりの第一歩は、ドラえもんを定義することにあるということ。ドラえもんは広く知られたキャラクターであるがゆえ、ドラえもんの定義は人それぞれ異なります。だからこそ、誰もがドラえもんだと認めるロボットをつくるには、定義づけが重要なのだそう。

著者は、ドラえもんをどう定義したのか? 研究の大きなヒントとなった、意外なキャラクターとは?……などなど、かつて子どもたちだった大人なら、誰もが楽しめる一冊です。

松尾美里
編集部松尾美里のイチオシ詳細
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
堀内都喜子
ポプラ社
本の購入はこちら
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
著者
堀内都喜子
出版社
ポプラ社
本の購入はこちら

3年連続幸福度1位に輝いたフィンランド。2019年12月には、34歳の女性首相サンナ・マリンが誕生し、人々は女性党首・女性閣僚のほうが多いことを自然なものとして受け入れているという。性別や年齢にこだわらず、公平に能力を評価する国として、私のなかでフィンランドへの興味は募る一方だった。

著者によると、フィンランド人は、「仕事もプライベートも両方大切」という考えのもと、ほぼみんな午後4時に退勤するという。そして、家族との時間や身近な自然のなかでの余暇を楽しむそうだ。それでいて、一人あたりのGDPは日本よりも高い。なぜそんなことが可能なのだろうか?

本書を読み進めると、そこには本質的な「働き方改革」のヒントがちりばめられていた。印象的なのは、フィンランドの人々が、「仕事も含めて人生を充実させたい」という思いを起点に、働き方や時間の使い方を組み立てているということだ。職場でも、各自の希望をオープンに語り、それを認め合った働き方を模索できるような、寛容な空気があるという。正直なところ、そんなふうに模索する際は、既存の枠組みに沿って働くよりも、一人ひとりの自立や調整する力がいっそう問われるだろう。何より、希望する生き方を同僚に打ち明けるのは勇気がいる。けれども、希望を語ることは、誰もが納得感をもって働くためのカギになると感じた。

グレートカンパニーの条件をデータからあぶり出した『OPENNESS(オープネス)』(ダイヤモンド社)では、その条件の1つとして、職場の「風通しのよさ」が挙げられている。同様に、働く人が自己を開示し合える風土があれば、それぞれの希望に向けて、仕事を主体的に組み立てやすくなるはずだ。すぐに最適解にたどり着けなくても、自分らしい生き方を少しずつ設計するという発想があれば、仕事へのコミットメントも上がっていくのではないだろうか。そうした発想こそがフィンランドの幸福度の高さを下支えしているように感じる。

仕事も家庭も勉強も貪欲で、けれどもゆとりのあるフィンランド流の生き方。本書は、その具体的な像をイメージさせてくれる、まるで「ギフト」のような一冊である。そして、リモートワークが要請されるなど、生き方・働き方を見直す必要に迫られているいまこそ、他国の豊かさの秘訣から学べるものは多いのではないだろうか。

公開日:2020/05/01
このイチオシを友達にオススメする

今週の要約ランキング

1
「後回し」にしない技術
「後回し」にしない技術
イ・ミンギュ 吉川南(訳)
未 読
リンク
2
「向いてる仕事」を見つけよう
「向いてる仕事」を見つけよう
トム・ラス 児島修(訳)
未 読
リンク
3
それ、勝手な決めつけかもよ?
それ、勝手な決めつけかもよ?
阿部広太郎
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

7月30日は「システム管理者感謝の日」
7月30日は「システム管理者感謝の日」
2021.07.28 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2021年6月~7月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2021年6月~7月)
2021.07.26 update
リンク
出版社のイチオシ#057
出版社のイチオシ#057
2021.07.23 update
リンク
【三笠書房×flierフェア】今すぐ生かせる良書の知恵
【三笠書房×flierフェア】今すぐ生かせる良書の知恵
2021.07.16 update
リンク

インタビュー

福岡市市長が、「福岡市から日本を変える」ことにこだわるワケ
福岡市市長が、「福岡市から日本を変える」ことにこだわるワケ
2021.07.22 update
リンク
コロナ禍の今こそ響く成功者たちの苦節
コロナ禍の今こそ響く成功者たちの苦節
2021.06.29 update
リンク
〈対談〉その失敗、本当に異文化のせい?
〈対談〉その失敗、本当に異文化のせい?
2021.06.22 update
リンク
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
2021.06.09 update
リンク
1
「後回し」にしない技術
「後回し」にしない技術
イ・ミンギュ 吉川南(訳)
未 読
リンク
2
「向いてる仕事」を見つけよう
「向いてる仕事」を見つけよう
トム・ラス 児島修(訳)
未 読
リンク
3
それ、勝手な決めつけかもよ?
それ、勝手な決めつけかもよ?
阿部広太郎
未 読
リンク
新しいことを学びたい!足りないのは時間?それともやる気?
新しいことを学びたい!足りないのは時間?それともやる気?
2021.06.21 update
リンク
出版社のイチオシ#056
出版社のイチオシ#056
2021.07.09 update
リンク
コロナ禍を支えた、「一番簡単な話し方の本」
コロナ禍を支えた、「一番簡単な話し方の本」
2021.03.11 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る