世界初!マサイの戦士 兼 ウェブライター の誕生
【ほんをうえるプロジェクト】

ほんをうえるプロジェクト
マサイのルカがスマホで井戸を掘る話
マサイのルカがスマホで井戸を掘る話
著者
ルカ・サンテ/著 GO羽鳥/著
出版社
学研プラス
本の購入はこちら

マサイ族の若者、ルカ・サンテ。1986年生まれ、ケニア共和国・アンボセリ在住。妻子あり。ライオンとの戦績は1勝。スマホを充電するため徒歩で10キロ離れた「ソーラーマン」のもとへ通う……。彼はマサイ族の戦士であり、そしてネットメディア「ロケットニュース24」のライターでもあります。

史上初・マサイ族ライター誕生のきっかけは、ロケットニュース24の編集長・GO羽鳥さんが取材のためアンボセリを訪れたときのこと(マサイ族にライオンの倒し方を教わりに行ったのだとか……)。案内役だったルカさんの「村の井戸を直すために援助をしてほしい」という一言でした。このお願いに「ダメだ! そんなことばっかりやってるからマサイ族がナメられるんだ! 自立しろ! 」と羽鳥さん。福袋に入っていた格安スマホをルカさんに渡し、マサイ族の生活をレポートして原稿料を稼ぐ提案をします。こうして始まったウェブ連載が「マサイ通信」。スマホのカメラで撮られたリアルなマサイ族の暮らしと、羽鳥さんによる軽妙な「超訳」が反響を呼び、ルカさんは注目の新人ウェブライターとなったのでした。

本書はそんな「マサイ通信」の内容を1冊にまとめたもの。フルカラーで掲載された写真はもちろんのこと、フォントがページの上で踊っているような賑やかなレイアウトデザインも見どころ。いきいきとしたマサイ・レポートを目でも楽しめる作りになっています。先ほど羽鳥さんによる「超訳」と書きましたが、「マサイ通信」の本文はルカさんと羽鳥さんのコミュニケーションから生まれます。ツールはFacebookのメッセンジャー。ルカさんから送られてくる写真について、簡単な英語と一部マサイ語を使って羽鳥さんがあれこれ聞き出し、レポートの形にまとめていきます。写真の他にメッセンジャーのやり取りをスクリーンショットした画像が掲載されることも。ごく簡単な言葉でコミュニケーションが成立していることに感心します(そしてルカさんのレスの速さにも)。

マサイ族の日常、食事、ファッション、恋愛、仕事……なんとなくのイメージでしか知らなかったマサイ族の生活が、回を追うごとにリアルに見えてきます。独特のゆるさに脱力して笑ってしまう部分もあるけれど、やはり厳しい自然の中で生きている人たちなのだと痛感するエピソードもあり。そして肝心の井戸工事についても一難去ってまた一難。トラブル続きな展開に目が離せません。果たして井戸は直るのか? 結末は本書でお確かめください。

ほんをうえるプロジェクト 長澤麻央

「ほんをうえるプロジェクト」とは?

植物に水をやってゆっくりと育てるように、本ももっとていねいに売っていこうと、出版総合商社トーハンがはじめたプロジェクトです。新刊やベストセラーに限らず、独自の手法で良書を発掘し、本屋さんにご提案しています。同じ趣味をもった方同士がつながれる、「 #好きな本を語ろう 」というコミュニティを運営中です。ぜひご参加ください!

ほんをうえるプロジェクト公式Facebook

新入社員のうえだくん@ほんをうえるTwitter

#好きな本を語ろう Twitter

公開日:2018/05/11
このイチオシを友達にオススメする
1
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
星渉
未 読
リンク
2
amazon 世界最先端の戦略がわかる
amazon 世界最先端の戦略がわかる
成毛眞
未 読
リンク
3
スモール・スタート あえて小さく始めよう
スモール・スタート あえて小さく始めよう
水代優
未 読
リンク
他人である未来の自分へのメッセージ『すごいメモ。』
他人である未来の自分へのメッセージ『すごいメモ。』
2017.12.18 update
リンク
相手のやる気に火をつける技術「ペップトーク」とは?
相手のやる気に火をつける技術「ペップトーク」とは?
2017.08.28 update
リンク